ちょこっと長崎観光 -Nagasaki city , Japan-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

14072701
うっすうっす。この1週間はいろいろグッタリしていて九州旅のブログ更新が止まっちゃっていたね。すまんすまん。あと、ブログURLを独自ドメインに変更したぞ。2か月後くらいにはこのドメインのまま、Wordpressのデザインに変更する予定。
ということで長崎市内の紹介ね。長崎市は過去に2,3度観光しているけれど、観光しそびれていた場所が結構あったのね。ちゅーわけで出島観光からスタート。

14072702
教科書にも出てくる、あの出島を再現した場所さ。
14072703
ビルに囲まれたレトロな建物ってのも悪くない。
14072704
こういう浮世絵チックな絵に白人が登場。
14072705
こういう絵は長崎じゃないと見られない。この辺が長崎オリジナルな魅力なんだろうな。
14072706
14072707
浦上天主堂へ。クリスチャンと原爆関係の施設はこれまでパスしていたんだ。
14072708
原爆の爆風にさらされたマリア像。
14072709
日本でクリスチャンのミサに立ち会うのは初めて…かな? 神道や仏教の儀式の雰囲気とは空気が違う。石造りの教会だから雰囲気が違うんだと思う。
14072710
長崎原爆資料館へ。原爆関係の施設は今年に入るまでずっと避けていたけれど、今年の春に広島を訪れてから向き合ってみる気になった。
14072711
知識としては原爆投下のことは知っているけれど、こういう資料と向き合うのは心がズシンと重くなっちゃうから観光旅行では避けていたんだ。
14072712
14072713
14072714
隣にあった国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館も訪れ…
14072715
山王神社の一本鳥居へ。
14072716
山王神社の境内には原爆で枯れかけた被爆楠もある。
14072717
日本二十六聖人記念館へ。この時代のキリスト教徒への評価はさまざま。殉教者として祀るのは…どうなんだろうなぁ…。亡くなった人は可哀想だけれど、あの当時の宣教師は植民地化の先兵としての顔も持っている。16世紀にキリスト教が日本に広まっていたら…仏教も神道も皇室も日本から駆逐されていたかもしれないよ。
14072718
ま、細かな話は置いといて、美術館に来た感覚で展示物を見ればいいか。
14072719
隠れキリシタンが祈りに使っていたマリア観音。仏像に似せて作ったマリアさ。
14072720
面白いデザインのステンドグラスやの~。
14072721
隣にはスペイン風の小さな教会があった。
14072722
中は普通の教会さ。
14072723
長崎観音(福済寺)へ…。
14072724
特に紹介することはねーよ。
14072725
他には諏訪神社に行ったり…
14072726
なぜ観光地になっているのかがわからない、めがね橋をチラっと横目で見たり…
14072727
祟福寺を散策したりしてみた。
14072728
祟福寺はなかなか個性的な寺院だったよ。
14072729
新地中華街はつまらん。
14072730
オランダ坂は前に散策済み。
14072731
14072732
大浦天主堂へ。なんでココはこれまで来ていなかったんだろう…と思いながら中に入ったら、内部は撮影禁止だった…だから見学したことが無かったのね。
14072733
んでもって夜は…
14072734
稲佐山展望台で…
14072735
夜景撮影のリベンジをしたとさ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA