リュセラムからコモ湖へ -Luceram to Lake Como-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10071801
イタリアのマンダニーチ村に続き、思い出深い場所になったリュセラムをとうとう離れちゃった…また帰ってくるかもしれないけどね。そういうわけで、快晴の、雲一つない青空の下を気持ちよく走ってイタリアに向かおう! 海沿いを走ると暑いので、今日も内陸部を走っちゃう。

10071802
ここはイタリア国境に近いテンデ(Tende)の街。私はただ街中をバイクで駆け抜けただけだけれど、チラっと見ただけでも散策するにはいい街のような気がした。でも、今日はバイクで走るのがあまりにも気持ちいいので、停まってゆっくり休憩する気にならないんだなぁ~。
10071803
今日の青空は完璧な美しさ!! 写真ではこの空の良さを伝えられないのが残念…。360度雲一つなく、底抜けに青い空なのだ。
10071804
この山を越えればもうイタリア。同じEU圏内での移動なので、日本の県境にあるような国名が書かれた道路標識があるだけだけれどね。
イタリアに入ってからは平野部を走った。何十という街や村を駆け抜け、昼飯も食べずに延々と走り続ける。特に絶景はないんだけれど、ずっと雰囲気のいい道を走り続けていたので、脳内アドレナリンが爆発! ガソリンを入れるとき以外はずっと走り続けた。そこそこの景色であっても、それが道なりに何時間も続くと頭の中がフニャフニャになって、思考停止状態になっちゃうのよね。というわけでイタリア側の道の写真は無し。道中のトリノミラノもパス。しばらくは大都市には立ち寄りたくないのだ。
10071805
で、去年も訪れたコモ湖に到着。去年はロンドンに行かなきゃいけない日が迫っていて、ゆっくり回れなかったのよね。夏まっさかりのコモ湖はリゾートにやって来た観光客でたくさん。車やバイクが道に溢れている。まるでリゾート地獄って感じ。
10071806
コモ湖周辺をまた訪れた理由はいくつかあるんだけれど、その1つはコモ湖の湖畔の街、マンデッロ・デル・ラーリオにあるモト・グッツィミュージアムに来たかったから。今日は日曜日で閉館なので明日またやってこよっと。でも、このミュージアム、お昼の3時~4時の1時間しか開いてないのよね。ちょっと時間に遅れたら、もうアウト。
この日はコモ湖から少し離れたソンドリオ(sondrio)で宿を取った。ソンドリオは私が足を延ばしたい、いくつか場所のちょうど真ん中にあって、何かと便利。ホテルは去年も宿泊したHotel Europa。オーナーがバイク乗りで、何かと親切にしてくれるお気に入りのホテルなのだ(バイカー割引アリ。それでもシングルで50ユーロくらいするけどね)。
10071807
ソンドリオに着いたらホテル近くのレストランへ。
10071808
本場イタリアのスパゲッティが食べたかったのだ。ちょっとイタリアを離れていただけなのに、イタリア料理にすごく飢えてたのよね。
10071809
もちろんピザも食べちゃう。スパゲッティとピザで炭水化物まみれ。が、楽しみにしていたピザだけれど、北イタリアのピザはあっさりとしていて、そんなに美味しくなかった。
10071810
食後は人気のない路地をブラブラ。
10071811
知らない街の夜の路地を歩くのは男の旅人の特権だね。女の子はあまり真似しない方がいいかも。
10071812
街の大きな広場まで歩いてお散歩終了。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
One Comment
  1. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    長崎の空も真っ青!!!
    梅雨が明けましたゼ。。
    しかし。。バカみたいに暑い
    湿度も高いで尚更ですねww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA