南仏の山道をツーリング -Near Mercantour national park, France-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10071501
今日はこないだ寝坊して行きそびれたツーリングを決行する日! 前日はやっぱりワインをたらふく飲んでいたんだけれど、目覚まし時計を久しぶりに使い、ちゃんと起きてやったぜ。頑張って早起きしたおかげなのか、曇りがちな山の天気も今朝は素晴らしい!!

10071502
こないだは雨雲が立ち込めていたフォレ・ド・チュリーニも今日は快晴! 今日はここからさらに北に向かい、メルカントゥール(Mercantour)国立公園内をぶらつきつつ、アントルヴォー(Entrevaux)という小さな街まで走るのだ。
10071503
リュセラムからアントルヴォーまではニースを経由して走れば往復で200kmほどなんだけれど、標高が高くて涼しい山道を走りたかったので300kmほどのツーリングになっちゃった。
10071504
ここはもうメルカントゥール国立公園内。トレッキングをしている人をよく見かけた。アスファルトの状態はあまりよくないけれど、車やバイクでも中に入れちゃうよ。
10071505
エエ景色じゃのう~。
10071506
道路沿いに廃屋と錆びた小型戦車が転がっていた。
10071507
なんだか寂しそうな戦車だ。…そうだよな、オマエは戦うために生まれてきたんだもんな。こんなところで景色を眺めているだけじゃ寂しいよな。
10071508
ガードレールなんてない、狭い山道をのんびり走っていく。
10071509
放牧中の牛の群れがいたので…
10071510
急接近。雄牛の目の前で写真を撮っていたら襲われそうになっちゃったよ。でも、我輩は昔、北海道の牧場でアルバイトをしていた経験があるので、サッと軽快に身をかわしてやったぜ!
10071511
エエ道やのう~。今日は観光ネタはほとんどないよ。ほとんどの写真は綺麗で気持ちいい道を紹介しているだけ。バイク乗りじゃないと今日の記事は共感できないかもねー。興味がない人はすぐにブラウザーを閉じたまえ。
10071512
遠くにアルプスの山々が見えておるわい。
10071513
10071514
10071515
この辺りで標高1600mくらいかな。今日は日が照っているので、標高1000~2000mくらいをバイクで走っていても寒くない。ちょうどいい気温。
10071516
10071517
10071518
ウネウネ道をズンズン進んでいく。
10071519
あ~あ、メルカントゥール国立公園を抜けちゃった。本当はメルカントゥール国立公園はメチャクチャ広い。私は国立公園の端の方を横切っただけだよ。
10071520
今日は日本でいう県道みたいな道ばかりを選んで走っている。だから交通量が少なく、のんびり走れちゃう。主要幹線道路はトラックも多いし、空気があまり綺麗じゃないから通りたくないのだ。
10071521
でも、その代わり道路標識をよ~く見ていないと、たまに迷子になる。
10071522
10071523
いくつもの小さな村を通り過ぎる。どの村ものどかで良さそうなんだけれど、いちいち立ち寄っていたらキリがないので停まらずに駆け抜ける。
10071524
ここはアントルヴォーの北にあるヴァルベール(Valberg)村。冬はスキーリゾートとして賑わうらしいんだけれど、夏はこんな空き地のあちこちにイタチみたいな小さな動物がいる(マーモットって名前だったかな)。口笛を吹いたら「ナニナニ?」って感じでヒョコっと顔を出すんだよ。望遠レンズを持っていなかったので撮影はできず…結構臆病な動物だから近づけないのだ。
10071525
で、またいい雰囲気の山道をひた走る。
10071526
今日はいい道ばかりを走っているなぁ~。バイクで走るには最高の道だぜ。
10071527
10071528
アントルヴォーの街に到着。ちょっと陽射しが強くなってきたのでアートフィルターを使って撮影。
10071529
橋の反対側から撮影。写真奥の山頂にお城があるのが見える? ここが有名なんだってさ。
10071530
いざ、アントルヴォーの街に入らん。
10071531
街の中にはこんな教会もあるよ。この街の通りは綺麗なんだけれど、他の古い街とそれほど違いはないので、あえて撮影はせず。
10071532
アントルヴォーに来た目的はお城でも教会でも路地でもない。このバイクミュージアムなのだ!
10071533
展示台数は大したことはないんだけれど、日本じゃ見たことがないフランス製のヴィンテージバイクが転がっているのよね。海外のヴィンテージバイクってイギリス、ドイツ、アメリカのモノくらいしか知らないので、フランスのヴィンテージバイクをちゃんと見たかったわけさ。
10071534
プジョーも昔はちゃんとしたバイクを作っていたんだね。
10071535
PANTHER? …このバイクはどこかで見たことがある。イギリスのナショナルモーターサイクルミュージアムでだったかな? それともドイツのNSUミュージアムでだったかなぁ。
10071536
1946年にまだこんな自転車みたいなバイクが販売されていたんだね。
10071537
DOLLAR? こんなメーカーは知らないな。
10071538
このメーカーも知らない。日本で知られているヴィンテージバイクのメーカーって、ほんの一握りなのかもしれないね。
10071539
2Fにもバイクがずらり。
10071540
10071541
10071542
たぶん、全部で50台も展示していないと思うんだけれど、このミュージアムは結構楽しめた。
10071543
せっかくなので、山の上のお城にも登ってみるか…。
10071544
山の上からはそれなりに綺麗な景色が楽しめる…が、あんなにしんどい思いをして山を登るほど価値のあるお城とは思えなかったな。アントルヴォーの一番の見どころはやっぱりバイクミュージアムだ!
10071545
街の門をくぐり出て観光終了。じゃあね、アントルヴォー。
10071546
アントルヴォーの街の前を流れる川で、川下りをして遊んでいる人たちがいた。ニース辺りでツアーが組めるのかもね。
アントルヴォーの後はつまらない国道を走ってニース経由でリュセラムに戻っただけ。なので写真は無し。夕暮れ時の山道は寒いし、日が暮れた後は街灯がまったくない暗い道になっちゃうから走りたくなかったのだ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
2 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 7e8dc9bbd86d1f1ff179f09f36b50c6d
    いいね~ツーリングってよりトレッキングって感じ。
    CLで走りたい。
    ちなみに戦車はM5ってアメリカのヤツね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    確かにあの道はシングルバイクで走るのは気持ちよかったですねぇ。のんびりトコトコ走るには最高の道でした。
    しかし、アメリカの戦車って昔はあんなに小さかったんですね。小さくて、最初は本物の戦車だとは思えませんでしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA