ネス湖へツーリング -Dufftown to Loch Ness , United Kingdom-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10080801
今日はダフタウン周辺の蒸溜所を訪ねて、スペイ川沿いのウイスキー街道をブラブラするつもりだったんだけれど、最初に訪ねたマッカラン蒸溜所はお休み。よく考えると今日は日曜日じゃねぇか! 曜日の感覚がまったく無いので、週末だって気づかなかった…。土日も開いている蒸溜所もあるんだけれど、ウイスキー街道は平日に回った方がいいぞ。

10080802
ウイスキー街道巡りができなくなったのは残念だけれど、今日は天気がいいので西にあるネス湖の方まで走りに行ってみるか。往復で300kmほどのショートツーリングだ。
10080803
いつも通りののどかな田園風景。
10080804
イギリスに上陸して以来、大都市の近く以外ではどこでもこんな田園風景が広がっている。特にスコットランドはイングランド以上にのどかな風景が楽しめる。天気にさえ恵まれれば、スコットランドは北海道よりも綺麗だよ。
10080805
今日は走りながらいろいろ考えごとをしたいので、延々と走り続けたい気分。でも、たまには観光スポットで休憩しちゃうぞ。ここはコーダー城。戯曲のマクベスの舞台になったお城なんだってさ。マクベスって昔見たことがあるはずなんだけれど…どんなストーリーだったっけ??
10080806
このお城は春から秋にかけて一般公開されているんだけれど、冬は所有者のコーダー伯爵が実際に住むらしい。リアル貴族のお住まいですかい…。21世紀の今でもお城で生活する人がいるってのが驚き。メイドや執事も当然雇っているんだろうね。メイド萌え~! 執事萌え~!!
10080807
お城にかかげられた紋章。Be mindful? 思慮深くあれ、とでも訳すのかな?
10080808
このお城、敷地が非常~に広いんだ。こんなに広くて素敵な庭もある。手入れが大変だろうな~。でも専属の庭師さんがいるんだろうな~。
10080809
凝った庭だな、オイ。こんな庭で遊んで育ったコーダー伯爵は、きっといい性格に育ったに違いない。こんな環境で育って、不良になるわけがないよね。
10080811
右のおじさんは観光客向けにスコットランドのタータンチェックの衣装や武器を貸し出してくれる人。武器の使い方なんかも教えてくれるよ。
10080812
広い広い庭をまだまだ散策する。
10080813
さて、また走りはじめますか。この辺りから北にかけての地域はハイランドと呼ばれている。視界の先、海の向こうに見えている山々を北に抜ければ、もうスコットランドの最北端だぞ。ほんの1ヶ月ほど前には北アフリカのサハラ砂漠にいたのに、えらく北へと上ってきちゃったんだねぇ…。
今回の旅では「必ず○○に行く」って決めていた場所はほとんどない。行き当たりばったりの旅で、ゴールをどこにするのかも決めていないくらい。けれど、旅に出る前に唯一決めていたのは、スコットランド最北端からフェリーに乗り、さらに北のオークニー諸島に向かうってこと。旅に出る前の予定では、オークニー諸島にある小さなストーンサークルをユーラシア横断編のゴールにしていたのだ。なぜ、そこをゴールにしたのかは覚えていない。たぶん、特に意味はないんだと思う。その目的地にあと200kmほど走れば到着しちゃうのかぁ~。早くそこに行きたいような、行きたくないような、複雑な気分だな…。ま、アイルランドやスペイン、ポルトガルなど、これから向かう国がまだまだあるので、今はオークニー諸島は旅の最北端って意味しかないんだけれどね。
10080814
途中、やたらと毛深い牛さんを発見。顔が毛で隠れちゃってるよ。生まれて初めてみるタイプの牛さんだな。スコットランド固有のハイランドカウって牛なんだって。
10080815
インヴァネスという街を通り抜け、少し走ればネス湖が見えてきた。子供の頃、イギリスが世界地図のどこにあるのかも知らなかったくらい小さな頃から、名前だけは知っていたネス湖。かつて一世を風靡したネッシーさんのお住まいだ! 確か、ネッシーの一番有名な写真の撮影者は、写真が捏造だったとゲロったはず。でも、たくさんのネッシー目撃情報があるせいか、ネッシーはいまだにネス湖の立派な観光資源なのだ。ネッシーミュージアムだってあるんだぞ。まぁ…ネッシーが実在するかどうかは、詳しく突っ込まない方が夢があっていいよね。ネッシーは、いないと思えばいない、いると思えばいる、哲学的な存在なのだ。
10080816
左手にネス湖を眺めながら湖周道路をのんびりと走る。
10080817
ドロムナドロケット(Drumnadrochit)って街の外れにある、アーカート城(Urquhart Castle)に到着。
10080818
城壁や一部の塔が残るだけの、ほぼ廃墟のお城なんだけれど、ネス湖を眺められる好立地な場所にあるため、観光客に大人気。
10080819
このタワーから見るネス湖の眺めは綺麗らしいんだけれど、今日は日曜日なのでタワーは大混雑。私は登るのを諦めちゃった。人がたくさんいるところは騒がしいからあまり好きじゃないんだよね。
アーカート城を散策を終えのは夕方。そろそろダフタウンに引き返すことにしよっか。ダフタウンまでの帰り道、オークニー諸島の後にどんなルートで旅をするのかを考えてみた。スコットランドの後はアイルランドに向かい、そのままポルトガル・スペインまで南下するんだけれど(もしかしたらモロッコにも行くかも)、今のところはスペインツーリングを最後にバイクを日本に送り返そうかと思っている。最初はヨーロッパの後は北米か南米をバイクで走ろうと思っていたんだけれど、南北アメリカ大陸には行かず、ユーラシア大陸を東へ東へと戻る旅に惹かれはじめているのよね。北米は過去に3度もバイクで走っちゃっているし、南米で見たいモノはあんまりない。エジプト~中東~中央アジア~インド・ネパール~3度目のタイ、このルートを旅する方が面白そう。もう世界一周に特別なこだわりはないので、ユーラシアを満喫し尽しちゃおっかな~。
ま、スペインのバルセロナに到着するまで、あと1万kmほどバイクで走らなきゃいけない。それまでにヨーロッパの後をどうするのか、ゆっくり考えよっと。日本に放ったらかしにしているマウンテンバイクで旅するってのも面白いかもな~。
10080820
で、ダフタウンに戻っての今晩の夕食はチキンパイ。スコットランドの食事は本当にうめぇなぁ~。
さて、明日はいよいよオークニー諸島に突っ込む。旅に出てからもう15ヶ月。…オークニー諸島よ、長らく待たせたな! 首を洗って待ってろ!!

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
4 Comments
  1. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    牛さんのロン毛が羨ましい。。。
    長崎、台風接近中なうっ!

  2. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    いや~久しぶり!!成都に戻ってきたらいきなり繋がった(前回は駄目だったのに・・・)
    やっぱ写真が綺麗だねぇ~
    全ての場所に行きたくなる。まぁ予算的に無理だけどね。
    まだ少しだけど溜まった分ゆっくり見て行きますねぇ~^^

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ok-beさん
    ネッシー写真を加工して載せようと思ったんですけれど、面倒臭いので止めました(笑)。何かがいるかもしれない湖って、ぼんやり眺めているだけで楽しいんですよね。
    >カズさん
    中国のネット規制は結構変動が大きいみたいですね。いろんなサイトが見れたり、見れなかったり、それだけ当局も本気になってネットをチェックしているんでしょう。
    ヨーロッパは物価は高いですけれど、綺麗なところは多いですし、世界遺産もくさるほどありますよ。たくさんの世界遺産制覇を狙っているのなら、ヨーロッパで数を稼ぐのは必須でしょう~。個人的にはヨーロッパ周辺ではイタリア、チュニジア、イギリスはじっくり回って欲しいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA