ポカラでバイク整備 -Pokhara , Nepal-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11052201
今日は珍しく早起きしてブレットサージェリーへ。昨日購入したブレットの整備をするのだ! 1日丸々バイク整備に費してやるぅ!!

11052202
彼はブレットサージェリーのオーナー、ラジュ。悪いツラをしているけど、普段は素敵な笑顔を浮かべているので安心してちょうだいな。ポカラにはロイヤルエンフィールドを触っているショップが3店あるらしいけれど、外国人には彼が一番評判がいいんだって。じゃ、お手並み拝見といきますか。
11052203
せっかく早起きして来たのに、すぐに修理には取り掛からない。まずはラジュの愛車XV650にみんなで乗って遊ぶ。古いバイクだけれど、なかなかパワフルじゃないの。
11052204
ひとしきりXV650で遊んだら、近所のバイクパーツ街へ修理に必要なパーツを買いに行く。こちらのバイク屋はパーツの在庫なんてほとんどなく、必要なパーツをその都度仕入れに行くスタイル。パーツ屋に在庫がなく、店頭に転がっているジャンク車両からパーツ取りができなかったら何日も作業待ちになることもあると思う。バイクパーツ街といっても大した規模じゃないから、何でも揃うわけじゃない。ただし、モノが揃えばすぐに作業してもらえる。ヨーロッパのバイク屋のように作業予約なんていらない。
11052205
本日の作業内容。まずは割れたヘッドライドをお客さんがストックしていたモノと交換し…
11052206
脱落しかけているテールランプを修理する。ウィンカーも壊れているけど、灯火類の修理はまた後日。
11052207
転倒して曲がったままのステップやガタの出ているシフトレバーをジャンク車両のモノと交換し、ブレーキ&キャブレターのチェックも行う。
11052208
部品取りに使ったジャンク車両についていたキャリア。これ、便利そう。1000円で譲ってもらうことにする。
11052209
タンクを外して作業開始! たまに作業を手伝いはするものの、基本的に私は見てるだけ。ロイヤルエンフィールドのことには詳しくないから、プロに任せて作業を観察してみたいんだ。
11052210
作業をボーっと眺めていたらバイクで旅する日本人夫婦、マサル君&アカネちゃんがが登場! こんなところで2日連続でバイクで旅する日本人に会うと思わなかったなぁ…(1人目は昨日ブレットを売ってくれたサトウ君)。ちなみにマサル君&アカネちゃんがやって来たとき、私は手をオイルまみれにして作業していたのでネパール人メカニックと間違えられちゃった…。こっちに来てだいぶ日焼けしたし、ワシは無国籍なツラだからなー。ちなみにマサル君&アカネちゃんはもう半年以上もインドをバイクで旅している。ネパールでのんびりしたらインドに戻るそうなので、どこかで再会できるかもね。
11052211
作業を手伝うのに飽きてきたので、ブレットサージェリーの隣にあるBar「ブレットベースキャンプ」へ。お店の前には何台ものロイヤルエンフィールドが並べられている。バイカーズカフェみたいなお店だよ。
11052212
店内には火事で燃えたバイクが飾られていた。なんというか、若干不吉な展示物だな。
11052213
ブレットベースキャンプで一息ついたら近所の溶接工場へ。ラジュが他の作業をしている間に、溶接が必要な部品をササっと作業してもらう。
11052214
手伝えることが無くなったので、ブレットサージェリー内の壁に飾られた写真を眺めて過ごす。色あせた写真が店内の壁にビッシリと貼り付けられている。
11052215
何、この写真? こんなお婆ちゃんがバイクでネパールを旅していたの?
11052216
11052217
世界最高峰の峠道って書いてある。ネパールにある峠かな? たぶん、標高5000m近くの峠じゃないかな。
11052218
ブレットサージェリーでは自分で作業をしたい人には工具を貸してくれる。インド・ネパールのバイク屋では工具を借りて店先で作業するなんて珍しいことじゃないんだって。日本じゃあまりないことだよね。
11052219
一通り作業を終え、最後にオイル交換をしてみたらプライマリーケースにオイルが入っていなかった…。ガスケットの一部が千切れて、オイルがすべて漏れていたみたい。大事になる前に見つけて良かったわい。やっぱり手に入れたばかりのバイクは走り出す前に作業すべきだね。
こんな感じで半日かけて本日の作業を終え、請求された金額はなんと2000円! 別に格安でやってもらったわけではなく、パーツ代も工賃も日本の1/8くらいの値段。インドに行くとさらに安くパーツが手に入るらしい。ロイヤルエンフィールドはトラブルが多いらしいけれど、維持費は大した値段にならなさそうだな。
11052220
まだまだ完璧な状態ではないけれど、作業後にポカラの街をドライブ。ポカラに限らず、ネパールには交通マナーなんてモノは無いので慎重に走る。ネパールではバイクも車も左右の確認なんてせずに曲がってくるし、狭い道で対向車線に車やバイクが走っていても平気で追い越しをかけてくる。車線なんて考えはないし、秩序もない。ついでに子供、老人、牛も左右確認をせずに道路に飛び出してくるんだ。インドはもっと酷いのかなぁ…。
ポカラにはあと1週弱滞在することにした。2日ほどかけてバイクの整備をして、テスト走行を兼ねてポカラ近郊をバイクでお散歩してみるつもり。慌てて走り出すより、しっかり整備してトラブルを予防しておきたいもんね。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
One Comment
  1. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    お久しぶりです☆
    バイクで走るには
    無法地帯ですねー!?
    くれぐれも事故なしで
    お願いしますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA