カトマンズはストライキ中 -Kathmandu , Nepal-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11042701
オッス、おらターミー。ただいまネパールカトマンズに来ているよ。

11042702
ネパールは日本から大して遠くない場所にある。が、私は2度のトランジットがある安い航空券でネパールに来たので、ここに来るのは大変だった。関空を出て、まずは上海で1度目のトランジット。上海から同じ中国の昆明空港に深夜に降り立ち、それから9時間のトランジット待ち。昆明では深夜に空港を閉鎖してしまうので、写真のように誰もいない空港入り口で何時間もボーっとすることになり、死ぬほど寒かった…夏服しか持っていなかったのはマズかったわ。で、早朝のネパール行きの便に乗る予定だったんだけれど、飛行機は4時間遅れで出発。徹夜でフラフラの頭のままカトマンズに到着したんだ。眠くて眠くてマジメに宿を探す気になれず、それなりの値段の宿の客引きに連れられカトマンズのタメル地区にやっとのことで到着。日本の自宅を出てからここまでで24時間もかかっちまったわい。
11042703
疲れ果てて到着したカトマンズだけれど、この街には懐かしい友人が住んでいる。最初に勤めた会社の同期だったスズカちゃんだ。彼女はアメリカの大学院に籍があるんだけれど、今はカトマンズの大学に通いながら論文執筆のための調査活動をしている。宿にチェックインした後に彼女に連絡を取り、9年ぶりの再会となったワケ。日本から遠く離れた場所で、懐かしい友人と再会するなんて不思議な気分だなぁ。そんなわけで、スズカちゃんオススメのGAIAというレストランでディナー。初めての街でもそこに友人がいてくれたら、何かと居心地がいいのう~。
11042704
ここで食べた水牛のモモ(写真の餃子みたいなヤツ。伝統料理らしい)はベラボウに美味い! この国の食事はワシに合いそうな気がするわい。気に入ったぞ、カトマンズ!
11042705
翌朝。朝起きて通りに出てみたら通り中のお店が閉まっていた。どうやら国全体でストライキが始まったらしく、今日はどこのお店も開いていないんだって。3年前に誕生した新しい政治体制での政権が、新憲法を作る作ると言っていて一向に作らないことへの抗議ストライキらしい。でも、ストライキは1日だけで明日からはいつも通りのカトマンズに戻るんだって。
11042706
宿にこもっていても仕方がないから、人気のないタメル地区を散歩してみる。街の雰囲気は何となくベトナムのハノイやエジプトのカイロに似ている気がする。
11042707
ストライキ中でもせっせと働くおじさんから、パイナップルジュースを購入。40ルピーなり。ほとんどのお店が閉まっているから、今日は飲み物を売っているところを探すのも大変だ。
11042708
適当にブラブラ。
11042709
今日は仕事にならないのか、リクシャのおじさんは朝からお昼寝中。
11042710
タメル地区で見かけた看板。カトマンズに極真空手の道場があるんだね。さすがは世界の極真!
11042711
ネパールはこれまで訪れた場所と違う文化圏なので、家の装飾を見ているだけで楽しい。
11042712
野良ワンコが通りのあちこちでお昼寝しているのは東南アジアと同じ。
11042713
カトマンズをお散歩していて目に留まったのは雑に整備された電線。何本もの電線が適当に張り巡らされていて、それがスゴク気になる。変圧器もなく、思うがままに数えられないほどの電線が巡らされているんだ。雑な仕事過ぎて、逆に美しく見えてくるわい。
11042714
ジーンズが電線にかかっている。持ち主に見捨てられて、もうかなりの時間が経っている模様。
11042715
街のあちこちにはお寺がある。嫌っていうほどお寺がある。
11042716
仏さんの周囲は落書きだらけ。
11042717
普段は車で溢れているはずの大通りも、この通りガラガラ。
11042718
ネパール人は人懐っこく、街をブラブラしているだけで何度も声がかかった。トルコ人みたいな気質だね。
11042719
この日はあちこちで警官の姿があった。ストライキの警戒中なんだろうな。
11042720
カトマンズのメジャーな観光スポット、ダルバール広場に到着。
11042721
11042722
広場にはたくさんのお寺が並んでいる。
11042723
この石像、ガルーダなんだって。東南アジアのガルーダとは見た目がかなり違う。東南アジアのガルーダの顔は鳥だったもんね。
11042724
広場にあった適当なお寺に入ってみる。
11042725
中では参拝者が帽子のオッチャンに何かの祈願をお願いしていた。
11042726
托鉢をしている坊主。よ~く見ると足元にはコンバースらしきスニーカーが見える。袈裟の色に合わせてコーディネイトしているのは◎。でも、イメージ的には坊主は裸足か雪駄で歩いていて欲しいよな。
11042727
やたらと鳩が多いジャガナート寺院。
11042728
鳩が飛び立つとご覧の通り。これだけ鳩が集まると糞害が酷そう。ヨーロッパの大聖堂では鳩の糞害が大問題だったけれど、ネパールの寺院は大丈夫なのかな?
11042729
また別の寺院へ。名前は知らん。
11042730
壁に飾られていたポスター。風合いがイイ感じ。
11042731
寺院で見かけた神様を適当に紹介。名前はまだない。
11042732
頭部が飾られすぎていて神様の顔が見えない。後から聞いたらハヌマーンらしい。
11042733
11042734
カトマンズの寺院は、たとえ観光客が多いお寺であっても相当汚い。お寺の目の前がゴミ溜めになっているのも珍しくない。ネパール人がお寺を大切にしていないわけではなく、こういうことを気にしていないだけなんだと思う。
11042735
観光客向けの聖者か行者。写真撮影用にこういう格好をして突っ立っているだけで、たぶんその辺のオッサンなんだと思う。ありがたい雰囲気は皆無。
さて、ネパールはどんなルートで観光しよっかなー。そろそろ計画を立てなくっちゃなー。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA