ラオスには青空がない -Huai Xai to Luang Phabang, Laos-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10040901
ラオス2日目。今日はこんなスローボートに乗ってルアンパバーンへ向かうのだ。しかし、今日も煙害で空が汚いなぁ…。写真では曇りの日のように見えるけれど、雲一つない快晴なんだよ。タイ北部の煙害も酷いけれど、ラオスに入ってさらに酷くなった気がする。空が汚いと旅情もクソもあったもんじゃない。

10040902
フアイサーイのスローボート乗り場。たくさんスローボートが並んでいますが、今はハイシーズンではないのでこの日は1台しかボートが出ないらしい。朝9時に宿に迎えが来たけれど、船が出港したのは10時半頃。日によって出発時間は多少違うみたいだけれど、朝イチでタイから渡ってきても充分間に合うし、たぶん予約無しで乗れると思う。
10040903
スローボート内部はこんな様子。今日は8時間もボートに乗っていないといけないんだけれど、この長椅子のせいで本当にケツが痛くなる…一日座っているとケツが8つくらいに割れちゃう感じ。フアイサーイで安いクッションが買えるので、ケツに自信がない人は買っておいた方がいいかも。
10040904
先月は水位不足でスローボートが運休していたみたいだけれど、今日の水位はまぁまぁ。中国にメコン川の上流があり、中国が造ったダムのせいで水位が減っているんだって。が、何日か前にそのダムから水を放流したらしく、水位が少し上がってきたらしい。中国のダム問題はメコン川周辺諸国と中国とで国際問題になっている模様。
10040905
メコン川の漁師さん。煙害が無かったら素朴でいい写真になっていただろうに…こんな空の色じゃ感動もクソもない。
10040906
裸で水浴びをする子供たち。
10040907
水の色と空の色がほとんど同じだ…。ひょっとして、今はラオス全土がこんな空なの?? そうだとしたら…こんな国、早く出ちゃいたい…。どれだけいい景色が見られようと、青空が広がっていないならそんな景色には何の価値もない。ワシは青空至上主義、青空右翼なのだ。
10040908
最初こそ川沿いの景色を楽しんでいた乗客ですが、
10040909
景色がつまらないので一人、また一人と寝始める…
10040910
狭い長椅子でお昼寝をするには、どうやらこんな姿勢がベストらしい。彼らはいろんな姿勢を試した結果、最終的にこれに落ち着いていた。修行僧みたいな姿勢だね。
10040918
あ、スローボートには硬い長椅子以外にも、すわり心地がまだマシな椅子が少しだけあります。これは早い者勝ちなので、快適シートに座りたい人は早めに船に乗りましょう。快適シートが確保できなかったら、さらにその後ろに寝転ぶのもアリ。ゴザは頼めばひいてもらえるよ。
10040919
ここは船の後部にある船員のスペース。混んでいるときはここに寝転ぶのもOKらしい。船のエンジンが近いのでちょっと暑いけれど、硬い長椅子よりはマシ。
10040920
船の最後部に椅子を並べて座るのもOK。床がちょっと汚いけれど、ここからの眺めはなかなかのもんだよ。走行風で涼しいし、タバコも吸えるし、ここは意外と快適かも。
10040911
そうそう、メコン川にはスローボートだけじゃなく、スピードボートも走っています。そこそこ頻繁に転覆するらしく、みんなヘルメットとライフジャケットを着用している。まぁ、目的地まで1/2以下の時間で到着しちゃうので、リスクを冒す価値はアリ。
10040922
スピードボートの乗客は地元の人ばかり。みんな重装備でしょ? 観光客は事故を恐れてまずスピードボートには乗らないらしい。勇気がある人はどうぞ。
10040912
スローボートが休憩で停まると、物売りの少年少女がやってくる。でも、コーラやお菓子の値段は超ボッタクリプライス。最初の言い値はタイでの値段の4倍以上…待っていれば船が出発する直前には半額くらいまで値段を下げてくるけどね。
10040913
大自然を想像していた川沿いの景色だけれど、あちこちで野焼きが行われていて、まったく綺麗ではない。こんな景色なんだったらフアイサーイからバスで移動した方がよかったかも。川沿いの森林は“焼き終わった森”か“今、焼いている森”か“これから焼かれる森”の3つしかない。これにもガッカリ。こんなことをしているから空が汚くなっちゃうんだよ…。
10040914
森のあちこちから煙が上がっている。とにかく森を焼きまくっている。これがラオスなの?? もっと綺麗な国だと思ったんだけれどなぁ…ひょっとしたら私はラオスを好きになれないかも。
10040915
川沿いでは周辺に住む人々が川底の砂をさらって何かを探している。砂金でも出るのかな?
10040916
ルアンパバーンまでは2日の航程で、この日はパークベンという街で一泊。いつも通り、ビアラオとラオス料理に舌鼓を打つのだ。ラオス料理は非常に美味しいぞ!!
10040917
翌朝…この日も昨日と同じく、小汚い空…。写真を撮る気がなくなってきたよ…。
10040921
ルアンパバーンに近づいてくると山の景色がちょっと変わってきた。中国っぽい、岩山の景色が増えてくる。…これも青空の下で見たかったな…。
10040923
で、夕暮れ時にルアンパバーンに到着。
さて、明日は青空が見えるかなぁ…。今の時期だけなのかもしれないけれど、こんなに空が汚い国はこの10ヶ月の旅で初めてだわ…。もし、どの街でも汚い空しか見られないんだったら、ラオスに長居するのは止めて、ササッと駆け抜けちゃおっと。青空なんてどこの国でも見られるものだと思ってたのになぁ…。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
5 Comments
  1. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    ん~~・・・・
    空気のせいで
    ノドをやられないようにですね
    モノ売りの価格の下げ幅には
    大笑いでした
    始めから 最終価格で売ったほうが
    結果的には収益UPに繋がるのでは?(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっと雪も溶け、ロシアは毎日雲ひとつ無い晴天が続いております。
    しかし急激な雪解けで近所の川が氾濫しそうです。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロシアの青空…懐かしいですねぇ…。快晴のときは真っ青で広~い空が楽しめますもんね。
    まだまだ顔がピリピリするような寒さだと思いますが、ロシアの大地を駆け抜けちゃってくださいな。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    空は、重要ですね!僕が、ラオス行った時は、青空でしたが、こんな時期もあるんですね・・・。
    しかし、東南アジアでは、青空だらけだったので、フィンランドの曇り空は確かに、残念に感じます。
    有名な教会も、白い曇り空の下では、映えませんね。
    ラオス楽しんでください!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    地元の人に聞いた話では、この時期は毎年、山の野焼きをするんだってさ。
    山を焼いて、雨季が来る前に作物を植えるんだそう。
    で、一度野焼きして作物を植えた山は9年間寝かしておいて、また野焼きをする…
    そういう農業が盛んだから、今の時期は煙害がひどいらしい。
    つまんねーのー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA