ZenFone 3 MAXからZenFone 3 ZE552KL(SIMフリー)に買い替え

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
旅とバイクとMINI by ターミー

ASUSのZenFone 3 MAXのディスプレイが割れちゃった

何ヶ月か前にiPhone6から台湾メーカーASUS(エイスース)のZenFone 3 MAXってモデルに乗り換えていた。そんなに電話もしないし、スマホアプリで遊んだりもしないので安いスマホでいいかな、と思い、昔ノートPCを持っていたASUSのスマホを選んだのさ。が、ZenFone 3はどのシリーズもディスプレイと背面にガラスが使われていて、落とすとガラスが割れやすい。ワシも初めてポロっと落として、ディスプレイは御覧のありさま。

旅とバイクとMINI by ターミー

スマホをSIMフリーのZenFone 3 ZE552KL(台湾版)に乗り換えた

で、乗り換えたのは同じASUS(エイスース)のZenFone 3 ZE552KL。台湾版の方が少し安かったのでAmazonで注文。AUだと台湾版にSIMカードを差すといろいろ問題があるみたいだけれど、Softbankや今、契約しているY Mobileでは問題無し。

旅とバイクとMINI by ターミー

裏側。一見ガラスが使われているように見えないけれど、表も裏もガラスなのでツルツルしている。だからこのままでは落としやすい。

旅とバイクとMINI by ターミー

背面のカメラも出っ張っているのでケースをつけないと危険だな。

旅とバイクとMINI by ターミー

ってことで耐衝撃ケースも購入。前のスマホもケースは使っていたけれど、もう少しタフそうなケースを購入。ディスプレイ用のフィルムも張っておいた。

素人なりにZenFone 3 MAXとZenFone 3 ZE552KLの違いを書いておくと、ZenFone 3 MAXは内蔵メモリが2GBしかなく、ZenFone 3 ZE552KLは4GB。ZenFone 3 MAXだとWebサイトを見ているとメモリ不足で読み込みが詰まることがあったけれど、ZenFone 3 ZE552KLだとサクサク動く。これだけでも買い替えた甲斐があった。カメラ性能とかは使わないからよくわかんねーな。

少しだけ不便になったのはZenFone 3 ZE552KLの充電ケーブルはUSB Type-Cって規格だったこと。これまで使っていた充電ケーブルはタブレットやIQOSと共通だったのに、スマホ専用ケーブルが必要になっちまった。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA