チュニジア最大の古代ローマ遺跡! -Dougga , Tunisia-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

10070301
タイトルだけは気合を入れてみたものの、連日の古代ローマ遺跡に実は少々飽き飽きしちゃっている。昨日、スベイトラ遺跡を存分に楽しんだばかりなので、今日は遺跡って気分じゃないのだ。でも、今日訪れるドゥガ(Dougga)遺跡はチュニジア最大、北アフリカ最大の古代ローマ遺跡らしいので、一応覗いてみないとね。そんなわけで、ドゥガ遺跡に向け、昨日までの荒野の景色とは違う草原地帯をひた走る。

10070302
牧歌的な景色の中、のんびりのんびりバイクで走る。交通量が少なく、ほとんど真っ直ぐな道をただ走るだけなので、ほとんど無意識に運転できちゃう。何も考えていないようで考えている、考えているようで考えていない。そんな悟りの境地でツーリングしちゃった。
10070303
景色をボーっと眺めながら、ほとんど無意識にいろんな考えごとをする。チュニジアの後はどんなルートを走ろうか、ヨーロッパの後はどんな旅をしようか、いろんなアイデアが浮かんでは消え、浮かんでは消えていく。バイクで走りながら、こんな風に考えごとをするのは大好き。バイクの運転中にボーっと考えて浮かぶアイデアって、なかなかGoodなモノが多いのよね。わざわざ時間を取り、真剣に考えて浮かんでくるアイデアなんてロクなモンじゃない。
10070304
腹が減ったらロードサイドのカフェで羊肉をオーダー。チュニジア人は大食漢が多いので、羊肉をオーダーするときはいつも「1kgでいいか?」と聞いてくる。そんなに食えねーよ! こないだチキンをオーダーしたときなんて、鶏の丸焼きが1羽まるごと出てきてビックリした。
10070305
肉とサラダとコーラのランチでございます。そうそう、チュニジアではコーラをオーダーするときは「Coka Cola」と正式名称で言うか、「Cokaをくれ」ってオーダーしないと通じない。「Cola」や「Coke」って言っても理解してもらえないぞ。確か、イタリアでもそうだった。
10070306
スベイトラから200kmほど走り、ドゥガ遺跡に到着。確かに遺跡の規模は大きいけれど…お昼に来ると暑くて仕方がない。しかも、今日はいつも以上に暑い日なので遺跡散策をする気が失せそうだ…。チュニジアにもついに本格的な夏がやってきたのかな?
10070307
遺跡についての前知識がないので何を見たらいいのかがわからん。ま、とりあえず歩こう。迷わず行けよ、行けばわかるさ。
10070308
こんな感じのデカイ建物を見てればイイんじゃネ?
10070309
む? これは何だか重要なモノっぽいぞ。
10070310
カンボジアのアンコール遺跡群のストゥーパみたいだね。
10070311
遺跡公園内の丘のあちこちにはオリーブの木が植えられていて、丘の上から見る眺望はなかなかのモノ。
10070312
夏以外の季節か、夏の朝早くに来れば、ここも涼しくて気持ち良さそうだな。今日は来る時間を間違えたや。
10070313
汗をダラダラ垂らしながら石畳を歩き回る…
10070314
たぶん、このドゥガ遺跡がこの旅最後の古代ローマ遺跡になると思うんだ。だから、少々暑くてもちゃんと見て回らないとな。
10070315
どこの古代ローマ遺跡にもある円形劇場。…また円形劇場か…。
10070316
………
10070317
………………ハイ、ちゃんと見ましたよ。スゴイスゴイ。
10070318
眺望のいいテラス。
10070319
キャピトルと呼ばれる神殿跡。………神殿も…別にもう、いいんだ。スベイトラの神殿の方が好みだったかな。
10070320
10070321
10070322
神殿横にある広場。
10070323
10070324
この円盤には何て書かれているんだろ? こういうのはちょっと気になる。
10070325
門!
10070326
原っぱの中の遺跡!
10070327
とりあえず惰性で写真を撮ってみた。
10070328
オリーブ畑の真ん中にポツンとたたずむ碑。
10070329
ドゥガ遺跡の中では羊飼いが堂々と羊を散歩させている。世界遺産の中で育つ羊さんってわけか。
10070330
遺跡をウロウロしていると、たまに羊さんにメンチを切られちゃう。この遺跡の中では羊さんの方が先輩だもんね。アナタたちにちゃんと気を遣いながら見学するから、ちょっとだけお邪魔させてね。
10070331
10070332
何だかわからんが、とりあえず一通り写真は撮れたんじゃないかな。
ドゥガ遺跡の後は首都チュニスまでまっしぐら。本当は北部の海岸沿いの街タバルカにダイビングしに行こうと思っていたんだけれど、気が変わったのだ。だって、一人でダイビングしても何だか空しくなりそうなんだもん。英語を話せるお客さんでもいたら、新しい出会いを楽しめるかもしれないけれど、チュニジアの観光客のほとんどは英語を話せないフランス人だもんなぁ…。
10070333
チュニスまでの帰路の途中。懐かしいモノを発見。
10070334
鉄塔を不法占拠した鳥の巣だ。ウクライナからギリシャにかけては、こんな鳥の巣をよく見かけたよなぁ~。
10070335
ひたすら続く草原の景色を楽しみつつ、2週間振りにチュニスの街に戻るのであった。
二度目のチュニスではヨーロッパに戻るフェリーの手配くらいしかもうすることがない。たぶんフランスのマルセイユ行きのフェリーに乗ると思う。でも、いつのフェリーに乗れるのかはまだわからない。月曜日の朝イチにフェリー会社でチェックしなきゃな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
3 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    チュニジアはもう出るのかー。
    砂漠の風景は新鮮だったな。
    遺跡と羊の写真が気に入ったから携帯の待受けにしたぜ!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    順調にフェリーのチケットが取れたら火曜か水曜には出国してフランスに向かうよ。
    もし船が混んでいたら北部のビーチに遊びに行っちゃうかも。

  3. SECRET: 1
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    次はフランスですか♪♪
    ご安全に!
    あははは~~♪
    フェリーの上でヒマだったら
    でっかい海をバックに指輪をお願いね(笑)
    ※ビーチに寄ったら
     画像UPしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA