09070401
サマラからロシア~ウクライナ国境までは1500kmほどの距離でした。雨に降られることもトラブルもなく、平穏無事に走り続けました。サマラからはメインロードから少し外れたコースを走っていたため、カフェやガソリンスタンドではエラク珍しがられ、そこそこ楽しいコミュニケーションが取れました。
なお、ウクライナへの国境突破はオリョールって街の南西の国境から突っ込みました。キエフへの最短ルートだったので、そこを選んだだけです。モスクワから南に行けばその国境なのかな。

09071502
で、国境に到着。前日は国境近くでキャンプして、朝早くに国境に到着していたのでそれほど並ぶことはありませんでした。遅くに来ていたら結構並んだかも。
09071503
これがロシア側の国境検問所。ホントはここは写真に撮ってはダメなので(どこの国でもそうなのかな?)、詳細写真はありません。他の人のブログで陸路での国境通過の写真がないのは撮影禁止だったからなのか…。日本に住んでいると、陸路で国境を越える機会がないのでそんなルール初めて知ったよ。一人でする初めてのバイクでの国境越え、ドキドキしてきます。
が、ロシア側の役人は思いのほか親切。簡単な荷物チェックの後、手取り足取り手続きを手伝ってくれました。1つ心配だったのがロシアでのレジストレーションがウラジオストック、ハバロフスク、ウランウデだけしかスタンプをもらっていなかったこと。これを突っ込まれるか、と思いきや問題なし。ビジネスビザで入っていたからかなぁ…。この国境を越える旅行者はあまりいなかったからチェックする習慣がなかったのかも。なお、国境通過の際にはバイクの登録証書(ウラジオストックで作ったロシア語のヤツね)は回収されました。ウラジオストックでの書類作成時に出国時は書類回収と聞いていましたが、記念に欲しかったなぁ。モンゴルやウクライナに出て、またロシアにもどってくるライダーは、入国の度にロシアでの登録証書を作り直しているのかな? それは面倒臭そうだぞ…。
しかし結局、ロシアで悪いロシア人に遭遇することはなかったなぁ…。
警官に賄賂を要求されたことは一度だけあります。チェルビンスクを出てすぐの検問所で「今日はオレの誕生日なんだ。だからお金をくれ」とかわいらしい嘘をついて要求してきました。試しに言ってみただけだったらしく、断っても問題はなかったです。
09071504
こっちがウクライナ側の検問所。ここの役人も親切だったんですが「ウクライナで使えるバイク保険は持っているか?」と予備審査(建物に向かう手前での簡単な書類チェック。ロシア側でもありました)で突っ込まれちょっと立ち往生。まだ入国していないのにあるわけないやん。日本の海外旅行保険の書類(全部日本語)を見せ「これが世界で使える保険だ」とうまく誤魔化しました。
その後はスムーズに手続きが進みました。日本からバイクで来た旅行者だということで、あれこれ気を遣ってくれ、パスポートなどを渡して待っているだけで審査は終了。これまで陸路での国境越えの経験がなかったので少々不安でしたが、なんてことはありません。ロシア側、ウクライナ側、合わせて1時間ちょっとで国境を通過できました。
09071505
ウクライナに入って最初にしたことは保険の契約と両替。検問所を出てすぐのところにいくつもの店があるので、適当に選んで一番短い15日の保険を契約しました。写真はスタッフの皆さん。この建物の外も撮影禁止なので、中からしか写真が撮れませんでした。両替は1グリブナ=13円くらいでした。街だともう少しレートがいいのかな? 相場がわからないのでボラれていても街に行くまでわかりません。
09071506
ロシアで10000kmを走りやっと2ヶ国目に入ることができました。世界は案外狭い気がしますが、ロシアはホント広かった…。ウクライナでの景色はロシア側とそれほど変わりませんが、ロードサイドの木々の緑の茂り方が豊かな気がします。
09071507
ロシアではこんなに道路に迫って葉が茂っていたっけ?? ポプラの木以外にも日本でも見るような木々も見受けられました。木々の緑の匂いも豊かで、ロシアより強く夏の匂いが感じられました。国境を越えてワクワクしてたからそう思っただけかもしれないですけれどねー。
09071508
ロードサイドの畑はヒマワリだらけ。
09071509
これだけたくさんヒマワリが咲いているのは初めて見たぞ!
09071510
途中、工事で通行止めになっている道に遭遇。ちゃんと迂回路があったんですが、「近道を走るのだ!」と調子に乗ってすぐ横の農道を走っていたら、写真の少し先の大きなぬかるみで派手に転倒。サマラで中古のロードタイヤに履き替えていたのを忘れていたよ…。日本の皆さん、ツルツルのロードタイヤでぬかるみに突っ込んだらコケますよ!
09071511
コケてドロドロになったので、この日にウクライナの首都キエフに向かうのはやめました。泥だらけの格好でホテルを探してもどうせ断られるからなぁ…。適当な川で服を洗濯し、早々にキャンプ地を見つけました。体もだいぶ臭く、いや、臭いというより酸っぱくなっていたので川で洗濯&水浴びをしてよかったかもなぁ…。なお、「体が酸っぱい」は「臭い」より格上の表現です。臭いを越えた「臭いの向こう側」ってヤツですよ。
ウクライナではいきなりコケてしまいましたが、この国は何か居心地が良さそうな気がします。ロシアからルーマニアまでの中継地点として入国しただけのつもりでしたが、キエフでゆっくり過ごしてみようかな。