LMLスターデラックス 4S 125 コイルトラブルでエンジン不調

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
LMLスターデラックス 4s 125

自作のコイルステーが振動で壊れかかっていた

先日、LMLスターデラックス 4s 125にASウオタニのSPIIパワーコイルを自分で適当なステーで取り付けたけれど、ステーを固定するボルトが振動で片方外れちゃった。走行中にエンジン回転数がおかしくなり、路肩に停めてコイルをチェックして発覚。

LMLスターデラックス 4s 125コイルトラブル

写真のボルトからナットが脱落し、グラグラになっていた。それで点火が不安定になり、走行トラブルになっていたんだろうね。もう片方のボルトも脱落寸前だったので、積載工具で片側をしっかり固定し、家までゆっくりと帰宅。前にステーを自作したときのボルトとナット、スペーサーが余っていたので、同じようにステーを作り直してロックタイトでナットを固定。これでしばらく様子をみよう。

4サイクルでもスターデラックスの振動は国産車に比べれば大きいってことなんだろうな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA