またまたタオ島 -Koh Tao , Thailand-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10031301
本当は今頃ラオスかベトナムにいる予定だったのに、カンボジアで迷子になったおかげでまたタオ島に戻って来られました。まぁ、こういう旅もアリなんじゃないかと思う。新しいところに行くのも好きなんだけれど、お気に入りの場所に戻って来るのも楽しいもん。

10031302
でも、今回はタオ島に向かうのは結構大変だった。タオ島行きのボートが高波で揺れまくっていたのだ。この時期にこんなに荒れるのは珍しいんだけれどね。
10031303
船に乗るレールはこのくらいの高さでも高いのに、
10031304
高波でこんな急坂になることもある。登山道でもこんな急坂はないよね…。何人か派手に転ぶ人が出ていました。日本なら船が欠航するほどの波の高さだったのかも。タオ島までの3時間のほとんどは高波で揺れまくり、かなりの乗客がゲーゲー吐いていて、トイレはゲロまみれ。私は船酔いには強いので吐きはしなかったぞ。
10031305
で、3週間振りに懐かしのタオ島にカムバック。
10031306
タオ島では前回同様、バンズダイビングにお世話になるのだ。前回のタオ島についてはココから数日間の記事を見てね。今回の滞在記ではタオ島の細かなことは説明しないよ。
10031307
今回お世話になるインストラクターは左のケイコちゃん。お気に入りのインストラクターなのだ。右側はアシスタントのハルカちゃん。ハルカちゃんは大学のダイビングサークルの1年生で、ダイブマスターを目指しているんだって。スゴイぜ!
10031308
2人とも可愛いんだけれど、カメラを向けてもまともな写真は撮らせてくれないのが残念。
10031309
今はタオ島3日目なんだけれど、いまだに海には入っていません。写真はプール実習中にハルカちゃんに撮ってもらったモノ。実は今回はレスキューダイバーというライセンス取得を目指していて、海に入る前の座学やプール練習が多いのだ。海中や陸上でのレスキュー知識・技術を学ぶコースなので、じっくりやらないといざって時に役に立たないわけさ。
10031310
水面での人口呼吸の練習もあるんだぞ! 「女性インストラクターでラッキー!!」と思いきや、やってるフリだけで実際に人口呼吸はやらせてもらえないのが残念!
10031311
これは海中での行方不明者捜索のイメージトレーニングをビーチでしているところ。手前にいるのは野犬のジミー。
レスキューダイバーコースで学ぶことには海中以外でも役に立つことがたくさんあります。AEDを使った心拍停止者の蘇生処置なども学べるので、バイクや車の交通事故、天災時の救命活動にも役立つぞ。これまでにバイク事故で数人、地震でも数人、身近な人が亡くなっていて、今後もそういう状況に遭遇することがきっとあるはず。このコースで学んだことが役立つ日がいつか来ると思うので真剣に学ぶのだ。身近な人間を助けられる力は持っていたいもんね。ちなみに簡単な救命講習は消防署でも受けられるらしいよ。
10031312
で、講習後はインストラクターの皆さんやゲストたちと楽しい飲み会!
10031313
左はから、前回面倒を見てくれたインストラクターのモリヒコさん、アシスタントのハルカちゃん、いつも船酔いのクロサワさん(カンボジアで知り合った人ね)。
カンボジアから一緒の人もいれば、新しく知り合った人もいて、相変わらず楽しいタオ島を満喫しております。レスキューダイバー講習が終わったらもう何日かファンダイブをし、その後はビザクリア(タイでの滞在期限をゼロクリアすることね)のためにマレーシアに行こうかな。その後は北へ、北へと予定外の国に向かうのだ! どこに向かうのかはまだ教えてあげなーい。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA