宇都宮の地下神殿と松が峰教会

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

宇都宮の地下神殿
夏休みの小旅行の写真のおすそ分け。旅の目的地は福島県の会津若松周辺だったけれど、一気に移動してしまうのはもったいない。そんなワケで一度も観光したことがない宇都宮市も観光してみることにした。宇都宮で一番行ってみたかったのはこの「大谷石採石場跡 大谷資料館」、宇都宮の地下神殿って呼ばれていることが多いかな。存在だけは以前から知っていたけれど、東京に引っ越してくる前、神戸に住んでいたときはなかなか訪れるチャンスが無かった。

15081102
大谷資料館は宇都宮の町外れ、こんなのどかな景色の中にある。JR宇都宮駅からも東武宇都宮駅からもバスで1本で行けるよ。ただ、バスの本数が限られているので何人かで行くのならタクシーもいいかもね。宇都宮はバスの値段が高いので、3~4人で行くならタクシーのコストパフォーマンスは高い。

大谷資料館 入口
大谷資料館の外観はこんな感じ。入口周辺も切り立った岩山がそびえたち、なかなかイイ雰囲気。

15081104
打ち棄てられたトラックもいい感じ。

大谷資料館 内部
地下神殿内部がこちら! 野球場がスッポリと収まるほどのサイズで、住宅建設用の大谷(おおや)石を職人が手で切り出していた場所。

15081106
こんな空間を人の手で作り出したのね。戦時中は軍用倉庫、戦後は食糧の備蓄庫などに使われていたみたい。今は映画や音楽PV、写真家の撮影にも使われている。

15081107

15081108
アートな展示も行われていた。

大谷資料館 もや
ところどころに換気用なのか、人や物の出し入れようなのか、地上と繋がっているスペースがある。内部の気温は年中10℃前後で、外との寒暖差からもやが漂っていた。

15081110

15081111
大谷資料館で撮影された写真の展示スペースも設けられていた。カメラ好きにはたまらない場所だよなぁ~。ワシもネットで紹介されていた写真を見て、ここに来たくなった。

15081112
スマホやコンデジだと光が足りなくて写真は撮りにくいかも、なるべく明るいレンズを持っていくのがオススメだよ。

15081113

大谷平和観音
大谷資料館の近くにはこんな磨崖仏もあるので、時間にある人はドーゾ。

宇都宮 松が峰教会
宇都宮市内は観光地はあまりない。美味い餃子を食べるのがメインになるのかな。ワシも餃子を食べてみたものの、絶品というほどでもないので特に紹介はしない。市内で見てみたかったのは東武宇都宮駅近くにある松が峰教会。

15081116
周辺はラブホテルなどが並ぶ風俗エリア。あまり活気はない感じ。

15081117
日本の教会ってなぜヨーロッパの教会のような上から迫ってくるプレッシャーがないんだろう。天井が低いからか、木材をところどころに使っているからか、どことなく柔らかい感じがする。

15081118

15081119
入場無料だし、宇都宮を訪れた人は是非訪れてみてね。

宇都宮観光:☆☆☆

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA