山の上のモンサント村 -Monsanto , Portugal-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10102701
さてさてピオダン村を離れ、今日も元気に走り出すぞ! 本当はピオダン村にもう1泊したかったんだけれど、明日からこの地域の天気が崩れ始めるらしく、南へ移動しなきゃいけなかったんだ。

10102702
なにはともあれ今日のポルトガルはいい天気!
10102703
平和なもんじゃい!!
10102704
今日もいくつもの小さな村を通り過ぎる。「オッ!」と思う村で休憩したりもしたんだけれど、ゆっくりしていられないのが残念。今日はピオダンに負けず劣らずの極上の村に遊びに行かなきゃならないんだ。
10102705
やっぱり田舎の風景はエエのう~。あ、今回のポルトガル滞在では首都リスボン周辺や、海外ツーリングの定番のロカ岬(ユーラシア最西端の岬)には行かないよ。しばらく大都市には近寄りたくないし、内陸部の村から村へと渡り歩く今のリズムを崩したくないので、海の方にも行きたくないんだ。
10102706
ポルトガルの田舎道には、ところどころに小さな礼拝所が設けられている。日本のお地蔵さんみたいなモノかな。
10102707
山を下り、平野部を走っていると、周囲の風景が次第に荒涼としてくる。
10102708
ジャジャーン! 本日の目的地が見えてきたぞ!!
10102709
目指すはこの岩山の上にあるモンサント(Monsanto)村。第二次大戦前に開かれた「ポルトガルで一番美しい村コンテスト」で優勝した村なんだとか…そんな古いコンテストの話を自慢されても、と思うけれど、実際に行ってきた人の話ではスンゴイ面白い村らしい。
10102710
モンサントへと続く道を上りはじめると、道路沿いに巨大な岩がゴロゴロ転がっていた。
10102711
この山の上がモンサントだ! …逆光だけれど、太陽と雲、それと岩山がイイ感じに写っているから、これでイイのだ。
10102712
ハイ、これがモンサント村。
10102713
のどかな風景でしょ~。でも、写真のどこかに違和感を感じないかい?
10102714
ヒントその2。
10102715
巨大な岩が家にめり込んでいるんだ。空から岩が降ってきたようにも見えるでしょ。
10102720
もともと巨岩がゴロゴロしていた場所に造られたのがモンサント村なので、岩をそのまま活かして家が建てられているんだ。…いや、活かすというより、岩が巨大過ぎて動かせなかったのかもしれない。
10102721
右側の岩は、岩を活かした家の壁。重量バランスを取るために左側の岩と小さな石でリンクされている。
10102722
ツタが絡まっていてわかりにくいけれど、巨大な2つの岩の間に建てられた家。ちょっと無茶過ぎるんじゃない?
10102723
笑っちゃったのがこの家。家のサイズと岩のサイズを比べてみよう…これを家と呼んでいいんだろうか…。どうやって壁を作ったのかも気になって仕方がない。
10102716
モンサント村の家のすべてが上のようなコミカルな家じゃない。普通の家だってたくさんある。
10102717
村人から「そこの若いの、これをご覧なさい」と声をかけられた。
10102718
村の伝統人形。手を横に広げているのは十字架をモチーフにしているからなんだって。
10102719
10102724
ルカーノ塔。てっぺんに雄鶏さんがいるね。
10102725
村から下界を見下ろしてみる。
10102726
この村の路地はまるで迷路のよう。グネグネと狭い路地が続くので、今どこを歩いているのかがわからなくなることがある。
10102727
屋根を修理中のおじいちゃん。落ちないように気をつけてね~。
10102728
村の墓地を発見。下りてみよっと。
10102729
墓地から岩山のてっぺんを眺める。暇だし、ちょっくら一番上まで登ってみるか。
10102730
てくてく、てくてく登る。
10102731
10102732
頂上には廃墟になったお城があるんだ。
10102733
城壁の中にも巨岩がゴロゴロ。
10102734
10102735
城壁からの眺めは素晴らしい。…そんなこんなでモンサント散策は終了。
10102736
さぁさぁどんどん南下しよう。明日からの天気は南はまだマシみたいだからね。
10102737
途中、ブレーキの利きが悪くなってきたので予備のブレーキパッドに交換。そういえば、この前ブレーキパッドを交換したのは去年の7月にギリシャでだったよな~。前のブレーキパッドは3万km弱も使っちゃっていたのか…。危ねぇ、危ねぇ~。
そんなこんなでモンサントの後はブワァ~っと一気に南下して、エストレモス(Estremoz)という街までやってきた。この辺りはアレンテージョ地方と呼ばれていて、いい村が多いらしいんだ。でも、明日からの天気が良ければ立ち寄ろうと思っていた村を、いくつかパスして来ちゃったのが心残りだなぁ…。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 5c58c63053340c49d9f160e6c22cf594
    いつも楽しく拝見しています。
    巨大な岩の家、ここに住んでる方達は昔からある建て方なんでしょうけど
    新しい家の建て方だ!とこちらはビックリ。
    これはたしかにすっごく面白い村だと納得しました。
    村人との交流にも心和みました^^
    これからもレポート楽しみにしております。
    道中どうかお気をつけて。

  2. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    w(゜o゜)w オオー
    バイクで旅してるっぽい画像が(笑)
    ポルトガルは長崎のカステラの
    出元らしいけど。。
    ソレっぽいのは有った??

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございまーす。昔付き合っていた女の子と同じ名前だったので、一瞬ドキっとしちゃいましたよ(笑)。
    スペイン・ポルトガルは小さな村が美しくてイイところです。イギリスやイタリア、フランスの村とはまた違う美しさなんですよね。でも、スペイン・ポルトガルでは他のヨーロッパの国みたいな濃い出会いがまだないので、ちょっと寂しいところです。バイクにトラブルでも起きたら、新しい出会いがあるんでしょうけれどね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA