サハラ砂漠への道 -Tunis to Matmata, Tunisia-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10062501
3泊もしたチュニスを後にし、いよいよチュニジア南部へと出発だ! チュニジアの道はイタリアより走りやすい。道路はちゃんと舗装されているし、交通マナーは常識の範囲内で悪いだけ。しかも、交通量は大したことがない。SRのようなスピードが出ないバイクで走っていてもストレス無く走れちゃうぞ。ただ、アスファルトの質はあまりよくない。タイヤのグリップが少し悪い。シチリアもそうだったんだけれど、猛暑の地域のアスファルトは他の地域とちょっと違うのかもね。
あ、ちなみにチュニジアはガソリンが安いよ。ちゃんと計算していないけれど、たぶん1L=1TDちょい(80~90円の間)だと思う。

10062502
1枚目の写真のような荒野や、シチリアでも見かけたようなオリーブ畑の中を延々と走る。走りやすい道なのはいいんだけれど、チュニジアの道は景色に変化が少ないのであまり面白くない。緑が少ないし、平野部ばかりだから刺激が足りない。
10062503
最初の目的地、カイルアン(Kairouan)に到着。
10062504
ここにはこんな綺麗なグランドモスクがある。城壁のように見えるけれどモスクだよ。
10062505
このモスクはイスラム四大聖地の1つなんだってさ。私はトルコで現地の友人にそそのかされてコーランの一節を唱えたことがある。これをしちゃうと形式上はイスラム教徒になっちゃうらしい。そんなわけで、軽~くイスラム教徒な私だから聖地巡礼はしておかないとなー。…アラー・アクバル(イスラム教徒のお祈りね)!
10062506
いままで見たモスクと建築様式や色合いが違うけれど、これはこれで素晴らしい。…アラー・アクバル!!
10062507
ジーク・ジオン!!!
10062508
しかし、このモスク周辺は人通りが少なすぎるね。本当に四大聖地なの? ま、写真が撮りやすいからいいや。
10062509
またまた走っちゃおう。6月後半のチュニジアは思ったほど暑くない。陽射しが強いので歩いていると暑いんだけれど、バイクで走っているとなぜか少し涼しく感じるのよね。バイクで走行中はTシャツの上に長袖のジャケットを着てちょうどいいくらい。
10062510
続いてはエル・ジェム(El Djem)にある古代ローマのコロッセオ(闘技場)へ。ここは世界遺産なんだってさ。チュニジアは小さな小さな国なのに世界遺産が結構あるんだね。
10062511
ローマのコロッセオより一回り小さいけれど、それでも充分に迫力がある。古代ローマのコロッセオの中では3番目に大きいんだって。
10062512
中に入っちゃおう。
10062513
保存状態がいいので、内部のあちこちをお散歩できる。
10062514
回廊をブラブラ。
10062515
10062516
10062517
闘技場内に足を踏み入れる。2000年近く前はここで剣闘士がガチンコで殺しあっていたのだ。
10062518
闘技場の地下も観光客に開放されている。
10062519
地下は…何に使われていたんだろうね。出し物のギミックの保管場所や剣闘士の待機場だったのかな?
10062520
明かりのない地下通路。目を閉じるとかつての剣闘士の息遣いが聞こえてきそう。
10062521
10062522
例によってコロッセオ周辺は土産物屋がひしめく。
10062523
でも、売り子は寝転んでいたりとヤル気がない。ま、暑いから仕方がないか。ボチボチ頑張ろうね。
10062524
10062525
観光客用のラクダもヤル気がない。
10062526
またまた走り出そう。カイルアンもエル・ジェムも潔いことに見所が1ヶ所ずつしかない。だからわざわざ宿泊するほどの場所じゃない。
10062527
休憩で立ち寄ったロードサイドのカフェで、すんごい気になるモノを発見。
10062528
寝ている羊たちの上を見てみると、生皮を剥がれた羊さんがいるじゃないの! 仲間の死体のすぐそばがオマエたちの生活圏なのか……非常にシュールな現実がここにある。人間の中にも知らず知らずにこんな生活をしちゃってる人がいるよね。
10062529
少々憐れだけれど…実にコミカルな光景だ。
10062530
羊を焼くおじさんの前には、しっかり飾られたもう1体の生皮羊がいた。神聖なる食物連鎖を侮辱するモニュメントだな。でも…せっかくだから、これをデコ生皮羊と名付けることにしよう。
10062531
で、サハラ砂漠のほぼ東の外れにあるマトマタ(Matmata)に到着。チュニスからマトマタまでは400kmちょっとくらい。途中の街で1、2泊するつもりだったんだけれど、日が暮れる前にマトマタに到着しちゃった…。で、ココが本日の宿。村で声をかけてきた客引きに着いてきたんだけれど、綺麗な広い部屋でプールがあって朝食夕食付きでなんと30TD(2000円弱)! 朝晩の食事がついていて、この値段は安いなぁ~。最初は50TDって言われたんだけれど、25TDの宿を知っていたのでそこに向かおうとしたらディスカウントしてくれた。まだハイシーズンじゃないなから強気に交渉できたんだ。
10062532
2000円のプランでも夕食はちゃんとしたモノが出てくる。
10062533
ボリュームたっぷり。
10062534
北アフリカ名物のクスクスも食べられるぞ。
10062535
もう1品出てきた上に食後のデザートにスイカも出てきた。ちょっとボリュームがありすぎて食べ切れんかった…。
10062536
なんとなく宿の看板猫をパチリ。
マトマタはサハラ観光の基点になる街の1つ。この街周辺をブラブラしながらサハラを楽しみ尽くしちゃうぞ!!

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
One Comment
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    スターウォーズの撮影地ですよ。
    どこの街で撮ったのかは知らないけど、
    カイルアンの写真がスターウォーズっぽいですね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA