シチリアぐるぐるVol.3 -West part of Sicily , Italy-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10061901
シチリアぐるぐる3日目と4日目ね。3日目はディエゴのバイクの調子が悪くなったので、ポルト・パーロ(Porto Palo)でバイク屋巡りをしてあとは海でボーっとしていただけ。でも、それでいいのさ~。だって、こんなに綺麗な海が宿の前に転がっているんだから。

10061902
真ん中の白い建物がポルト・パーロでの宿ね。日本の海岸沿いにある民宿みたいな感じ。ツインルームを借りて、1泊1人3200円くらい。これでもヨーロッパでは安い方。
10061903
この宿はレストランも併設しているんだけれど、ここの飯が抜群に美味いんだ! コックのトニーが素晴らしい腕をしているんだ!! こんな風にお腹が出ているヤツが作る飯がマズイわけがないよね。
10061904
トニーが作る海鮮パスタ。
10061905
と魚のソテー。シンプルな味付けだけど実に美味い。地獄に落ちちゃいそうなほど美味い。
10061906
ご飯を食べたらビーチで昼寝。もちろんビールを片手にね。ディエゴはこの間、バイク修理で街を放浪中。
10061907
で、4日目の朝。隣町にあるセリヌンテ(Selinunte)という遺跡に向かう。ここにはアグリジェントにあるのと同じような、古代ギリシャの神殿遺跡があるのだ。
10061908
一番保存状態がいい神殿。アグリジェントほど形がちゃんと残っているわけじゃないけれど、人が少ないのでいい写真が撮れちゃう。
10061909
10061910
教会建築にはもうあまり興味はないけれど、この手の遺跡にはまだドキドキできちゃう。
10061911
いいねぇ~。
10061912
他の神殿は崩壊しているものばかり。
10061913
こういうガレキを眺めながら古代に思いを馳せてみようじゃないか。でも…そんなに遺跡マニアじゃない私が、こんな辺鄙な遺跡にまで足を延ばしちゃっているのは、リアルな遺跡マニアに申し訳ない気がするぜ。
10061914
なんとなく遺跡をモノクロで撮影してみた。
10061915
2、3の神殿跡をお散歩した後は遠くに見えるアクロポリス跡をお散歩しに行こう。セリヌンテの遺跡公園内は結構広いんだけれど、カートを借りて移動できるし、限られたエリアなら自分のバイクや車でも移動できる。
10061916
アクロポリスは…まぁこんな感じ。ここはそれほどワクワクするわけじゃない。
10061917
10061918
城壁の周囲をぶらぶら歩いて回ってセリヌンテ散策は終了! セリヌンテには他にも小規模な遺跡があるみたいだけれど、今日は結構な距離をバイクで走らなきゃいけない。だから、神殿とアクロポリスだけを見ておしまいにしちゃった。
10061919
またまたツーリングを再開。海沿いを走る、この手のメインロードは車の巡航速度が速すぎて、あまり楽しくない。地元の人は一般道でも120km以上でバンバン飛ばしてくるのだ。老若男女を問わず、老人でも主婦でもガンガン飛ばす。しかも、かなり際どい追い越しをかけてくるので、シチリアをバイクで走る人は気をつけてね。普段はスローライフを楽しんでいるイタリア人なのに、こと乗り物の運転となるとどうして狂ったように飛ばすんだろう? イタリアの大いなる謎だわ。
10061920
メインロードを走るのは気苦労が多い。なので、今日は山間部を走ることにした。
10061921
ブドウ畑を横目に見たり…
10061922
風力発電の風車を見たり…
10061923
湖沿いを走ったり…これまでの旅でもなかなかなかったほどのグッドロードを駆け抜ける。
10061924
これはオリーブ畑。
10061925
先に見えているのはサンブーカ(Sambuca)って街。しかし、この山道、シャレにならないほど素晴らしいな。写真ではその魅力の1/100も伝えられないけれど、道も、天候も、私の体調や気分も最高の状態なので恐ろしくいい気分で走れる。脳みそがトロけてプリンになっちゃいそうなほど気持ちいい。
10061926
素晴らしいぜぇ~。きっと今日が特別なんだろうな。これだけ綺麗な青空が広がっている特別な天気だから、素晴らしく見えちゃうんだと思う。
10061927
空が青いと、何でもない野原だってこの通り美しい。
10061928
お昼はいつも通り、イタリア名物キノート(コーラみたいな炭酸飲料)とパニーニで済ます。意外にお腹が膨れるのよ、この組み合わせ。
10061929
で、また走りはじめる。ときおり見かける湧き水ポイントでペットボトルに水を補給しよう。シチリアの農村部には無料で湧き水が汲めるこんなスポットがたくさんあり、わざわざ水を買う必要はあまりない。
10061930
前方にシチリアらしい街並みが見えてきた。たぶん、美しい街なんだろうけれど、こういう街並みを見過ぎていて、いちいち立ち寄る気になれない。こういう丘の上に建つ古い街が本当にあちこちにあるのよ…。
10061931
山道を走っていると…
10061932
ほら、山頂にお城が見えてきた。
10061933
アメリカのネバダ州の荒野のような景色も楽しめる。シチリアは海も山も、遺跡も古い街並みもたっぷりあるので、観光にはかなりオススメの場所だぞ。ギリシャに行くより、シチリアを旅した方が面白いと思う。
10061934
10061935
で、やってきたのはコルレオーネ(Corleone)村。イタリアではかなり悪名高い村で、マフィアの聖地みたいな場所。この村出身の有名なマフィアがたくさんいて、ゴッドファーザーやその他の映画のモチーフにもなっているらしい。
いわく、悪の巣窟。
いわく、悪の大統領府。
いわく、マフィアファクトリー。
いわく、大悪帝国。
観光で訪れることはできるんだけれど、村人の中には少なからずマフィアが混じっている。イタリア各地や海外に、生粋の悪のエリートを輸出中の村だよ。この村の主要産業は「悪」なのだ。
10061936
村外れに立つ十字架。普通の村なら何も違和感はないけれど、コルネオーネ村で見ると、これが抗争で死んだ構成員の鎮魂碑のように見えてくる。
10061937
見捨てられ、朽ち果てた教会。この村の神様はマフィア。キリスト教なんかに用はねぇ! …って感じ。教会は村にもちゃんとあるんだけれどね。ちょっと大げさに紹介しているだけなので、ビビらないでね。でも、油断するな!
10061938
コルレオーネ村はマフィアを排出しているから有名なだけで、街並みに特別なモノはあまりない。
10061939
旧市街や巨大な岩山の上に建つ家くらいかな。ディエゴがここにはあんまり長居したがらなかったので、コルレオーネ村の魅力はよくわからなかったや。村にはホテルもあるので、興味がある人は自分の足で歩いてみてねー。
10061940
またまた走り出す。今日は朝から最高の景色ばかり見ているんだけれど、だんだん飽きてきた…。私の美しいモノへの集中力って、2時間くらいしか持たない。あんまり長く、素晴らしいモノを見ていると脳から謎のエキスが滲み出てきて、ドッ疲れてくるのよね。いわゆる感動疲れってヤツ。何かに感動するのって結構エネルギーを使うんだよ。
10061941
疲れて頭がボーっとしていても、素晴らしい景色に目を奪われていても、山道では余所見に注意しなきゃいけない。道路標識の通り、道路を牛や羊、馬が横切ることが多いのだ。飛ばしすぎると死んじゃうぜ。
10061942
今日の100kmくらいの山道のほとんどでこんな景色を楽しめた。バイクツーリングには最高の道だな。世界でもこれだけ気持ちいい道はあまりない。最後にこれほど素晴らしい道を走ったのはいつだったっけなぁ…。
10061943
10061944
本日の宿泊地はロッカ・ブサンブラ(Rocca Busambra)。パレルモに近い場所で、安い宿があり美味い飯が食べられる場所を探してたどりついた街。地元の人とコミュニケーションが取れるディエゴがいなきゃ、こんなローカルな街にたどり着けなかっただろうなぁ…。で、いつも通り、レストラン兼ホテルに宿泊。
10061945
格安で食べられるビュッフェをたらふく食べ…
10061946
美味いパスタもたらふく食べ、快適な眠りに着く。
明日はパレルモでチュニジア行きのフェリー&グリーンカード保険探しの日。万事順調だったら明日中に北アフリカに向け、旅立っているかも。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    一枚目の写真いいねえ。
    パラソルがしましまなのがいいねえ。
    青の分量が絶妙☆

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めまして、楽しくブログを読まさせていただいています。
    私も、海外のバイクの一人旅が大好きで、「脳みそがトロけてプリンになっちゃいそうなほど気持ちいい」という気持ちがよくわかります。すべてのことから解き放たれて、バイクに乗っていることさえ忘れてしまうような感覚ですね。スペインのロンダ近辺、トルコ東部で経験しました。今度、バイクでヨーロッパを通るとき、シチリア島に是非寄りたいと思っています。
    交通事故だけには気をつけて旅を続けてください。他のことは金で何とかなります。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    シチリアは運転マナーは最悪ですが、地元の人の適当で楽天的な気質がたまらなく面白いですよ。
    合わない人にはまったくダメなエリアでしょうけれど、ためしに行ってみてくださいな。
    ご飯は間違いなく美味いです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA