福島県の宿場町 大内宿

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

15081209
今回の夏旅で一番楽しみにしていたのは福島県にある大内宿(おおうちじゅく)。現代に残る古い宿場町さ。宿場町は2014年に中山道の馬籠や妻籠を訪れたことがある。大内宿も同じくらい名前を聞く宿場町だから楽しみにしていた。2014年の1月に雪まつりに合わせて来ようとしたことがあったけれど、大雪で電車が遅延して来ることができなかった場所なんだ。

湯野上温泉駅舎
大内宿の最寄り駅、湯野上温泉駅。上下線とも電車の本数が少なくて、できれば車かバイクで来た方がいいと思う。ちなみに湯野上温泉駅は全国でも珍しい茅葺屋根の駅舎。駅舎の前で記念写真を撮る人がたくさんいたよ。

湯野上温泉駅
お盆だというのに駅がそれほど混んでいない。東北観光がまだまだ人気がないのか、電車で来る人が少ないだけなのか、どちらなんだろうね。

大内宿メインストリート
ここが大内宿。このメインストリートの1本だけが観光エリア。

15081205
土産物屋がたくさんあり、名物の高遠そばを食べたり、古民家カフェでお茶をしていたら3時間くらいは観光に時間はかかるかな。会津若松観光のついでに訪れる人が多そう。繁忙期の週末は会津若松~白河を結ぶバスも出ているみたいだね。

15081206
お盆だというのに思ったほど混んでいない。外国人の姿も他の観光地ほどではない。東北観光はまだまだ日本人が中心なのかな。

展望台から見た大内宿
以前、この景色をどこかで見て、それ以来ずっと来てみたかったんだ。ただ、岐阜県の白川郷と同じで、ここは雪が積もる時期に来た方が綺麗な気がする…冬の写真の方が断然綺麗だったもんね。

いくつか訪れた宿場町の中では岐阜の馬籠宿がベストだったな。ただ、アレは快晴の日の早朝の人が少ない時間帯に訪れたから抜群の雰囲気に思えたのかも。馬籠宿については後日ちゃんと紹介するね。

夏の大内宿:☆☆☆

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA