ファテーブル・スィークリーとチャンド・バオーリ -Agra to Jaipur, India-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11060801
アーグラー市内で見たいモノはタージ・マハルしかなく、周辺で見たいモノも郊外に30km走ったところにあるファテーブル・スィークリーという古い宮殿跡とモスクだけ。ファテーブル・スィークリーは次なる目的地のジャイプル方向にあるので、もうアーグラーを出て移動しちゃうことにした。アーグラーは物価が高いし、人もおっとりしていないからね。で、ここはファテーブル・スィークリーのモスク地区の入り口。本当は2km手前の駐車場にバイクを停めなきゃいけなかったはずだけれど、ここはインド。ちょっと交渉すればどうにでもなる。

11060802
世界遺産の割に地味なモスクだな…。ハズレか、ここは?
11060803
右側に見えているのは昔の聖人が眠る墓所。きっと偉い聖人だったんだろう。
11060804
聖人の墓所は早朝だというのに、お参りする人で溢れていた。ここにお参りする人は服などを墓所に捧げる習慣があるようで、捧げられた服は貧しい人に配られるんだって。
11060805
墓所から眺めた南側の勝利門。昔の偉い皇帝がどこかを征服した記念に建てたらしいぞ。
11060806
モスク内に設けられた聖人の子孫の墓所。男女で埋葬される場所が違っている。
11060807
11060808
土産物屋のオヤジが写真を撮れ撮れとウルサイので撮ってやる。
11060809
暑いから日陰をブラブラ。
11060810
ブラブラ。
11060811
モスク地区の隣にある宮廷エリアへ。ここもやっぱり地味だなぁ…。私は移動のついでに来ただけだからイイけれど、わざわざ楽しみにしてやってきたらガッカリするかも。
11060812
造りは細かいし、決してショボい場所じゃないんだけれど…何が地味なんだろう?
11060813
灼熱の暑さにやられ、観光気分が吹き飛んでいるのかな? 気候のいい冬に訪れたら、こんな庭園でのんびり過ごす気分になれたかも。
11060814
ファテーブル・スィークリー見学は1時間ほどで終了。「バイクを見といてよ」と頼んだ子供たちとしばらく遊ぶ。
11060815
なぜだかわからないけれど、みんなヘルメットを被った写真を撮って欲しがる。
11060816
暑くなる前に西へ西へと移動しますか。今日の移動は230kmほどなので楽勝だ…と思っていたんだけれど、ジャイプルへと続くこの道路は陽射しが強くて仕方がない。南北に走る道路の場合、道沿いに日陰がたくさんでき休憩ポイントが多いんだけれど、今日のように東西に走る道路の場合、太陽の動きと道路が重なっていて路肩に日陰がほとんどないんだ。午前中は背中に強い陽射しを浴び、午後は正面から陽射しを浴びまくる。短い距離の移動でも、こりゃしんどいわ…。
11060817
西へと向かうにつれ大地が荒涼としてきたからか、ラクダの姿を道沿いに見かけることが増えてきた。
11060818
普段は午前中に食事なんてしないのに、今日はなぜか朝からお腹がペコペコ。暑さで食欲がおかしくなったのか、短い距離の移動で体に緊張感がないのか…ま、腹が減ったんだから食っちまえ。カレーの味はまぁまぁ、チョウメン(チベット風焼きそば)はどこで食べても外すことがない。
11060819
今日2度目の観光スポットに到着。アーバーネリー村にあるチャンド・バオーリだ。
11060820
ここにはこんな階段井戸がある。水不足に備えて水を貯蔵しておく場所らしい。たぶん、飲料用ではなく、灌漑用水だろうな。
旅仲間のカズさんのWebサイトを見ていて、インド各地にこんな階段井戸があるのを知ったんだけれど、1つくらいは訪れておきたかったんだ。他の旅行者のためにここまでの道順を書いておこうか。まずはジャイプルから東に75km走ったところにあるSikandraという街へ移動。街の中心部からアルワール、デリーへと続く有料道路が走っているので、そこを北上。Sikandra郊外にある料金所を過ぎてさらに1kmほど走ったら、アーバーネリー村への道路標識が出ているよ。ここには車をチャーターして来るしか方法がないと思う。
11060821
実に素晴らしい! 階段がまるで幾何学模様のように見えるよ。
11060822
正面の建物からの眺め。
11060823
真昼間にやってきたので、日光が四方に届いて綺麗だ。
11060824
11060825
アーバーネリー村はこんなのどかな村。チャンド・バオーリ以外には小さなお寺が1つあるだけ。宿は…あるのかな?
11060826
チャンド・バオーリ観光を終えたのは、1日で一番暑い時間帯。こんな時間帯に移動するのはつらいから、フルーツジュースでも飲みつつ、しばらく休憩させてもらうことにした。
11060827
村人たちは私に興味津々。チャイをご馳走してくれたりと、何かと気を遣ってもらう。今の酷暑の季節にバイクで旅をしている旅行者なんてほとんどいないし、インド人でも今の時期の昼間にバイクでの長距離移動なんてしない。だから、日中バイクで走っていると、みんな優しいんだ。
そんなこんなでジャイプルに到着。西へ西への移動もだいぶゴールが近づいてきたので、気に入った街が見つかればどこかでゆっくりしようかな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA