シエナからサレルノへ -Siena to Salerno, Italy-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

09103101
シエナ2日目は急に寒さが増し、朝から肌寒い…。ま、耐えられないほどではない。少々寒くてもこれくらい空が綺麗であれば気にならないな。

09103102
シエナの路地をブラブラ。昨日はあれほど美しさを感じたシエナですが、今日はなぜかそれほど感情がたかぶらない。相変わらず街並みは綺麗で、青空もかなりの美しさなんですが、昨日ほどは気持ちが盛り上がらない。昨日街をブラブラし過ぎてもはや慣れてしまったのかな?
09103103
日中の教会前。夕暮れもいいけれど、青空の下で撮影する教会もなかなかのモノ。
09103104
今日は珍しく教会の中に入ってみました。シエナの教会は内部もかなり綺麗だと聞いていたので、中に入らないと勿体無い気がしたんだ。
09103105
建築様式はこれまで訪れた教会とたいして変わらないんですが、高い天井一面に描かれた絵や静粛な教会の雰囲気は一見の価値アリ。
09103106
壁一面に描かれたこんな絵も素晴らしい。
09103107
この教会、不慮の事故などで無くなった人の遺品を祭っていました。ヘルメットがたくさんあるってことはバイク事故で亡くなった人も多いってことか。イタリア人は運転が荒いので車もバイクも事故が多いのよね。
09103108
教会のすぐそばにある美術館にはシエナの街が一望できる展望台があります。ここから見るシエナの景色は素晴らしいので、シエナを訪れた際にはこのパノラマ展望台を訪れるのをオススメします。
09103109
展望台だけじゃなく、美術館の展示品もなかなか見所がありました。彫刻は結構好きなのだ。
09103110
昔の司祭が実際に使用していた分厚い聖書。聖書の装填も今では見られない豪華なモノ。この聖書で殴られたら即死しちゃうかもっていうくらいの重量感に溢れています。
09103111
おそらく、聖人の遺骨が祀られているガラスケース。
09103114
イタリアではHondaの古いCBシリーズをやたらと見かけます。エンジンもスタイルも美しいモデルだもんね。
09103112
昨夜に訪れた広場を再びブラブラ。
09103113
これは教会ではなく、どうも役所の建物らしい。こんな豪華な建物を役所にしちゃうんだ…少し勿体ないような気もします。
09110101
で、翌日はまたトスカーナの田舎道をのんびりドライブ。ローマの近くまで走ったら高速を使う予定ですが、交通量が少ない地域ではできるだけこんな田舎道を走りたいのだ。
09110102
晴天&心が和む農村地帯の景色。
09110103
写真を撮りたくなる景色があちこちにあり、走ってはすぐに停まり、写真撮影を繰り返していました。ほとんど信号がない道を走っていたですが、あちこちで停車して写真撮影をしちゃうのでなかなか距離が進まない…。
09110104
たまにはダートにも入り写真撮影。アスファルトより、ダートの方が写真映えするし、イタリアの田舎っぽい景色だもんね。
09110105
いくつもの小さな街を抜け、少しずつ少しずつ南へと向かいます。
09110106
広い畑のど真ん中にポツンとたたずむ小さな家。整然と植えられた木々が美しいね。
09110107
私は廃屋も大好き。なので、いい廃屋を見かけたら迷わずUターンし、撮影に戻ります。
09110108
説明なんかいらないよね。ただただ素晴らしい景色。
09110109
空の青さと農地の色合い、純白の道路標識の色のコントラストが美しい…。
09110110
ほとんど交通量がない田舎道。信号もないので撮影で停まらなければ1時間で100km弱は走れるでしょう。有料の高速道路を走るのと大して巡航速度は変わらないので、トスカーナ地方ではぜひ一般道を走ってみてください。
09110111
名も無き街の名も無い教会。
09110112
これも教会。
09110113
本日のお気に入り道路標識。
09110114
この日はいくつもの街を通過し、小さなお城もあちこちで見掛けました。トスカーナの一般道ではお城や城壁、古い街並みをあちこちで堪能できます。最後の方はお城を見つけても見飽きていてスルーしてしまうほど…。
この日はシエナから500kmほど走りサレルノ(Salerno)という街で宿泊。翌日は北イタリアは天気が良くないみたいだったので、南イタリアまで距離を稼いでおきたかったんだ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA