サンティアゴ巡礼路 3日目 -Camino de Santiago , Spain-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10102101
サンティアゴ巡礼路、3日目。2日目に教会を紹介し過ぎたので、今日は巡礼路の風景を中心に紹介しよっかな。ご覧の通りイイ天気なので、写真の撮り甲斐もあるしね~。

10102102
巡礼路沿いは延々とこんな田園風景が続く。
10102103
ふと後ろを振り返ってみると、太陽と飛行機雲がイイ感じだったのでパチリ。早朝だとこんな風に太陽の写真が綺麗に撮れちゃう。
10102104
ん?
10102105
遠くに風車群が見える。
10102106
カストロヘリス(Castrojeriz)村。巡礼路沿いにはこんな小さな村がたくさんある。すべての村に立ち寄っていたら先に進めないので、適度にパスして走らないとな。
10102107
ズンズン走る。
10102108
村はパスして走りつつも、道路沿いの風景が美しすぎて何度もバイクを停めて撮影してしまう。こんなに風景が綺麗なのは田舎道を走っているからだよ。高速道路だと、邪魔な標識や建物が多くてイイ写真は撮れない。
10102109
巡礼者を護る十字架。
10102110
続いて立ち寄ったのはフロミスタ(Fromista)村。ここのサン・マルティン教会はこじんまりとしていてカワイイんだ。
10102111
別角度からパチリ。
10102112
巡礼路の景色にまったく変化がない・・・素晴らしい風景なんだけれどちょっと飽きてきたし、道が真っ直ぐなので眠くなってきた…。
10102113
地平線の先までホントに何もないね。延々と畑が続く。…たぶん、何千年も前はこの平野は野生の森か草原だったはず。視界のすべてを畑に開墾するまで、いったいどのくらいの時間がかかったんだろう? この不自然な大自然を見ていると、人間の力ってスゴイなと実感する。
10102114
巡礼路沿いの村にはこんな像があちこちに建てられている。
10102115
休憩のついでにあまり大したことのない教会にもちょくちょくと立ち寄る。黙々と巡礼路を辿るのがだんだん面白くなってきたので、自分のペースで教会にお参りしていく気になったんだ。
10102116
午後。今の季節、この地域は午後から過ごしやすい暖かさになってくる。徒歩の巡礼者は午前中は防寒装備、午後からはTシャツ1枚で歩いていた。バイクで走っていると走行風を受けるので、午前中は寒くて仕方がないんだよなぁ…。
10102117
カリオン・デ・ロス・コンデス(Carrion de los Condes)村の入り口に建てられた石碑。
10102118
村の中心には巡礼者をかたどった像があった。
10102119
この村の教会はあまり美しくなかったけれど、一応お参りする。
10102120
休憩中に徒歩の巡礼者を見つけたので、写真を撮らせてもらう。巡礼者は年配の人が中心なんだけれど、若者もそこそこいる。
10102121
巡礼路をバイクで辿るのは楽チンだけれど、徒歩での巡礼はさぞ大変だろうなぁ…。いくら景色が綺麗とは言え、似たような景色が続くと飽きてくるだろうし、朝晩の冷え込みもキツイ。軽い気持ちじゃ全行程は走破できないと思う。そうそう、サンティアゴ巡礼路は全行程で確か800kmくらいあるんだけれど、100km以上を徒歩で走破したら巡礼証明書がもらえるんだって(自転車なら200km)。
10102122
スペインは他のヨーロッパ諸国と比べて風景に緑が少ない。気候はまったく違うけれど、チュニジアで見た風景と似ている気がする。きっと気候が似ているんだろうね。
10102123
サアグン(Sahagun)村に到着。
10102124
村にいくつかある教会を黙々とお参りする。
10102125
ここにも巡礼者の像があった。このタイプの像は表情がコミカルで、各村での造形の違いを見るのも楽しい。
10102126
ガソリンスタンドで遅い昼食を摂る。ちゃんとしたレストランでの食事じゃないのに、サラダも魚のフライも素晴らしく美味! 味付けはサッパリしているので、野菜も魚も新鮮で美味しいモノが流通しているんだろうな。
そうそう、スペインではレストランやカフェ、ホテルの部屋での喫煙がOK。時代を逆行しているように思えるかもしれないけれど、逆に次の時代を先取りしていると考えてもイイと思うんだ。逆転の発想ってヤツなんだ。
10102127
そんなこんなで本日の宿泊地のレオン(Leon)に到着。今日も200kmほどしか走らなかったけれど、この距離は旅をするのにちょうどいいペース。早朝からのんびり走って午後3時頃までに宿に入ると、日が暮れるまでに宿泊先の街の観光もできちゃうからね。ちなみに、写真に写っている建物はガウディの作品なんだって。言われなきゃ気づかなかったと思う。いわゆる…アレだ、量産型ガウディってヤツだ。
10102128
適当に街の見どころをブラブラしよっか。これは今はホテルになっているサン・マルコス修道院。
10102129
修道院前の広場にあった銅像。修道院の方を寂しそうにじっと見つめている。
10102130
サン・マルコス修道院の教会部分はホテルの宿泊者じゃなくても見学できる。
10102131
お次はサン・イシドロ教会。…全然美しい教会じゃないな。
10102132
綺麗な写真が撮れるカットを探して周囲を歩き回ってみたものの、この教会の外観はつまらない。教会の中には素晴らしい展示品がたくさんあるらしいんだけれど見学せず。あまりにたくさんの教会を見学し過ぎると、飽きてきちゃうからね。
10102133
この街にも大聖堂があった。
10102134
この大聖堂はステンドグラスが美しいらしいので見学しよっか。ちなみに入場無料。
10102135
100枚以上のステンドグラスが壁を埋め尽くしている。いわゆるステンドグラス地獄ってヤツだ。
10102136
まぁまぁイイ大聖堂だったと思う。
サンティアゴ巡礼路ももう終盤戦。のんびり走っても明日か明後日にはゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)に到着しちゃいそう。先を急ぐつもりはないので、お天気次第でどこかでゆっくりしよっかな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 7e8dc9bbd86d1f1ff179f09f36b50c6d
    巡礼はその昔は命がけの旅立ったから、受難するひとも多かったろうし、そんな名残もたくさん見れるね。
    教会のステンドグラスを取るなら
    入り口の丸い窓を撮って欲しい。
    ローズとかロゼットとか言われるけど、その教会ごとに表情が違い美しい。
    それだけ載せた本があるくらいだから。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    道路沿いには巡礼中に亡くなった人の記念碑もありましたね。
    入り口の丸い窓は…採光窓なので写真を撮るのが結構難しいんですよね~。なんとかチャレンジしてみます・・・が、もうサンティアゴの巡礼は終わっちゃったので、次はいつ教会に行くかわかりません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA