ぶらりチェンマイ -Chiang Mai , Thailand-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10013101
チェンマイ2日目。明日にはもうチェンマイを出ちゃおうと思っているので朝からお散歩。昨夜、立ち寄ったワット・チェディ・ルアンにまたやってきました。夜と昼では景色が違うからね。

10013102
昼間もなかなかいいけれど、夜の方が綺麗だったかな? この仏塔、崩壊する前はどんな形だったんだろう…
10013119
往時の姿はきっとこんな感じだったんだと思う。これは街で見かけた別の寺院の小さな仏塔ね。塔の上の形はそんなに違いはなかったはず。
10013103
夜には気づきませんでしたが、境内にはスリーピングブッダがありました。
10013104
その表情はスリーピングというより、スネているって感じ。
10013105
またまたワット・プラ・シン。ここも昼間より、夕暮れ~夜の方が綺麗だと思う。
10013106
10013107
ワット・プラ・シンを後にして、旧市街の城壁を越え新市街へ。
10013108
目指したのはワット・スアン・ドーク。歩いて来るにはちょっと遠かった…。
10013109
でも他の寺院と色合いが違うので、なかなか楽しめちゃう。
10013110
小さな仏塔がたくさんあるぞ。
10013111
白い仏塔を眺めていると、去年訪れたイタリアのアルベロベッロをふと思い出してしまった。…あ~イタリアに帰りたいなぁ…。早く春にならんかのう。
10013112
本堂内部。
10013113
10013114
本堂内部はかなり広いので、地元の人が楽器の練習をしにきていたぞ。風が吹き込み涼しい本堂内で、のんびりとタイ伝統音楽を楽しませてもらいました。
10013115
音楽を聞きつけて、ワンコもやってきた。
10013116
昔のお堀跡をぶらぶら。
10013117
時折、崩れ落ちた城壁を見かける。
10013118
名も知れぬ、その辺の寺院に立ち寄りながら城壁の周りをぶらぶら。
10013120
で、ソンテオでチェンマイ郊外へ移動。やってきたのはワット・プラ・タート・ドイ・ステープ。名前が長いので、みんなドイステープって呼んでいます。郊外の山頂にある寺院ですが、ソンテオなら片道50バーツで来られるよ。長い長い階段を上り…
10013121
お寺へ!
10013122
10013123
10013124
お寺から見渡せるチェンマイ市内の眺望が綺麗だと聞いてきたんだけれど…それほど大したことはない。チェンマイは大気汚染がひどく、空が霞んでいるからかな。でも、高いビルが少ないので、空が綺麗だったとしても素晴らしい景色じゃないだろうな。
10013125
境内ではモン族の子供たちが伝統舞踊を披露中。
10013126
10013127
ちらほら見かける子供の置物がなかなかいい感じ。
10013128
10013129
10013130
マジメにお祈りをするタイ人の皆さん。タイ人は老若男女を問わず、信仰心の篤い人が多いぞ。
10013131
10013132
10013133
彼女たちもモン族かな…いや、違うかも…まぁ、何族でもいいじゃないか。
10013134
子供ですがちゃんとお化粧をして踊っています。
10013135
10013136
またエメラルド仏だ…。いろんな街にエメラルド仏があるみたいだけれど、タイではエメラルドは宗教上重要なのか?
10013137
もう一回、モン族の女の子のダンスを見に来た。
10013138
休憩中の女の子たちはかなりダルそう。居眠りしている子もちらほら。授業がダルくて寝ちゃう学生って感じ。
10013139
ドイステープの名物はこの仏塔なんだけれど、ただいま補修中。この木枠がある状態じゃあ真剣に写真を撮る気にはならない。
10013140
寺院近くの土産物屋は仏像だらけ。
10013141
旧市街に帰還! 朝まで車が走っていたメインストリートが歩行者天国になっていました。毎週、日曜日のお昼過ぎから深夜まで、この通りはマーケットになるんだってさ。
10013142
美味そうじゃのう。
10013143
たこ焼き機らしきモノを発見! この機械でうずらの卵焼きを作っていました。これ、なかなか美味しいんだよ。
10013144
10013145
ここにも踊る子供が…タイの子供たちは小さなうちから頑張って働くんだね。
10013146
歩行者天国は夜になると恐ろしい人で溢れてきました。チェンライのサタデーマーケットと同じくらいの人の波!!
10013147
弾き語りをする老人たち。
10013148
笹の葉に乗っているのは、茶碗蒸しのような、卵焼きのような不思議な料理。1つ10バーツと安く、実に美味かった!
10013149
ブラブラしていて見つけた不思議な屋台。すし、串焼き、たこ焼きなど暖簾は日本料理の名前で溢れています。が、売っているのは…
10013150
小さな小さなお寿司だけ。日本語の暖簾なら何でもよかったんだろうね。
10013151
10013152
旧市街中心部が人で溢れかえっているので、交通整理のお巡りさんは大忙し。ま、頑張ってくれたまえ。
一日チェンマイを歩き回っても、この街にはやっぱり特別なモノは感じませんでした。訪れる価値はあるんだけれどね。最初のチェンライを存分に満喫しちゃったので、「そこそこいい街」くらいでは満足できない体になっちゃってるんだな…。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA