バルセロナに到着! -Montserrat & Barcelona , Spain-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10110601
今日は朝早くからこんなところをお散歩してきた。

10110602
訪れたのは岩山の中腹にあるモンセラット(Montserrat)修道院。ここもキリスト教の聖地の1つなんだってさ。黒いマリア像がナントカカントカ…っていう有難い逸話があるんだ。
10110603
修道院を見学する前に、まずはケーブルカーで山頂の展望台に向かう。展望台へのケーブルカーはお昼から混みあうらしく、先に展望台に行っておきたかったんだ。で、これが展望台からの景色。今日は天気がいい日なんだけれど、修道院の周囲には霧…というか雲海が立ち込めている。
10110604
修道院は標高1235mに位置するので、なんとか雲海に飲み込まれずにいてくれた。修道院ギリギリの高さまでが雲海に包まれているなんて、ひょっとしてかなりラッキー? 普通に晴れているときより、きっと綺麗な景色だよね。
10110605
周囲はドップリと雲海に飲み込まれている。綺麗な景色が見られて嬉しいんだけれど、この雲海の中をバイクで走るのはスンゴイ怖かった。グネグネとしたカーブの多い濡れた路面なのに、視界が数mだったもん。
10110606
山頂付近は素晴らしいほどの快晴。展望台から景色を眺めるだけじゃもったいないので、山道をトレッキングしよっと。
10110607
山頂にはトルコのカッパドキアやギリシャのメテオラのような風景が広がっている。
10110608
10110609
いい景色だね~。モンセラット、イイところだわ。
10110610
岩山でロッククライミングを楽しむ人もいた。聖地なのは修道院だけで、岩山では自由に遊んでいいのかな?
10110611
小一時間ほどブラブラ歩き回ってトレッキングは終了。ここまで来たら、修道院と展望台を見学するだけじゃもったいない。是非トレッキングもしてちょうだいな。
10110612
展望台からの修道院の姿をアートフィルターを使って撮影してみた。ちなみにこの展望台からの風景だけれど、もしかしたら午後には日陰になっているかもしれない。修道院は岩山に挟まれて建っているので、午後遅くには日陰に入ってしまう気がする。
10110613
で、また修道院に戻る。
10110614
右の建物が修道院なんだけれど、スペインのキリスト教建築にしては結構地味。修道院の外観は別に面白くも何ともないね。
10110615
中に入ってみた。
10110616
お昼頃に修道院を見学したんだけれど、ちょうどミサが行われていた。
10110617
祭壇。祭壇の後ろに有難いブラックマリアが祀られているんだってさ。
10110618
信者からのお供え物。
10110619
修道院見学を終え外に出てみたら、修道院のすぐ近くまで霧が浸食しはじめていた。
10110620
霧に飲み込まれちゃった…。撮りたい写真を撮り終えた後だったので、ギリギリセーフ!
で、また雲海の中を恐る恐る走り…
10110621
念願のバルセロナ(Barcelona)に到着! 6月にヨーロッパに戻ってきて5ヶ月半、イタリア→チュニジア→イタリア→スイス→フランス→イギリス→アイルランド→イギリス→フランス→スペイン→ポルトガル…そして辿り着いたバルセロナだ!! やっとここまで来れたかぁ…。最初の予定では去年の秋頃にバルセロナに到着している予定だったのに、1年も予定が遅れちゃった。
10110622
ちゃんとした観光は後日するとして、ひとまずサグラダ・ファミリア大聖堂に挨拶に向かう。サグラダさん、日本からはるばるやって来ましたよ。
10110623
イマイチ綺麗な撮影ポイントが見つからない。本当は周囲に写真を撮るのに適した公園が2つあるんだけれど、柵が設けられていてこの週末は入れないらしい。今、バルセロナにはローマ法王が来ていて、明日特別なミサがあるんだって。なんでも、この大聖堂を教会だと認定する式なんだとか。今まではこの大聖堂は正式な教会じゃなかったのかよ……建築途中だったから式が行われていなかっただけなのかもね。そんなわけで、ローマ法王が帰ってくれないと、サグラダ・ファミリアのイイ写真は撮れそうにない。
10110624
ああ、早くローマ法王がどっかに行ってくれないかなぁ…。イギリスのバーミンガムにいたときも、ちょうどローマ法王が来ていて観光の邪魔になったんだよなぁ~。どうやら私はローマ法王に縁があるらしい。
10110625
仕方がないから、サグラダ・ファミリアもアートフィルターで撮影してみる。絵本の中に出てきそうな大聖堂なので、アートフィルターで撮影すると幻想的だね。
10110626
ついでにモノクロでも撮影。
10110627
で、街をブラブラ。バルセロナには落書きがかなり多い。
10110628
きっとグラフィティ人口が多いんだろうね。
10110629
これは落書きじゃないと思う。下着屋さんのシャッターに描かれていたからお店の宣伝かな?
10110630
横断歩道を渡っていたら大道芸人に遭遇。
10110631
信号待ちの間だけジャグリングを披露してチップをもらっている。こういう芸の披露の仕方もあるんだね。…目のつけどころがシャープだわ。
10110632
10110633
ガウディが手がけたグエル公園にやって来た。夕暮れどきに来ちゃったので、空の青さがやや薄いのが残念…。人も多すぎる。早朝の人が少ない時間帯にまた訪れてみよっと。
10110634
よくわからんが、ガウディ作の前衛的な建物が公園入り口にあった。
10110635
ここ、相当広い公園だよ。
10110636
10110637
ここにもストリートパフォーマーがたくさんいた。
10110638
巨大シャボン玉職人。
10110639
空を漂うシャボン玉。綺麗なもんじゃのう~。
10110640
グエル公園から宿に戻る途中にガウディ作の建築物がいくつかあったので撮影。これはカサ・ミラ。今も居住者がいるマンションなんだって。
10110641
独創的なデザインなのはわかるけれど、住み心地はどうなんだろう?
10110642
路上でみかけたアート。
10110643
こちらもガウディ作のカサ・バトリョ。カサ・ミラ以上に気が狂ったデザインだな…。
10110644
まるでお菓子の家みたい。
10110645
10110646
こんな感じでササっとガウディ作品を訪ねて徘徊していたら日が暮れちゃった。明日からしばらくは天気が悪いので、先に見て回っておきたかったんだ。サグラダ・ファミリアとグエル公園は、天気がよくなったら改めてゆっくり回ってみる予定。
さて、明日からはバイクを日本に送り返す運送会社探しだ。前に書いたかどうかは忘れちゃったけれど、今のバイクでの世界旅行はひとまず終了。最初はスペインから南米にバイクを送り北米を目指す予定だったんだけれど、バイク旅に飽きてきちゃったのよね。惰性で旅をしても仕方がないから、バイク旅はもうお仕舞い。で、スペインの後はバイク無しのバックパッカー生活に切り替えるんだ。環境を変えて心機一転、あともう少しだけ旅を楽しんじゃうよ~。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
2 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     修道院、南イタリアの小さな町にも似たような外観の修道院はありますね。モンセラットは教会内部は豪華ですが。
     バルセロナ、そうそう法王様が。新聞を見てへぇ~と思っていたらターミーさん…まあ、縁があるのねぇヴェネディクト法王と。
     
     ガウディの建築、色彩感覚に劣ると自覚していたガウディは弟子ジュジョールにタイル模様を任せていたんですよ。(^.^)懐かしい雑学を思い出しました。
     またぼちぼち地中海風景を更新してください。風邪に気を付けて。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    イタリアの教会や修道院って、もうちょっと薄汚れていて雰囲気がありますよね。この修道院はちょっと外観が綺麗過ぎましたねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA