メガツーリスティック マラケシュ -Marrakech , Morocco-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

13111001
エッサウィラからバスに揺られて3時間、モロッコで一番有名な観光地、マラケシュにやってきた。バスの予約なんてせず、早朝にエッサウィラのバスターミナルに出向くと朝イチのバスは満席。運よくキャンセルが出たから乗れたものの、今のモロッコは旅行シーズン。危なかったぜぇ…。
で、ここはマラケシュのメディナ(旧市街)で一番有名な場所、ジャマ・エル・フナ広場。ここは数多くの屋台が立ち、大道芸人が芸を披露する夜の方が有名。昼間は(夜に比べれば)のんびりとした雰囲気。それでもたくさんの人が往来しているけれどね。

13111002
マラケシュのメディナはこれまでになく造り込まれた感じ。旧市街と呼ぶには整備され過ぎじゃない? …広場の奥の方に行ったり、一歩細い路地に入れば、また印象が違うんだけれどね。
13111003
このメディナは世界遺産に指定されている。世界遺産に指定されるとそう簡単に指定エリアの環境整備はできないはず。なのに、何でこんなに街並みが綺麗なんだろう? 文化遺産は自然遺産より縛りが少ない?? それともジャマ・エル・フナ広場は世界遺産の指定エリアから外れている???
13111004
とりあえずスーク(市場)に足を踏み入れてみる。が、ワシは人ごみは大の苦手。たぶん、ここのメディナは好みじゃない気がするけれど、だからと言って、ここまで来たのに行かないのも嫌。予想外のモノに出会えるかもしれないしね。
13111005
どことなくイスタンブールのグランバザールを思い出す………って旅の最中に「ここは○○に似ている」と思い始めるのは旅に疲れて飽き始めている証拠。アメリカ横断で好奇心をかなりすり減らしているのかもしれない。アメリカからモロッコに飛んできたので、友人どもが「ターミーはまたユーラシアを横断するの?」って質問してきたけれど、それはない。もう長旅をする気力は残っていないんだ。前回の旅で立ち寄り損ねた一握りの観光地を訪問して、久しぶりにシチリア島の友人を訪ねたら日本に帰るよ。
13111006
お店の数が異常なほど多いものの、扱っている商品は他のメディナと大差はない。
13111007
晴天の中、ズンズンと奥まで入っていく。手持ちのタブレットにGPS機能があるから、迷子になっても問題はない。少しくらいの迷子は楽しみたいので、あまりGPSは使わないつもりだけれどね。
13111008
スークをブラブラしていると、たまに小さな広場に出会う。
13111009
13111010
13111011
高い建物の屋上にカフェがあった。屋上からメディナを眺めてみよっかな。
13111012
なかなか…
13111013
エエ眺めやん。
13111014
で、またスークに戻り…
13111015
適当に歩き回り…
13111016
人ごみに飽きたので人気のない裏路地に入ってみる。
13111017
ホントに…
13111018
ガランとしているのね。ワシは方向感覚にはかなり自信があるけれど、こんな背の高い路地だと太陽の方角がわからないし、路地がグネグネしていて行き止まりも多い。危うくホントに迷子になりそうだったよ。
13111019
ベン・ユセーフ・モスク。イスラム教徒以外は中に入れないので、外から眺めただけ。
13111020
ブラブラ…
13111021
ぶらり…
13111022
ジャマ・エル・フナ広場から離れるほど、だんだん生活感が出始めた。
13111023
13111024
革なめし職人地区に到着。…狙ってきたワケじゃなく、生活感のある地域を歩き回っていたら偶然たどり着いただけ。
13111025
エエやないかい。
13111026
ふむ。
13111027
ふむふむ。
13111028
せっかくなので、革なめし職人の工房を覗かせてもらうことにした。内部は案内人と一緒に歩き、最後にいくらかチップを渡さなきゃいけないルール。
13111029
ここでなめされている革は全部ラクダの革だって。
13111030
13111031
マラケシュのメディナも奥の方に入れば観光客はあまりおらず、ローカルの生活が垣間見られる。
13111032
マラケシュのメディナは道案内でチップをせびろうとするヤツや大麻の売人が多くて面倒臭いけれど、お散歩するには悪くないかな。でも、この先訪れるいくつかの街もメディナが観光の目玉…さすがにそろそろ飽きてきたかも。訪れる街を少し減らそうかな…。
13111033
ニューヨークで散々に見てきた壁の落書きも、アラビア語で描かれると新鮮。クオリティが低くてもモロッコにはこのぐらいが似合っている。
13111034
まだまだ時間があるのでメディナの南、史跡地区にも行ってみることにした。これはジャマ・エル・フナ広場近くにあるミナレット(尖塔)、クトゥピア。ここから南に行けば史跡地区にたどり着く。
13111035
で、史跡地区に来たんだけれど…
13111036
…つまらん。全然面白くない。
13111037
生活感が溢れるスークの方がやっぱり好きだわ。
13111038
13111039
13111040
史跡地区の城壁の周囲をグルっと散歩して…
13111041
気になったところに適当に顔を出していたら…
13111042
マラケシュに夕暮れが訪れた。
13111043
ジャマ・エル・フナ広場が次第と賑やかになり始める…。
13111044
昼間は歩きやすかった広場に人の波、波、波!
13111045
夕暮れからは食事の屋台もうじゃうじゃと湧いてきた。
13111046
13111047
13111048
オレンジジュースの屋台は昼間からある。
13111049
広場近くではスークも夜遅くまで営業中。
13111050
夜のジャマ・エル・フナ広場に現れる大道芸人たち。写真を撮るとめざとくチップを要求されるので、あまり写真は撮っていない。
13111051
夜のジャマ・エル・フナ広場の熱気はすごいモノがあったけれど、やっぱりワシは人ごみが苦手。早々に退散し、その辺のレストランでモロッコ名物のクスクスを食べて帰ったとさ。
モロッコのメディナにそろそろ飽きてきた。そんなワケで少し南下して、モロッコの田舎を堪能してくるよ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA