戦慄の博物館、伊東市のまぼろし博覧会

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

旅とバイクとMINI by ターミー
怪しい少年少女博物館の後、近くに系列の「まぼろし博覧会」という博物館(と言っていいのかな)があると聞いて、大して期待せずに訪れてみた…が、ここが久しぶりに大ヒットな場所だった。

旅とバイクとMINI by ターミー
昔の台湾の博覧会…だったかな、をモチーフに最近作られた入場門。

旅とバイクとMINI by ターミー
館長! 入口でこの人に出会って、ここはひょっとしてとんでもない場所じゃないのって予感がしてきた。

旅とバイクとMINI by ターミー
おおお…悪趣味というかハイセンスというか…

旅とバイクとMINI by ターミー
これはひょっとして…

旅とバイクとMINI by ターミー
記念撮影用スポット。

旅とバイクとMINI by ターミー
ここは宗教も国境も越えた空間なのだ。

旅とバイクとMINI by ターミー
巨大な聖徳太子像。製作時にサイズを少し間違えたようで、頭部が少しカットされている。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
こういう場所は理解する必要はない、作り手の衝動をただ感じればいいのだ。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
古いモノって、特別なモノじゃなくても時間が経てばそれだけで特別なモノに変わる。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
グヘヘヘヘ…

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
なぜだか女風呂の展示も。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
昭和中期な若者文化が垣間見える。こういう場所を作っている人は40、50年代、生まれの人が多いのかな。その世代の人たちが20代前後だった頃のアイテムや時代に強烈な思い入れを感じるよ。

旅とバイクとMINI by ターミー
こういう秘宝館的な場所って40年代、50年代に生まれた人にしか作れない気がする。エログロというか昭和の闇というか、特定の時代の空気を吸ってきた人だけが作れる空気なんじゃないかな。

旅とバイクとMINI by ターミー
その世代の人が亡くなりはじめ、全国各地で秘宝館が無くなりつつあるのも残念。熱海に秘宝館が残っているらしいけれど、内部は撮影禁止なので行く気にならないのよね。個人的に記録に残せるってのがそこを訪れるかどうかの重要なポイントなのさ。

旅とバイクとMINI by ターミー
この辺りから、まぼろし博覧会のヤバさが発揮されてきた。

旅とバイクとMINI by ターミー
もう何を伝えたいのかはさっぱりわからないけれど、強烈なパワーを感じる。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
能面と鉄の処女の組み合わせがヤバい。この組み合わせのセンスはとてつもなくヤバい。ある意味天才だ。

旅とバイクとMINI by ターミー
作り手の脳の中を少しだけ覗いてみたいような…覗くのが怖いような…。上の世代の人にしか出せない世界観だ。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
ここからは村崎百郎というニッチな世界では有名な鬼畜系アーティスト(ライター?)の作品が展示、販売されているエリア。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
村崎百郎は2010年にファンに刺殺されている。

旅とバイクとMINI by ターミー
こんなに強烈なモノを見せられて、脳がドッと疲れてきた。自分の次元を超えるモノに出会って、そのパワーにやられると頭の中がグッタリしてくる。それだけここに惹きつけられているってことだね。

旅とバイクとMINI by ターミー
もう何がなんだかわからないけれど、

旅とバイクとMINI by ターミー
まぼろし博覧会に来て、伊東市のことが好きになっちゃった。これまで特に何のイメージも持っていなかった、伊豆半島のことも好きになったよ。

旅とバイクとMINI by ターミー
誰にでもススメられる場所じゃないけれど、

旅とバイクとMINI by ターミー
まぼろし博覧会、好きな人にはたまらない場所だと思うよ。札幌のレトロスペース坂会館、石川県のハニベ巌窟院、高知のカフェミシシッピ、愛媛の石手寺などと並ぶ、最強の戦慄のB級スポットだぞ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA