ホンダ スーパーカブのカスタムの基礎知識

1958年に誕生して60周年を迎えたスーパーカブだけれど、少し前までまったく興味が無かった。遅い、ダサい、バイクの代名詞って感じだったからね。

が、下にあるようなインドネシアやタイのカスタムされたカブの写真を見ていて、どうしても欲しくなり、去年手に入れたのよね。

ノーマルのカブに乗るつもりはサラサラなくて、あれこれ調べて4ヶ月かけてカスタムしたんだけれど、その時に手に入れた知識をまとめておくので、これからカスタムする人は役立ててちょうだいな。

ノーマルのカブ

自分でやる派は1986年7月~2007年8月までの12V、キャブ仕様のスーパーカブがオススメ

カブは車体が小さく、エンジンも軽いのであらゆるメンテやカスタムを自分でできるのが魅力。アジアから入ってくるパーツも安いので、他のバイクなら考えられない金額で、好みのカスタムカブが作れてしまう。が、2007年9月以降に発売された燃料噴射が電子制御化されたFI仕様のカブは、従来のカブに比べるとDIY派のハードルが少し上がってしまう。

吸排気まで自分でやりたい派の人はC50、C70、HA02やAA01などのエンジン型番で呼ばれているキャブ仕様のカブを選んだ方がいろいろ安く、簡単にカスタムやメンテができる。2007年9月以降のモデルはAA02、JA07、JA10などの型番で販売されているので間違えて買わないようにね。FI仕様のカブはボアアップするのが少し面倒で高くつくよ! ちなみに2018年にフルモデルチェンジして登場したカブ50/110のエンジン型番はAA09やJA44。AA09やJA44のパーツが出そろうのはまだ先じゃねーかな。

注意!
ココから下に書く内容は12Vのキャブ車のスーパーカブについての内容ね。ここ10年くらいのインジェクションのカブについては自分で所有していないし、あまり興味がないので調査もしていない。

中古車は圧倒的にカブ50が多くて、少し安い

カスタムのベース車両に選べるカブ50、70、90の特徴については後述するけれど、中古車の選択肢はカブ50が圧倒的に多く、価格も5万円~と安い。カブ70は10~15万円、カブ90は15~20万円くらいと中古車価格が結構違い、台数も少ない。カブ50は中古車サイトを見れば1000台近く掲載されている(キャブ車に絞ればグッと台数は少なくなるけれどね)。

ワシは不動のカブ90カスタムを友人からただでもらってカスタムしたけれど、ベース車両を中古で購入していたら普通のバイクが買えるくらいお金がかかったってことか…

ヤフオクで車体を探せばもっと安く買えるけれど、後から自分で整備するくらいの覚悟をしておこうね。見た目だけ綺麗なジャンクなカブもたくさん出品されているよ。

カブ90のクランクシャフト

ショートストロークなカブ50・70とロングストロークなカブ90

ノーマル排気量のまま乗り続けるなら、どのカブを選んでも問題無しだけれど、一定以上に排気量を上げるならクランクシャフトが大きくて長いカブ90ベースの方が排気量を上げられる。

カブ50のボア(内径)×ストローク(行程)は39㎜×41.4㎜、カブ70は50からボアだけ広げて47㎜×41.4㎜、カブ90はボアもストロークも違う47㎜×49.5㎜。ボアの広いシリンダーに交換するボアアップは50エンジンベースでも豊富にパーツがあるけれど、一定以上の排気量にするとなると、ストロークが長いカブ90エンジンが欲しくなる人もいるはず。

カブ50オーナーも後からカブ90のエンジンを買ったり、クランクケースを加工して90用(中華の互換品もある)クランクシャフトを入れることもできるけれどね。

ちなみにカブ90オーナーのエンジンカスタムでよく話題に出るタイカブの100EXは50㎜×49.5㎜で、ワシも100EXのシリンダーをカブ90に装着している。

エンジンチューニングの前提で書いたけれど、カブ70や90ならノーマルでも原付の速度制限はないし、4速化だけして他はノーマルで乗るのも面白いかもね。カブ70は中途半端な排気量に見えるけれど、オーナーからの評判もいいみたい。

カブ90に取り付けたPC20キャブレター

スーパーカブに採用されている純正キャブレターは3種類

エンジン排気量によってガソリンと空気を混合させるキャブレターも当然変わってくる。カブ50はPB13、カブ70はPB14、カブ90はPB16を採用。どのキャブもメインジェット、スロージェット(パイロットジェット)は共通だけれど、排気量を上げればキャブレターも変更した方がいい。

排気量を97㏄に上げたワシのカブはPC20に交換している。PC20はPBシリーズとメインジェットは共通だが、スロージェットは互換性がない。

カブ90の17インチホイール

スーパーカブのホイールサイズは2種類

スタンダードなカブのホイールサイズは17インチで、リトルカブのみ14インチホイールを採用している。街乗りだと14インチの方が軽快で乗りやすく、燃費もいいらしい。カブをコンパクトに見せるために14インチ化も考えたが、タイヤが少し高くなるのと、ホイール径が変わるのでメーターギアを交換するのが面倒で断念。

17インチと14インチではフロントフォーク内のクッションの硬さが違い、14インチカブを17インチ化するとホイールとフェンダーが干渉する話があるが、17インチ→14インチ化なら大丈夫なはず。

前期カブ90のドラムブレーキ

カブ90は1998年からフロントドラムブレーキが大口径化

1997年までのカブはブレーキドラム径が110mmだったが、1998年(1997年後半からかも)から130㎜のドラムブレーキになっている。デカドラム化でブレーキケーブルとスピードメーターケーブルのドラム側取り付け口も変わり、モンキー系ケーブルは取り付け不可になっている。アクスルシャフト径も変更されたのでFドラムブレーキをデカドラムに変更してしまうと、パーツの選択肢が少し狭くなる。

1997年までのドラムブレーキで通常使用は問題ないし、気になるようであれば110㎜ドラムでもブレーキアームを少し長い強化タイプに変更することもできる。

カブ90の22.2mmハンドル

スーパーカブのハンドル径は2種類

スーパーカブのハンドル径は一般的なバイクに採用されている7/8インチ(22.2mm)ではなく、19㎜が採用されている。バーハン化するときにハンドル径が違うのでスイッチボックスなど、余計なパーツ交換が必要になるが、角目のカブカスタムだけは22.2mm採用でバーハン化のベースには適している。

カブ90カスタムのリアフェンダー

カブのリアフェンダーカットについて

カブのリアフェンダーをカットする人は多いが、鉄製フェンダーなのでDIYでやるのは少しハードルが高い。カットした後のスムージングや錆び止めも面倒。が、カブカスタムはリアフェンダー後部がプラスチック製でボルトで止まっているだけなので、それを外すだけ後ろがスッキリする。

12年不動車だったカブ90カスタム

カブカスタムをベースにするメリット・デメリット

ノーマルではカクカクした見た目がかっこ悪いカブカスタム。でも、ハンドル径が22.2㎜だったり、リアフェンダーを切る必要が無かったり、カブ50カスタムだけノーマルで4速ミッションだったり(カブ90は3速ね)とベース車両には最適。が、カブ90ベースにはいくつかデメリットもある。

1つ目は角張ったヘッドライトやサイドカバーが採用されていること。これは好みだし、嫌だったら他のカブのパーツに交換すればOK。どうにでもなる。

2つ目は大きくてダサいスピードメーターに燃料計がついているため、リザーブコックがないこと。ガソリンタンクもリザーブ無し設計なので、タンク下のガソリン取り出し口が1つしかない。後からリザーブコック有にするときはタンクごと変える必要がある。ガソリンタンク上部に燃料計用の配線もあって、カスタムの際はこれも邪魔になる。

ワシはカスタムの大きなメーターが嫌で取り外した。結果、燃料計が使えなくなったので他のカブ用のガソリンタンクに交換して、リザーブコック有に変更した。ガソリンタンク容量はどのカブも4Lみたいね。

4速化したカブ90カスタム

カブの4速ミッション化の方法

リトルカブや12Vモンキー、ダックス70やCD50、CD90の4速ミッションを移植したりする方法があるが、排気量によって手法が違うし、各ミッションのギア比が違う。
ワシは下記部品をヤフオクで揃えて4速化。どのくらいミッションの耐久性があるのかはテスト中。今のところ500㎞走行までは問題無し。
・Wave125互換 Special 1次側クラッチ用 4速ミッション
・ホンダ純正 21TキックスピンドルAssy ラチェットガイドプレートなしタイプ
・ホンダ純正 自動遠心4速ミッション用 ギアシフトアーム カブ
・ホンダ純正 Wave 4速 ロータリードラムAssy CD90 100EX カブ
・4速 ロータリードラム用の短いピン(純正品番96220-40100)
ワシはタイカブ100EX互換の4速ミッションやキックスピンドル

ザックリとした4速化の手順は下記に記載。
http://termyphoto.com/hondacub/7291.html

DIYでカスタムしたカブ90

現在の1987年式カブ90(97㏄化)のカスタム仕様

排気量:97㏄
ミッション:4速
キャブ:PC20
マフラー:B品モナカマフラー
その他:過激カムと強化バルブスプリング、軽量プライマリードリブンギヤー、軽量カムスプロケット
セッティング:メインジェット80、スロージェット38、クリップ位置下から2段目
燃費:都内の通勤走行で41.3㎞/L

97㏄カブの細かなパーツリストや整備記録は下記に記載。
http://termyphoto.com/maintenance/7209.html