なかなかイイよ、マナーリー -Manali , India-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11062301
ダラムシャーラーから夜行バスで9時間ほど、ただいまマナーリーという町に来ている。北部のレーという町に向かう中継地点としてマナーリーを訪れたんだけれど、素通りできない魅力を持っているのでしばらく滞在することにした。で、ここはマナーリー郊外にあるヴァシシュト村。マナーリーにはニューマナーリー、オールドマナーリー、ヴァシシュト村の3ヶ所に安宿が固まっているんだけれど、旅仲間のオススメで温泉のあるヴァシシュト村に宿を取ることにしたんだ。ヴァシシュト村以外に宿を取るなら、オールドマナーリーも静かで評判がいいみたい。

11062302
マナーリーでの宿「Negi Paying Guest House」のテラスからの眺め。このゲストハウスには日本人旅行者がたくさん集まるので、レー行きの車をチャーターするなら仲間を集めやすいよ。
11062303
あの先の、さらに先にある標高5000m以上の峠を2つ越えれば待望のレーだ! 早くレーでレンタルバイクを借りて走り回りたいのう~。
11062304
マナーリー周辺をブラブラしたくなったので、レンタルバイク屋でエンフィールドを借りる。1日700ルピーなり。ちゃんと整備されたエンフィールドは振動も少なくブレーキもちゃんと利いていたので、メチャクチャ乗りやすかったわい。こないだ燃え尽きた我がエンフィールドはやっぱり程度が悪かったんだなぁ…。
11062305
まずは北にある峠近くまでドライブ。ヒマラヤ山脈からの雪解け水が流れる川のほとりでのんびりする。水が冷たそう。
11062306
お次はオールドマナーリーへ。オールドマナーリーの一番上まで上って行くと、この地域の伝統的な家並みが広がっていた。
11062307
インドらしくない家だね。
11062308
11062309
ヒンドゥー寺院も他の地域のモノとかなり違っている。
11062310
ツーリストエリアから少し道をそれると、こんな路地ばかり。
11062311
ツーリストエリアはこんな感じ。ここはインドでも有名な避暑地で、どことなくスイスや南ドイツのアルプス山脈周辺を彷彿とさせる風景が広がっている。標高2000mほどの場所なので、夏でも結構肌寒い。
11062312
マナーリーのあちこちにはオシャレなカフェがある。
11062313
町のあちこちで、こんなポップなグラフィティも見かける。
11062314
でも、マナーリーで気に入ったのは生活感溢れるローカルな路地。
11062315
適当な路地をあてもなくブラブラするのが楽しい。
11062316
ツーリストエリアとローカルの生活の場が近いのが素晴らしい。特別な観光地のないマナーリーだけれど、少しお散歩をしてみると旅行者に人気が高いのも納得。
11062317
宿から歩いて30秒のところにあるヴァシシュト寺院にやってきた。
11062318
お寺のすぐそばにある洗濯場。
11062319
旅行者も自由に使っていいらしい。このすぐそばに天然温泉が湧いているんだけれど、あんまり綺麗じゃない…。朝一番に行けば綺麗なお湯らしいけれどね。
さて、マナーリーに何日か滞在して、レー行きの車をチャーターする仲間を集めるぞ(公営バスは7月からしか運行していないんだ)。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA