今日のラジュ その2 -Pokhara , Nepal-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11052601
フロントフォークのオーバーホール、灯火類の取り付けも完了し、私のバイクは一応走り出せるレベルにはなった(日本じゃあ絶対に走りたくないクオリティだけれどね)。で、今日はラジュに連れられて工具や荷物を括りつけるゴムロープを買いに来たんだ。「オマエ1人で買いに行くとツーリストプライスになるだろ? だから連れて行ってやるよ」だって。工具のような、普通の旅行者が買おうとしない物は1人だと探すのが大変。旅行者が集まるエリアにお店はないし、日本みたいに外観で工具屋ってわかるような店構えじゃないんだもん。私はもう整備が終わったお客さんだけれど、ラジュが細々とした買い物に付き合ってくれて本当に助かったよ。ちなみに最低限の工具の購入金額は500円ちょいでした。安いね~。
ネパールのバイクのクオリティは日本ほどではない。メカニックの技術の問題ではなく、そもそもボロボロの車両が流通していたり、部品の供給の問題だったり、パーツクリーナーやグリースをほとんど使わない整備が当たり前だったり…日本レベルのグッドコンディションの車両は望めないんだ。でも、そういう状況の中でラジュは良くやってくれた。新品のパーツがないものは手元のジャンク車両から取り外してくれて、何とか走り出していいレベルまで整備してくれたんだ。バイクを手に入れた最初の街で、ホントいいメカニックに出会ったもんだ。この先、ラジュのようないいメカニックに出会えるかなぁ…。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
2 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いっつも楽しみに読ませていただいてます。相変わらず、たーみさん文章が上手いですわー、惚れ惚れ(´・ω・`)旅の無事を心から祈ってます。お気をつけて。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    褒めてくれておおきにー。でも、このブログはお金にならない文章だから、そこまで真剣に書いてないんだな。
    いつか社会復帰したときに、またお金をもらって文章を書くだろうから、そっちを見て褒めてちょうだいな。仕事として書くときは、もっと本気で書いてたもーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA