10031801
レスキュー講習が終わってからのファンダイブは今日も午後から。ちょっと疲れが溜まっているのでしばらく朝はゆっくりしたいのだ。宿周辺にタムロするワンコと遊んであげたりと、午前中はダイビング以外にやらなきゃいけないことがたくさんあるしね。暇そうに見えて、これがなかなか忙しいんだよ。タオ島には野犬がいっぱいいるんだけれど、みんな躾が行き届いていて人に噛み付くことはない。彼女の名前はアミ。

10031802
ハルカちゃんのハンバーガーを狙うワンコ、ジミー。
10031803
バイクにちょこんと座るワンコ。名前はまだない。
10031804
で、午後。1本目のダイビングスポットはChumphon Pinnacle。
10031805
いつものように魚の群れを見ることからスタート。タオ島周辺のあらゆるダイビングスポットにはこんな魚の群れがいる。
10031806
バラクーダの群れ。バラクーダは毎日見かけるので、ちょいと飽きてきた…。
10031807
小魚の群れを襲う魚たち(多分ね)。今、食物連鎖のピラミッドを目の当たりにしているわけか。
10031808
食われても食われても群れは小さくならない。
10031809
タイの一種だったと思う。コイツは昨日のSouth West Pinnacleにもいたよね。
10031810
10031811
10031812
今日のマイブームは泡の撮影。
10031813
海面に上っていく泡の姿はなんだか幻想的。
10031814
む? スキンダイバーを発見。水深5m地点を優雅に泳いでいました。
10031815
カメラを向けるとポーズまでしてくれる。長く息が続いていたので、きっと素潜りの達人なんだと思う。
10031816
で、浮上。
10031817
10031818
2本目はGreen Rockってポイントでダイブ。
10031819
小さなアーチをくぐっちゃう。
10031820
イソギンチャクかな?
10031821
天井に引っ付いているのは小さなエビ。
10031822
何度見たかわからないクマノミ。バラクーダと同じくらい見飽きている。
10031823
一緒に潜ったオジサンがエア切れになりかけている図。周りが酸素を分けてあげられるから危険はなかったんだけれど、ちゃんと自分で酸素ボンベの残圧をチェックしようね。
10031824
で、浮上。
10031825
船上から眺めるGreen Rockはこんな感じ。
10031826
船に上がったら座禅を組んでいる外人を発見。座禅やヨガみたいなオリエンタルな文化は白人に大人気だぜ。
10031827
午後に2本潜った後はひとまず陸上へ。彼は日本人に可愛がられているワンコ、サンディー。
10031828
体のあちこちが痒いのか、毛づくろいばかりしている。なので、あちこちの毛が抜けちゃっていて痛々しい。
10031829
本日3本目はWhite Rockでナイトダイビング。真っ暗な海中を懐中電灯を頼りに進むのだ。
10031830
懐中電灯とカメラのフラッシュを使い、マクロの撮影だけならナイトダイビングでもなんとか写真は撮れる。
10031831
昼間とは違う海の景色は実に素晴らしい。
10031832
おっ、海ヘビさん。コイツはバッチリ毒を持っているらしい。危ない海ヘビになると、噛まれるとたった2分で死んじゃうんだってさ。
10031833
昨日失敗したアオマダラエイの撮影に成功。夜になると岩陰から出てきて活発に動き回るので、ナイトダイビングではよく見かけるぞ。
10031834
ちょっとわかりにくいけれど、岩の隙間で眠るトリガーフィッシュ(ゴマモンガラ)。
10031835
海底を歩くヤドカリさん。
10031836
海中から見る船の灯りはなかなか綺麗だ。
ナイトダイビングは最初こそちょいと怖いけれど、慣れてくると実に楽しい。昼間の海と夜の海、それぞれに表情が違うので同じダイビングスポットを2度楽しめるわけさ。