ガンジス川をお散歩 -Varanasi , India-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11053101
グッドモーニング、日本の皆サン! 昨日の午後は何もせず、たっぷり休養を取ったので移動の疲れも取れた。そんなわけで今日はガンジス川周辺をお散歩の日。この写真は我が宿「プージャー・ゲストハウス」の屋上レストランからの景色。周辺のどのゲストハウスより高いところからガンジス川を眺められ、素晴らしい眺望が楽しめるんだ。バイクの駐車スペースを提供してくれたからココを選んだだけなんだけれど、偶然いい宿に当たったかも。宿泊客じゃなくてもレストランでチャイでも頼めばこの景色を見に来られるはずだよ。

11053102
ガンジス川沿いの家屋は隙間なくビッシリと建てられている。生活感丸出しの素晴らしい景色じゃないか!
11053103
アートフィルターでPOPに撮影。
11053104
屋上レストランからは他の家のプライベートが丸見え。洗濯物を干したり…
11053105
食事をしたりしている人を上からボーっと眺めて過ごす。
11053106
軽い朝食を済ませたらお散歩開始。我が宿の周辺はこんな狭い路地ばかり。
11053107
あちこちの壁に宗教的なイラストが描かれている。こういうイラストもグラフィティに数えていいのかな?
11053108
路地で遊ぶ子供たちは人懐っこい。ここが観光地で外国人に慣れているってのもあるだろうけれど、インド人はネパール人より積極的に話しかけてくるヤツが多いんだ。
11053109
大人たちは子供以上に人懐っこい。多少の日本語を駆使するヤツなんていくらでもいる。
11053110
路地を歩いていると、いろんな動物を見かける。山羊さんや牛さん、お猿さんだってあちこちで見かける。
11053111
宿から3分も歩けばマニカルニカー・ガート(火葬場)に到着する。この階段の反対側に死体を焼く火葬場があるんだ。火葬場は撮影厳禁…撮影したらインド人に囲まれてボコボコになるって聞いていたので、周囲のインド人に確認して慎重に写真を撮る。
が…インド人のずる賢さを忘れていて、ワタクシやられちゃいました…。恥ずかしい話だけど、他の旅人への教訓として書いておくね。火葬場から少し離れたところで「ここからなら撮影していいぞ」と近くにいたインド人が言うので1枚写真を撮ったら、あっという間にインド人たちに囲まれた。いつのまにか「写真を撮っていいぞ」と言ったヤツは消え、写真を撮った罰として火葬場近くのお寺のババアに5000ルピー(1万円)もお布施を取られちまった…最初は500ドルって言われたのを値切ったんだけれど、険悪ムードでこれ以上ディスカウントできる雰囲気じゃなかったんだよね。たぶん、最初に声をかけてきたヤツはババアどもとグルだったと思う。2年間の旅で初めての金銭トラブルだよ。ま、お金だけで済んでヨシとしよう。いい勉強になったよ。旅行期間が長くなり、油断していたなぁ…。ここはインド、キチ○イだらけの国だって忘れていたわい。
11053112
気を取り直してガンジス川沿いをお散歩。
11053113
ぶらぶら。
11053114
川沿いのあちこちに宗教画が描かれている。
11053115
よ~く見ると行方不明者探しのポスターがあちこちに貼ってある。コイツが消えたのはつい最近じゃないか。インドマフィアにでも殺されたのかな?
11053116
火葬場から遠く離れ、懲りずに火葬場方向を撮影。ここまで離れるとさすがにインド人どもに囲まれることはない。
11053117
これは…何だ? 給水塔?
11053118
ガンジスで沐浴する人たち。いくら聖なるガンジスとはいえ、こんな汚い川でよく水浴びできるよな。旅行者が沐浴すると、かなりの確率で体調を崩すって話。ガンジス川には未知のウイルスがうようよしているんじゃないかな。
11053119
引き続いて街をブラブラ。
11053120
お散歩しているとあちこちでリクシャドライバーに声をかけられる。インドだから客引きがしつこいかと思ったら、案外しつこくないのが驚き。土産物屋での売り込みも思ったほどではない。ただ、インド人はこちらが何をしていようが、自分が話しかけたいと思ったら気にせず声をかけてくる。相手の状況を気遣うなんて考えはなく、自分の好奇心を何より優先している気がする。インド人のウザさはその辺にあるんじゃないかな。
11053121
中心部の混雑振りは相変わらず酷い。昨日はこんなところをバイクで走ってきたんだよな~、よくやったぞ、オレ。歩いてみると、改めて異常な混雑振りを認識できちゃうわい。
11053122
お昼は定食屋でターリー(カレーもどき?)を頂く。お味の方は、不味くはないんだけれど何か一味足りない。コクや旨味がないんだ。これを毎日食べているとウンザリしてきそう…。インド人シェフがいる、日本の本格インドレストランの方が美味しいぞ。
11053123
お腹が膨れたらヴィシュワナート寺院(ゴールデンテンプル)へと通じる、土産物屋が並ぶ参道をお散歩。
11053124
ヨーグルト屋? ラッシー屋? 何だかわからんがパチリ。
11053125
う~ん、人だらけ…。
11053126
この辺りの路地にはテロを警戒してか、銃を持った警官があちこちにいる(観光客には愛想がいいよ)。軍人の姿もチラホラ見かけた。過去にバラナシでテロがあったのかな?
11053127
せっせと働くおじさん。
11053128
「笑顔が素敵だから写真を撮らせてくれ」と頼んだおじさん。実は、笑顔なんてどうでもよく、アナタの立派な耳毛の写真を撮りたかったんだ。
11053129
狭い路地でも牛さんが堂々と突っ込んでくる。地元の人は牛さんとすれ違うときにそっと手を触れ、何かお祈りの言葉を囁いていた。
11053130
立派な角だね~。
11053131
午後。外は暑すぎるので宿に戻ったら、窓枠の外にお猿さんを発見。ヒンズー教では猿も神様だから大事にされていて、人が近づいてもお猿さんは逃げない。
11053132
朝は曇りがちだった空も午後は快晴。宿の屋上テラスからの景色をもう一度撮影しておこう。こっちは下流の景色ね。
11053133
ほれ。
11053134
上流の景色。
11053135
ほれ。
…午後にいかにもインドらしい些細な事件があったので紹介。宿の近くの雑貨屋にタバコを買いにいき、ついでにライターも買ったんだけれど、宿に帰ってライターを使おうとしたらガスが入っていなかった。…アノ野郎、ババを掴ませやがったな! こんなところまでチェックして買い物をしないといけない国なのかよ…。他にも、ゲストハウスで水漏れがあり階段が滝のようになっていたんだけれど、そこで派手に滑って階段を転げ落ち、一眼レフを壊しそうになったり、夕日の撮影でチャーターしたボートの兄ちゃんがサンセットタイムになっても現れずブチ切れたりと散々な一日だった。ワシとインド…相性が悪いのかなぁ~。ま、もう少し我慢してインドに付き合ってみよう。運気と好奇心が上昇しなかったら、予定より早くインドを出ちゃうかも。
11053136
気を取り直して…夕方の上流を撮影。
11053137
夕方の下流。
11053138
ガンジス川の対岸は雨季に入ると川底に沈んでしまうらしい。ヒンズー教徒には不浄の地とされていて誰も立ち入らない…と聞いていたんだけれど人の姿がチラホラ。観光客?
11053139
宿の屋上からボケ~っと街を眺めていたらお猿さん発見。仲良さそうに遊び回っていたよ。
11053140
仲良くひざ枕をし合う男たちも見つけた。彼らは別にホモというわけではない。インド・ネパールでは男同士が手をつないだり、ひざ枕をし合う姿を見かけるのは珍しくないんだ。
さてさて、バラナシにはもう少し滞在するんだけれど、今後の予定を書いておこうか。バラナシを出た後はカジュラーホー、アーグラー、ジャイプルと移動。インドへの好奇心が高まったらプシュカル、ジョードプル、ジャイサルメール、カッチ湿地にも行くかも。インドを好きになれそうになかったら、ジャイプルから北上し、ダラムシャーラーやレーのある北部山岳地帯に向かうつもり。本当は南部のハンピにも行きたいんだけれど、この先の雨季はあまりいいシーズンじゃないらしい。「長旅をするからにはインドは体験しておかないとな~」という理由でインドに来ただけなので、いまいちインドへの好奇心が湧かないんだな~。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
5 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 7e8dc9bbd86d1f1ff179f09f36b50c6d
    そうだね~、インド人はその昔インド音楽をやっていた頃にお付き合いがありましたが、確かに悪い人ではないのですが、親しくなるとしつこく、うるさく、うざいです(笑。
    自分第一なので協調性はありません。
    行けジャパニ!、闘え!。

  2. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    とんだ、災難でしたねぇー!!
    結構な額だし。。
    でも
    こんなのを心配(期待?)してました(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    インド人と正面から闘うのは面倒臭いですし、たぶん勝てないでしょう(笑)。うまくいなしていく方向でインドを満喫しますわー。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    前回のブログ(バイク移動)から
    面白さが半端なく増してますね、ターミーさん!ニヤニヤして読んでます。インド、楽しんでください☆
    Are you happy? Iam happy.(インド人より拝借。)

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これまでの旅はトラブルなんてほとんどない平和な旅だったから、見ている人には刺激が少なかっただろうねー。まま、インドではほどほどのトラブルとたっぷりの出会いをネタにブログを更新していくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA