ぶらり竹田城 -Hyogo , Japan-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

12092601
天気が良かったので今日も外に出てみた。早くSR500の慣らし運転を済ましちゃわないとな。とりあえず500㎞を丁寧に走れば、一般道は普通に走れるようになるんだ。
ということでお気に入りのデカンショ街道を姫路方面へ。姫路に向かった理由は特にない。なんとなーくさ。

12092602
写真を撮りたいモノに出会ったらストップ。
12092603
なんでこんなモノを撮りたくなったのかはわからん。
12092604
夏が終わって、もうすぐ秋って感じだねぇ~。
12092605
姫路からこれまたお気に入りの国道312号を北上し、朝来市和田山町にある竹田城にやってきた。
12092606
これは立雲峡から見た竹田城。竹田城ってこんなところにあったんだね。
12092607
いつも国道312号を走るときは少し南側で生野銀山に向かう別の道に切り替えていたから、竹田城がここにあるなんて知らなかったや。
12092608
竹田城跡の散策は次回にとっておき、今日は立雲峡からの竹田城を見るだけにしておこっと。30分ほど、こんな山道をせっせと登っていく…
12092609
山の木々はもう秋めいてきている。
12092610
山登りなんて久しぶりだから、30分程度の上りでもしんどい。
12092611
立雲峡には竹田城が見られる展望ポイントが3つあるんだけれど。一番上からの眺めと真ん中の展望スポットからの眺めは大して変わらない。
12092612
う~ん、まぁまぁまぁ…かな。雲海が立ち込める竹田城のイメージで来たので、日中の景色はちょっとガッカリ。「日本のマチュピチュ」ってのはちょっと言い過ぎだ。もっと安っぽく「ナニワのマチュピチュ」くらいに留めておけば調度いいんじゃないかな。
12092613
竹田城近く、藤和峠を越えた集落にあった将軍杉。幹に取り付けられた大きな扉がド迫力だけれど、中に何かが納められているワケではないらしい。幹が傷まないように雨風を凌ぐために扉を取り付けた…とか言っていたな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA