思い出の二風谷 -Nibutani , Hokkaido , Japan-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

11082401
晴天の美瑛をたっぷりと堪能し北見市に移動したものの、翌日から北海道の天気は数日に渡って崩れ気味。…仕方がないので雨宿りのために平取町二風谷に戻ってきた。何日かゆっくりするのなら、どうしてもココが良かったんだ。

11082413
この地域は庭石用の石材販売が盛ん。幹線道路沿いに石材販売店がゴロゴロある。
11082402
二風谷は二風谷ダムを有する村。このダムを巡って裁判が起こったこともある。近代のアイヌ民族に興味がある人には少し知られた地域なんだよ。
実は私は大学時代にアイヌ民族のことをテーマにゼミで発表していたことがある。最初はアメリカのインディアンに興味を持ち、その流れで日本の少数民族にも惹かれていった。そもそもバイクで北海道に出入りするようになったのは、アイヌ民族のことを調べるようになったから。アイヌについて知りたい人はWikipedeiaでご自由にどうぞ。
11082403
で、二風谷アイヌ文化博物館にやってきた。最後にここに来たのは…12年前かな。
11082404
いちいち解説はしないので、写真だけ楽しんでってよ。
11082405
11082406
11082407
11082408
11082409
11082410
博物館の外にはチセと呼ばれるかつてのアイヌ住居を再現したモノが展示されている。
11082411
博物館前、国道237号沿いにあるアイヌ料理の定食屋。ここも懐かしい思い出の場所なんだ。
11082412
名物のキトビロ(行者にんにく)入りカツ丼。キトビロはニラに似た感じの山菜で、この地域の名物。醤油漬けにしたモノがこの辺りで売られている。素朴な味だけれど美味しいよ。
11082414
二風谷で一番楽しみだったのは「萱野茂 二風谷アイヌ資料館」。前館長の萱野茂さんがまだ存命中にここを訪れ。少しお話させてもらったのはイイ思い出。
11082415
資料館の敷地内に再現されたかつてのアイヌコタンの様子。
11082416
コロポックルの家。
11082417
11082418
資料館の館内。博物館ほど整然と民芸品が展示されているわけではないけれど、この雰囲気が好き。
11082419
イオマンテの写真かな?
11082420
11082421
11082422
私にとって二風谷は北海道の思い出深い場所の1つ。一般的なツーリングコースではないけれど、アイヌに興味がある人には知っていて欲しい場所だし、機会があれば是非訪れてみてよ。
さて、明日からしばらくはいい天気みたい。が、インターネット環境がないエリアをウロウロするのでブログの更新が滞ると思うぜ。ま、気長に待っとれや。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA