タオ島ファンダイブその1 -Koh Tao , Thailand-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10031401
タオ島4日目。本当はまだまだレスキュー講習が続くんだけれど、一緒にタオ島に来た面々がそろそろタオ島を離れちゃう。なので、レスキュー講習は1日お休みにして、みんなでファンダイビング(遊びのダイビング)に行ってきました。

10031402
インストラクターはバンズダイビングのアイドル、ケイコちゃん。後ろにいるのはアシスタントのハルカちゃんね。
10031403
まずは船の上でこれから潜るTWINSってポイントについてブリーフィング。深度は、透明度は、どんな魚がいるのか、注意ポイントなどを丁寧に説明してくれる。
10031404
で、船からドボーン。
10031405
みんなが集まってくるまでしばらく海面で待機。
10031406
さぁ、潜っちまうぜ!
10031407
カメラを向けるとみんなピースサイン。ワンパターンすぎるぜ!
10031408
海底でみんな集まったかどうかを確認。ハグレたら危ないので、その辺はバディ(相棒)同士でしっかりチェックを行うのだ。
10031409
珍しく私の写真を撮ってもらった。難しい考えごとをしているようにも見えるけれど、ただボ~っと浮かんでいるだけ。
10031410
さぁ海中探検だぜ!
10031411
でも、ひとまず浅いところで記念撮影。このTWINSというダイビングスポットには私は何度も潜っているので、今日はカメラマンとして写真撮影をしてあげるのだ。海中写真は難しいので陸ほど上手く撮れないけどね。
10031412
小魚さん。
10031413
人工の漁礁。こういう人工物を海に沈めるのはあまり好きじゃないなぁ。景観がくずれるもん。
10031414
タツノオトシゴ
10031415
どんどん先に進みます。
10031416
カンボジアから一緒のカズさん。カメラを向けるとだいたい何かやってくれます。溺れて死なないでね。
10031417
何だか知らない魚さん。
10031418
暗~い海底トンネルを突き進むと…
10031419
またまたお魚パラダイス。
10031420
そろそろ1本目のダイビングは終了。この写真は、体内に溜まった窒素を抜くために水深5mでしばらくじっとしている様子。
10031421
アシスタントのハルカちゃん。ロープに掴まらなくても肺呼吸だけで5mの水深を維持できます。中性浮力ってヤツね。少し慣れてくるとこういうこともできるんだよ。
10031422
で、海面に浮上。息を吐きながら浮上しないと肺が膨張して危ないので、みんな空気を吐きながら浮上するのだ。
10031423
ふぅ…やっと海面だぜぇ~。
10031424
窒素酔いで幼児化したヒロくん(彼もカンボジアから一緒)。5分くらい「ママ、おっぱい。ママ、おっぱい」と繰り返していたぞ。
10031425
ヒロくんはなかなかお洒落なタトゥーを背負ってます。
10031426
このデザイン、いいよね。タトゥーを入れているのは親にはナイショなんだって。親がココを見ないことを祈ってるよ。
10031427
続々とダイバーが浮上してきます。
10031428
2本目までのんびり休憩。
10031429
おっ、溺れている人が…
10031430
…これはレスキューダイバーの海上トレーニング風景。私も近々、この訓練を受けるはず。いつどんな訓練が行われるか教えてくれないので、心の準備ができないのよね。
続く…

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA