伊東市名物、怪しい少年少女博物館

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

旅とバイクとMINI by ターミー
昨日紹介した修善寺温泉や松崎町は伊豆半島観光ではオマケみたいまモノ。今回と次回紹介する観光地が伊豆半島観光で一番行きたい場所だったんだ。それがここ「怪しい少年少女博物館」。海沿いの国道135号を伊東市から下田市に向かって走っていると、この巨大な像が目に入ってくるはず。先日、河津桜を見に行ったときに見かけて、それ以来どうしても気になっていたのさ。

旅とバイクとMINI by ターミー
入口付近もなかなかいい怪しさ。

旅とバイクとMINI by ターミー
チケット売り場の上も怪しい感じ。

旅とバイクとMINI by ターミー
博物館内で販売されている書籍はどれもヤバいヤツ。「怪しい少年少女…」と少年少女という言葉が入っているのに勘違いしたのか、カップルや家族連れが来ているのもチラホラ見かけたけれど、そういう人が来る場所ではないと思うぞ。石川のハニベ巌窟院のように子供にはトラウマになる場所かもね。次に紹介する博物館の方がトラウマ級だけれど…

旅とバイクとMINI by ターミー
この雑然とした、昭和で怪しい感じ、たぶんワシの好みだ! 札幌のレトロスペース坂会館みたいだな。

旅とバイクとMINI by ターミー
後ろに掲げられたメッセージとマネキンのちぐはぐさがたまらなくイイ。

旅とバイクとMINI by ターミー
この手の場所には昭和のアイドルの展示が必ずある。

旅とバイクとMINI by ターミー
ヒトラーの人形…海外じゃ絶対に販売できないアイテムだ。今の日本でもアウトなんじゃなかろうか。

旅とバイクとMINI by ターミー
ホラーな展示エリア。

旅とバイクとMINI by ターミー
この辺から子供には見せたくないエリア。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
何故だかわからないけれど、見てはいけないモノを見た気がする…人間のドロっとした部分を覗いてしまった感じ。

旅とバイクとMINI by ターミー
人形の背後に、呪いの藁人形が大量に飾ってあるんだけれど、ゲストが書いたのか、スタッフが書いたのか、藁人形に実名が書いてあったので藁人形のアップの写真は自主規制。さすがにヤバそうだからね。

旅とバイクとMINI by ターミー
怪しい少年少女博物館の奥にはミニお化け屋敷があった。

旅とバイクとMINI by ターミー
手作り感満載で素敵なお化け屋敷だ。

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー

旅とバイクとMINI by ターミー
怪しい少年少女博物館、面白い場所でしょ? この近くに系列の「まぼろし博覧会」という別の博物館があって、そこも同じような場所かと思って訪れたら…まぼろし博覧会の方が飛びっきりヤバかった…

それは次回に紹介するね。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA