アンコール遺跡群その1 -Siem Reap , Cambodia-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10022201
さて、いよいよ今日はアンコール遺跡群を散策する日。前日に宿で同じようなルートを周る旅行者を募り、トゥクトゥクを4人でチャーター。おかげて丸一日トゥクトゥクを借り切っても1人一日4ドルで済んじゃったぜ。なお、主要なアンコール遺跡群の共通チケットは1日券で20ドル、3日券が40ドルとなかなかのお値段です。
写真の場所はアンコール・トム内にあるバイヨン寺院

10022202
バイヨンの門をくぐったら…
10022203
こんな感じ。タイのお寺よりカンボジアの遺跡の方が見甲斐があるねぇ~。
10022204
陽気なダンスを踊る神様が彫られている。
10022205
バイヨン寺院の上から眺めた景色。
10022206
バイヨンは昔の寺院跡なんだけれど、今でも仏さんにお祈りを捧げる人もいるみたい。
10022207
アンコール遺跡のレリーフの神様はみんなクネクネと踊っちゃう。
10022208
何かいいことでもあったのかい?
10022209
アンコール遺跡ではこんなレリーフが有名だよね。
10022210
アルカイックスマイルって言うんだったっけ?
10022211
遺跡に刻まれたドデカイ顔。
10022212
アンコール・トム内のピミアナカス。昔の王族が何かの儀式を行っていた神聖な場所…って誰かが言ってたよ。
10022213
かつての神聖な場所に今は土足で登れちゃう。
10022214
ガルーダが彫られた土台の上に立つのは、獅子の神様のシンハ。アンコール遺跡群で見るシンハーは、なぜか顔が削り取られているものばかり。
10022215
象のテラスって呼ばれている場所の象さん。
10022216
壁面に掘られた象をよく見ると、内戦時代の銃弾跡がちらほら。遺跡内部でも銃撃戦が行われていた模様。
10022217
ハンモックでお昼寝をする少女。
10022218
同じくハンモック少年。
10022219
まっ裸の子供。見えちゃいけないモノがかすかに写っていたので、局部のみモザイク処理を施しておきました。
10022220
アンコール・トムは敷地が広く、城壁内部にたくさんの遺跡があります。ぶらぶらお散歩していると、観光客が寄り付かない崩壊した遺跡も見つけられちゃうぞ。
10022221
アンコール・トムの東西南北には門があるんですが、これは東側のビクトリーゲート。
10022222
遺跡のあちこちには物売りの子供がたくさん。いい笑顔をしてくれる子が多いので何人か撮影してみた。写真を撮ると「1ドル寄越せ!」って言ってくるガキもいるけれど、無視してればOK。
10022223
できれば何か買ってあげたいんだけれど、お土産は邪魔になるだけなのでいらないんだよ…スマンのう。
10022224
アンコール・トムを離れ、東に20分ほど走ったところにあるバンテアイ・サムレへ移動。
10022225
どんな由来がある寺院なのかは知らないけれど、取り合えず雰囲気が良さそうなところを撮影しておこう。
10022226
この遺跡で一番気に入ったのは遺跡の外の東側にあったシンハ像。
10022227
他の遺跡のシンハに比べて、ケツのラインが妙にセクシーなんだよ。
10022228
神様のケツもなかなか捨てたもんじゃないんだのう…。
次へ続く…

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA