ルソン島アニラオでダイビング -Anilao , Philippines-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

13062001
ちーす。プエルトガレラのヨシさんワカさんがルソン島のダイビングスポットの調査に行くというので、ワシも一緒にプエルトガレラの対岸、アニラオという田舎町にやってきた。が、到着した日はご覧の通りの雨模様。

13062002
雨季の雨なんて気にしちゃいられねーのか、地元の青年たちは元気にバスケットボールにはげむ。フィリピンではバスケ熱が相当高い。ゴールデンタイムにTV放送をしているくらいだもん。
13062003
なにはともあれ、アニラオ中心部のインフォメーションセンターで安宿を紹介してもらい、とにかくチェックイン。
13062004
最初に泊まったJVCって宿(インフォメーションセンターからトライシクルで海沿いを南に15分くらいかな)には可愛らしいワンコたちがいた。
13062005
可愛らしい子供たちもいるよ。
13062006
ピクサーアニメを見る子供とその横にたたずむワンコ。ピクサーアニメはフィリピンのこんな田舎町をも席巻しているんだね。
13062007
で、翌朝…とてつもない事件があったんだ。
13062008
朝ご飯に、と昨日購入したパンがアリまみれに!!! ターミーネーターと呼ばれるワシだけれど…世界各地を駆け巡ったワシだけれど…虫だけは御免だ!!!! ワシは早々に食べるのをやめちゃった。
13062009
ヨシさんはアリまみれのパンを見ながら食べるかどうかを思案中……まさか…まさか、ね。
13062010
この夫婦、アリがトッピングされたパンを食いやがった…素敵な笑顔で食いやがった…。
13062011
蟻パン事件は置いといて…今日はJVCの2軒隣のASDCという韓国系ダイブセンターでダイビングをする日。
13062012
フィリピンに来て以来、ダイビングをする日は不思議と天気がマシになる。
13062013
レッツ、ダイビ~ング!
13062014
これが何の魚かはわかんねーけれど、アニラオではプエルトガレラより濃い魚群が楽しめるみたい。透明度はプエルトガレラの方が少し上かな。
13062015
ここはマクロもまぁまぁ楽しめるし…
13062016
ウミガメだって運が良ければ見られる。
13062017
タイやエジプト、沖縄でウミガメを見ているけれど、何度見ても愛らしいぜ。
13062018
13062019
13062020
この泡は海底から温泉が噴き出しているってこと。噴出孔からはかなり熱い温泉が噴き出していて、周辺の海水もほんのり温かい。
13062021
お昼はダイブセンターに戻ってコリアンランチ。この日から宿もここに変えたんだけれど、3食ボリューム満点の韓国料理が食べられるし、WiFiは速いし、スタッフのサービスもいいし…文句のないダイブセンターだね。アニラオには日本人がやっているダイブセンターもあるんだけれど、宿代が少々高いのでこっちをチョイスしたんだ。
13062022
じゃ、午後のダイビングに行きますか。
13062023
ウツボを見たり…
※午後からのダイビングで水中カメラがトラブって、これ以降の海中写真のいくつかはヨシさんからの借り物。
13062024
ジャックフィッシュって名前の魚群を見たり…
13062025
スゲー迫力。
13062026
ヨシさんが吐き出す空気の泡の写真を撮って遊んでみた。
13062027
他には海中に眠る謎の乙女像を見に行ったり…
13062028
海中に置かれた謎のパーティーテーブルを見に行ったりしたよ。
アニラオのダイブサイトはどこも個性があって面白い。雨季の今はベストコンディションじゃないみたいだけれど、日本からわざわざツアーを組んで潜りに来る人がいるのもわかるなぁ~。素敵なダイブサイトでした!
※アニラオのベストシーズンは2月~5月だって。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA