モト・グッツィミュージアム訪問 -Moto Guzzi Museum , Italy-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10072001
今日はコモ湖畔のモト・グッツィ(モトグッチ)ミュージアムを訪問してきた。今日のネタは一切観光ネタは無し。ただミュージアムに行っただけ。バイク乗りでも興味を持つ人は少ないと思うので、素人さんはブラウザを閉じるか、ディープなエロサイトにでも行きたまえ。

10072002
昨日のツーリング中に感じたエンジンの違和感にちょっと思うところがあって、朝はホテルの地下駐車場でせっせとバイクのメンテナンスに励んでいた。プラグ清掃、タペット&カムチェーン調整、グリスの注油、洗車などを行う。私がバイクをイジっていると、ホテルのオーナーのカルロがやってきて、彼のトライアンフのオイル交換&バイク磨きを始めちゃった。「仕事中なのにバイクいじっていいの?」と聞いたら、「ここはオレのホテルだよ。仕事なんて空いた時間にやればいいんだ。」と豪語していたけれど、後でお母さんと奥さんにしっかり怒られていたぞ。
10072003
で、モトグッツィミュージアムへ。午後3時に門が開き、受付で名前と国籍を書いたら中に入れる。入場無料。
10072004
ミュージアムの建物以外はウロつかせてもらえない。開発中のモデルなんかも同じ敷地にあるだろうから、そりゃそうだろうね。
10072005
これがミュージアムだ! …写真が撮りづらい展示方法だな…。窓をカーテンか何かで隠して、明るい室内灯をつけて欲しいなぁ。。
10072006
今のモトグッツィは、こんな縦置き90度Vツインエンジンが特徴。ハーレーのVツインとはまた違う、面白いフィーリングのエンジンだよ。見た目はあまり格好よくないけれどね。
10072007
さて、戦前のモデルから見ていこうか。でも、私はモトグッツィにそこまで興味があるわけじゃない。歴史だってチラっとしか知らない。だから、車名、年式などは控えてないので写真だけの紹介だぞ。
10072008
10072009
10072010
10072011
タンクが妙な形に盛り上がっているのは何故だろ?? ただのデザインってわけじゃないと思うんだけれど…。
10072012
10072013
10072014
10072015
10072016
10072017
古いアエルマッキのバイクみたいだね。
10072018
このバイク、
10072019
ドゥカティみたいなメカメカしいエンジンだね。
10072020
10072021
これは軍用モトグッツィ。
10072022
こんなエンジンも作っていたんだ…。
このミュージアム、展示方法が綺麗じゃないけれど、古いモトグッツィなんて他のミュージアムじゃほとんど見られない。モトグッツィがこんなにいろんなエンジンを手がけていたなんて、ここに来て初めて知ったよ。
10072023
耕運機も作っていたんだね。ま、ホンダだって、ハーレーだって似たようなモノを作っていたもんね(ホンダは今も作っているはず)。
10072024
パリ・ダカモデルもある。
10072025
う~ん、カッコ悪いぜ!!
10072026
10072027
10072028
80年代の車両コーナー。モトグッツィに限らず、世界のあらゆるバイクメーカーの80年代の車両デザインは酷いんだ…。丸みを帯びたデザインじゃなく、カクカクしているのよね。バイクや車、その他のいろんなジャンルの製品で80年代のプロダクトデザインはカッコ悪い。
10072029
さて、ここからはレース車両を紹介。最高速トライアルにチャレンジしていた車両かな?
10072030
10072031
この手の車両もカッコ悪いのう~。でも、市販車両じゃない、特殊用途の車両だもんね。
10072032
10072033
こりゃ特別カッコ悪いぜ。もうバイクの域を超えちゃってるね。
10072034
10072035
昔のモトグッツィは飛行機のプロペラエンジンも作っていたの?
10072036
で、あとは適当に…
10072037
ブラブラ。
10072038
ハイ、終了。ここは一般の人が観光ルートに入れるのはオススメできない。バイク好きで、その中でも限られた人しか楽しめないと思う。私は資料用にたっぷり写真を撮れたので充分満足さー。 
10072039
ミュージアムの後はコモ湖をのんびりツーリングして、お腹が空いたらホテルに戻って食事。ここの飯は美味いんだな。
10072040
北イタリアはオリーブオイルを使わないパスタが主流らしいけれど、このホテルでは南イタリア風のパスタも食べられる。
10072041
フィレ肉のステーキ!! こないだまでいたアジアに比べると、ヨーロッパは食事がベラボウに高い。でも、こっちではそれが当たり前なので、ご飯にお金はケチらないようにしている。1食3000円までならOKなのだ。その代わり朝飯や昼飯は抜くことが多いけどね。
ヨーロッパの旅では知り合いの家に泊めてもらうことも多いから、1日に使う予算の変動はかなり激しい。だけれど、バイクで移動をする日は日に1万円近く使うこともある。食事以外にガソリン代で日に2500~4000円くらい、宿で3000~5000円くらい使うことも珍しくない。そこに観光地の入場料を入れたら、結構な額になっちゃう。バックパッカーなら日に5000円以下に抑えることもできるだろうけれど、ヨーロッパを楽しもうと思ったらあまりお金をケチっちゃダメだぞ。見たいモノを見ず、食べたいモノを食べない旅はきっと将来後悔すると思うんだ。大学生の頃のケチケチアジア旅行がそうだったもん。悩むくらいだったらお金を使っちゃえ! もう一度来ることを考えたら安いもんだぞ。
10072042
予定外に長居したソンドリオのHotel Europaとも明日でお別れか…。ホテルオーナーのカルロと奥さんには今年もたっぷりお世話になっちゃったな。明日イタリアを出るんだけれど、今回の旅ではもうイタリアには戻ってこないと思う(予定)。シチリアのディエゴを初め、イタリアではたくさんの人の優しさに触れられた。これまで30ヶ国近くを旅して来たけれど、イタリアがダントツで一番お気に入りの国になっちゃったな。ロシア、ウクライナ、イギリス、フランス、タイ…大好きな国はたくさんあるけれど、さすがにイタリアには敵わない。きっとまたイタリアに戻ってくるからなー!!
明日からのスイスではしばらくキャンプ生活をするかも。だから、しばらくブログを更新できない可能性アリ。その代わり、これまでとは違う本格的な山の絶景を見せてあげるからな!

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
6 Comments
  1. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    すげぇ~~~!
    松葉式のフロントが時代を物語ってますねぇ~♪
    最速仕様に軍用に・・・
    どのメーカーも時代背景に即して
    造ってたんですねぇ~
    耕運機も(笑)
    HONDAは今も作ってますよ♪
    しかも!たしか
    ほら!卓上コンロのガスボンベあるでしょ?
    100円もしないで買えるヤツ!
    あれで動かすミニサイズ(家庭菜園用)も造ってますよ♪♪
    なるほど!なアイデアです☆
    追伸:リングの画像はミクシーネタに使わせて貰いました☆ ⌒(*^-゚)b

  2. SECRET: 0
    PASS: 632fd186efe4406be97b0105eebe10d6
    懐かしいですコモ湖は~
    温泉地で物価高いですね。
    英語が通じない場所で嫁の通訳で
    なんとかホテルに泊まれた記憶が~

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    グッチの工場、稼動してそうな雰囲気だった?
    つーのもモデル開発や生産はアプリリアの工場へ移管したつー話を聞いたもので。
    マンデロの工場はテーマパークにするつー話もあるし、ここは少しずつ遺物になりつつあるんだなあ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >パンチさん
    コモ湖に温泉なんてあるんですか? 高級リゾートだとは知っていましたが、イタリアに温泉なんてあるんですねぇ。
    >ヤマシタ殿
    そういやあんまり人気はなく、敷地内もガランとしていましたね。でも、ブレヴァっぽい車両が2台、たぶんテストツーリングから帰ってくるのを見ましたよ。
    あそこがテーマパークになるんだとしても、魅せられるモノがあそこにはあんまりない気がするんですけれどねぇ。

  5. SECRET: 0
    PASS: c1134c66eb1c9c068b41159b57ffb361
    たまたま検索でここに来ました。
    私も2010年の4月にこのミュージアム行ったんですよ、なつかしい!写真綺麗に撮れてますね。暗いし狭いし、ここは、写真が非常に撮りずらいんですよね。
    ちなみに、プロペラ付のエンジンは750ccのちっちゃいエンジンが基で、数年前にアメリカ軍の無人偵察機向けに供給して、今も現役らしいです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    確かに写真は撮りづらいミュージアムですけど、ここでしか見られない車両が多いので、行く価値はありますよねー。
    しかし、このミュージアムを訪れたのはもう半年も前かぁ…懐かしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA