ウースラの美術講義 -A lecture about Paintings-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11111601
おっす! 今日は珍しくゲージュツの話題だぞ。来週、とうとうシチリア島を離れてマルタ共和国に行くことにしたんだけれど、ウースラが「首都のヴァレッタにある聖ヨハネ大聖堂美術館には絶対に行け!」と強く勧めてきた。そこにあるカラヴァッジョという画家の絵が素晴らしいんだって。
そんなわけで、美術をきっちり学んできたウースラが急遽「カラヴァッジョ講座」を開いてくれた。ウースラは有名な画家の画集を大量に持っているので、絵を見ながら授業がスタート。

11111602
マルタにはカラヴァッジョの絵が2枚あり、これは「聖ヨハネの斬首」。
11111603
こちらは「聖ヒエロニムス」。
11111604
これまで写実的な絵画はどれもだいたい同じに見えていて、画家ごとの作風の違いや技術の変遷なんて興味もなかったけれど、ちゃんと教えてもらうと実に面白い。
ウースラに教えてもらったことを正確に伝えるのが難しいので詳しくは書かないけれど(Wikipedia見といて)、カラヴァッジョがそれまでの画壇にどう革新を起こしたのかを少しだけ…たぶん理解した。Wikipediaを見たらワシが教えてもらったことがソックリ書いてあるんだけれど…そういう学び方よりもう少し深い興味を持って、心にストンと落ちてくる感じで学んだんだよ。
11111605
カラヴァッジョの他の作品(これはマルタにはない)。画家の特徴を知った上で絵を見るとスゲー楽しいな! これまではただ漫然と絵を見ていただけだったんじゃのう…。
11111606
メドゥーサ。この絵にもそれまでになかった技法が使われているんだって。
11111607
美術史をしっかり学んでから絵を見ると違う世界が見えてくるのかもな…。ま、そんな殊勝な気持ちはサラサラないけれどね。でも、絵画の楽しみ方が少しだけわかった気がする。
11111608
で、カラヴァッジョの特徴を他の画家と対比して説明するために、次はレオナルド・ダヴィンチの絵について話してくれた。
11111609
オマエらもこんな絵を見たことあるだろ? もっと有名な絵については各自で勝手に調べたらいいんじゃないかな。
11111610
ダヴィンチの絵の説明を受けているうちに、カラヴァッジョとの比較なんてどうでもよくなってきた。このオッサン、実にスゲー! 
11111611
こんなデッサンや…
11111612
こんなデッサンを見ながら説明を受けた。
11111613
人の体がどういう動きをするのかを観察だけではなく、解剖学からも学んでいたのは有名過ぎる話。絵に活かすために数学まで駆使していたんだって。
11111614
基本的なことは中高の授業でサラっと説明されているし、TVで何度も解説を見た記憶があるんだけれど、何となく知った気になっていただけだったんだな…。少ししか理解してないけれど、それでも充分に驚かされた!
11111615
スゲーなダヴィンチ! 人生のあらゆる時間を美につぎ込むほど情熱を注ぎ込んでいたから、ただの素人にも「何だかわからんがスゲー」と思わせられるんだな。歴史に残る芸術家(たぶん音楽家も)は周りから頭がおかしいと思われるくらいに自分を追い込むor周りを気にしないんだろうな(言葉にしたら陳腐だな…)。真面目な話、今日のウースラの講義はワシの絵の見方を変えてくれたよ。
 
11111616
こういう絵もサラっと見ちゃダメなんだ…。でも、どんな画家の絵でも真剣に見る気持ちは微塵もない。真剣に見るのは、ほんの一部の突き抜けた人たちの絵だけで充分。なんでもかんでも真剣に見るのは美術ファンのお仕事。素人にまで凄さが伝わってこないようなモノは………ワシら一般人は別に見なくてもいいんじゃないかな。
11111617
何でも細かく観察していたんだなぁ…。
11111618
11111619
いやいやいやいやダヴィンチさん、アンタ…スゲーーーよ!!!

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
2 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    ターミーさんが芸術に開眼する時がくるとはねえ・・・
    人間って成長するんだね。
    私のオススメはパウル・クレーとギュスターブ・モローと
    ジャコメッティと藤田嗣治かな。
    時間あったらチェックしてみてー
    彫刻は意外と面白いよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    別に芸術に目覚めたワケじゃないよ。カラヴァッジョとダヴィンチの楽しみ方が少しわかっただけ。だからワザワザ自分から新しいアーティストを探す気は、これまで通りサラサラないって。ちゃんとそう書いてるでしょー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA