バイカーフェスティバル in トムスク その1 – Tomsk ,Russia-

09070401
釣りから戻ってきたのは夕方の4時。ウォトカとビールの飲みすぎでフラフラになりながらも、この日は地元モーターサイクルクラブの結成8周年記念屋外パーティー(ようするにミーティングだね)に呼ばれていたのだ! 約束していたからには行くしかないのだ! 酷い二日酔いの体でトムスクから40km先の会場に到着。

09070502
他の参加者はお昼から集まりはじめていて、もう辺りはテントだらけ。
09070503
即席のカフェも作られていて、ここで飲食が可能。水と軽食が欲しくて立ち寄ったら「おう、日本人よく来たな。まぁ飲め」とまたウォトカ。5分で小さいショットグラス6杯ほど飲まされました。ちなみに、この日の写真が雑なのは酔っ払っているから。
09070504
ザサダですでに顔見知りのアナトリーを発見。今夜は彼がこのイベントを仕切りっているそうです。ちなみに彼はクラブのロードキャプテン。いろんなところに走りに行き、各地のクラブと友好を深める役目です。プレジデント(MCのボス)やプロスペクト(見習い)など役割もあり、アメリカのMCと同じような組織になっていました。
09070505
会場の隅には案山子が吊られてます。彼はこの後、盛大に燃やされました。。
09070506
ウラルのチョッパー発見。作りは雑だけれど、カスタムしづらいウラルでよくここまでやるなぁ…。ビッグタンクなら電装系もうまく隠せるのか。この車輌オーナーが自分でカスタムしたそうです。
09070507
スポーツバイクもアメリカンも、ジャンルは関係なしで集まってきます。ロシアのこのおおらかさは大好きだぜ! バイク乗り自体が少ない国なので、バイク乗りならジャンルの分け隔てなく仲良くしています。
09070508
地元バイカー。真ん中のデカイバイカーに旅のことを話すと「エクストリームボーイだな、オマエ」と大歓迎され、しこたまウォトカを飲まされました。ステージで挨拶をさせてもらっていたので、この日ここに集っていたバイカーたちにあちこちで声をかけられ、ウォトカを飲まされていたんだな。
09070509
メインステージではこの種のフェスティバルでは定番のライブイベントがスタート。
09070510
ウォトカとロックの相乗効果で異常にテンションが高まってマス。
09070511
もちろん、ワタシも。この帽子、誰かがくれたロシアの冬の防寒具。荷物が増えましたが、コレは嬉しいぞ。
09070512
ザサダで会ったミハイル。
09070513
ウラルのカスタムバイク。
09070514
軍人バイカー。
09070515
ウラルサイドカー。この後、このサイドカーに乗せてもらい、会場周辺の村をドライブしてきました。
09070516
夜はこのクラブ伝統のファイヤーダンスが披露されました。この辺りまでは記憶があるんだよなぁ…。
09070517
ダンス。
09070518
ダンスダンスダンス。
この後、さらに大量のウォトカを浴びるように飲み、記憶が飛びました。ちゃんと自分のテントに戻って寝てたけどね。

3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [色:0000CC]色付きの文字[/色]
    元気そうにやっとるねー mixi経由で君の活躍を見守っとるよ。
    モトブルーズも外観きれいになり君のバイクはいつも雨の当たらない場所になおしてあります。病気しないようにな!それと最初から暴飲暴食はあとで響くから抑え気味にね!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロシアいいなあ!
    結構バイク乗り多いんですね
    モンゴルは景色はいいんですが食事がいまいちです。ウランバートルでマトリョーシカっていうロシア料理屋をみつけてあやうく入るところでしたw でもロシアにもどったらまたボルシチの日々だなあと思い、止めたんですが、なんか懐かしくなってしまって。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    モンゴルのメシは結構いけるって聞いてたんですけれどねぇ…。
    体は温まりますが、私はボルシチはもう飽きてきました。ペリメニはいくら食べても飽きないんですけれどねー。
    イルクーツクから先、少しだけ悪路があるので気をつけて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA