モンサラーシュでのんびり -Evora to Monsaraz , Portugal-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10102801
今日はアレンテージョ地方をブラブラする日。本日一発目に訪れたのはエヴォラモンテ(Evoramonte)。ご覧のように丘の上にある小さな城塞だよ。城壁内には今も人が住む家が立ち並んでいるんだけれど、城塞都市というほどの規模じゃない。

10102802
城壁の中にあるお城。フランスのサルス城と造りが似ているね。
10102803
城壁内の家々は真っ白な壁で統一されている。この地域の街はどこもこんな白い壁をしているのが特徴なんだ。
10102804
お次はエヴォラ(Evora)という大きな街の郊外にある、アルメンドレスのクロムレック(Cromeleque dos Almendres)というストーンサークルに向かう。ここはほとんど観光客が訪れない場所のため、道路がちゃんと整備されていない。ところどころ軟らかいダートを走らなければいけないので、バイクで走る時はちょいと注意が必要だよ。
10102805
数kmのダートを走り抜けるとアルメンドレスのクロムレックに到着。クロムレックはストーンサークル(環状列石)と同じ意味らしい。たぶん、アルメンドレスは地名じゃないかな。
10102806
旅に出る前にイギリスのストーンサークルについて調べていたときにアルメンドレスのクロムレックのことを知り、ポルトガルに来たら絶対に訪れようと決めていた。それほど規模の大きいストーンサークルではないし、綺麗に円を描いているわけじゃないけれど、なぜだかストーンサークルには心が惹かれちゃう。
10102807
この石柱が立てられた時には石柱の頭はこんなに丸まっていなかったはず。何千年も野ざらしになっている間に風雨にさらされ、少しずつ頭が丸くなっていったんだと思う。
10102808
クロムレックの近くにはメンヒル(巨大石柱)もある。畑に囲まれた小さな農道を歩いてメンヒル見学に向かう。…しかし、本当に人がいねーな。私以外には観光客は誰一人としていない。
10102809
それほど大きなメンヒルではないけれど、誰も訪れることのないメンヒルを独り占めし、ここでゆっくりと悠久の歴史に思いを馳せてみた。メンヒルの周囲には柵も何もないので、実際に手で触れメンヒルさんに語りかけてみる。
クロムレック近くのエヴォラの街には世界遺産の旧市街があるんだけれど行かないことにした。「世界遺産の旧市街」はヨーロッパ中のそこら中にあり、どれも教会と古い街並みというありきたりなパターンだもんなぁ…。短期旅行で訪れるにはきっとイイところだと思うけれど、今の私は旧市街や古い教会ってだけじゃ感動できなくなっているんだ。そんな場所を忙しく回るより、小さな村を転々と旅する方がホッと癒されるんだよね。そんなわけで田舎の村にちょこちょこ立ち寄りながら、本日最後の目的地モンサラーシュへと向かう。
10102810
アレンテージョ地方に入ってからずっと思っていたんだけれど、ポルトガル中部の街並みは真っ白な壁の建物ばかりってとこがチュニジアとかなり似ている。もともとイスラム教徒に占領されていた地域なので、文化的に共通点があるんだろうか? それとも暑い夏を快適に過ごすために白い壁になっているだけなんだろうか?
10102811
白い壁ってだけではなく、ワンポイントの鮮やかな色の使い方も似ている。他のヨーロッパの国の家は、こんな鮮やかな色合いじゃないんだよ。
10102812
たぶん、スペイン南部も同じような家並みだと思う。スペイン、ポルトガルは一応ヨーロッパなんだけれど、北アフリカを彷彿とさせるところがあるんだ。
10102813
この建物もアラブ風だね。
10102814
道中の村で見かけたイスラム風建築。これは…ミニモスクじゃないの?? ポルトガルにはイスラム教徒がまだ残っているのかな?
10102815
小さな村で見かけた教会。ポルトガルの教会は荘厳というより、ポップなデザインのモノも多い。
10102816
で、本日最後の目的地モンサラーシュ(Monsaraz)村に到着。
10102817
この村の家並みもやっぱり白い壁ばかり。
10102818
細い路地をブラブラ探検して遊ぶ。
10102819
綺麗な村でしょ~。今日は微妙に曇りがちなので陽射しが弱いのが残念…。天気が良かったらもっと綺麗な写真が撮れるんだけれどね。
10102820
10102821
村のワンコ。最初はワンワン吠えられたんだけれど、時間をかけてコイツと仲良くなることに成功。
10102822
このオジサンもワンコに興味津々みたいだけれど、ちょっと腰が引け過ぎなんじゃないの? いつでも逃げられる距離から撫でているやん(笑)。
10102823
教会をじっと見つめるニャンコ。
10102824
まだまだブラブラ。
10102825
モンサラーシュは高い丘の上にあるので、街からの眺めが素晴らしい。
10102826
メインの通り以外はどこもこんな路地ばかり。
10102827
街外れにあるお城跡。今は闘牛場として利用されているらしい。
10102828
10102829
この村は非常に小さく、1時間もブラブラすれば観光し終わっちゃう。でも、この村に宿泊したくなったので宿を取った。こんな素敵な中庭がある民宿にチェックイン! シングル1泊40ユーロなり。
10102830
1泊して夜のモンサラーシュの写真を撮りたかったんだ。
10102831
10102832
10102833
村のレストランでのディナータイム。今日もたっぷりワインを飲んじゃうよ。旅に出る前はワインは大嫌いだったんだけれど、長くヨーロッパにいるうちにワイン好きになっちまったぜ。ワイン万歳!!
10102834
メインは村の伝統料理のMigas de Porco。豚肉とパンをあえたような料理。やや胃に重たい味なんだけれど、実に美味~い!!
10102835
食後にまた村をお散歩する。モンサラーシュの夜は非常~に静か。夜9時を過ぎると通りでは風の音しか聞こえない。村人はバーで騒いだりしないのかな?
10102836
お散歩中に見つけた屋内貯水場らしき場所。魚が泳いでいたよ。
10102837
こうしてモンサラーシュの夜は更けていくのであった。明日から天気が崩れるみたいなので、この村で何日か雨宿りしているかも。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お久しぶりに拝見させていただきました☆
    ポルトガル!ヨーロッパでは必ず行きたい場所のひとつです!
    実に美しい町並みですねぇ~。ほぅ…

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    モンサラス!私も泊まったよ。人口100人くらいの小さな村だよね。いいとこやったなあ・・・確かその闘牛場はポルトガル最古だといううわさ。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >yukaちゃん
    yukaちゃんがポルトガルに辿り着くのは来年の春くらいかな? ポルトガル、スペイン、イギリス、イタリアは絶対に訪れてちょうだいな~。ちなみにイギリスは6月、7月がベストシーズンだよ。
    >mikkiさん
    そうそう、本当に小さな村です。ここ数日雨が止まないので、ずっとこの村でぼんやりしてまーす。こんな小さな村でもWiFiが使える
    今のご時勢はスゴイですな。
    しかし、あの小さな闘牛場がポルトガル最古なんですか? 意外だなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA