チリからアルゼンチンへ -Chile to Argentina-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

12030601
うーす。縦に長いチリをいそいそと縦断して、そっから東に移動してアルゼンチンのバリローチェって街にやってきたよ。

12030602
まずはサンティアゴからバスで南下して、チリのプエルトモンって町にやってきたんだ。
12030603
プエルトモンはつまらない町って聞いていたんだけれど、なかなかイイ雰囲気! 今のところ、チリで訪れた町はどこもいい雰囲気…というか南米に入ってから、つまらない町には今のところ出会っていない。
12030604
よかよか。
12030605
が、この町の魚市場は活気がなくてちょっと寂しい感じ。今はオフシーズンなのかも。
12030606
とりあえず魚介のスープを頂きましょ。
12030607
肉料理なんかもあったぞ。
12030608
道端でオリジナル音楽を売っていたオッサン。なんとなくピーンときて5枚ほどCDを買ってみたけれど、パソコンでCDが聴けないのでアタリかハズレかがわかるのは帰国後だな。
12030609
港町らしく船のグラフィティがあった。
12030610
地元の女の子たちに声をかけられて、なんとなく写真を撮ってあげる。チリに入ってから地元の人に意味もなく声をかけられるんだよねー。
12030611
アルゼンチンへの移動の前にオシャレなカフェで休憩。
12030612
カフェで売っていた土産物。
12030613
12030614
ということでアルゼンチンに入国。チリ北部は荒野の風景が続いていたけれど、プエルトモン辺りから緑が多くなり、アルゼンチンに入るとご覧のとおりの森林地帯に風景が変わる。
12030615
12030616
ナウエルウアピ湖畔の避暑地、バリローチェに到着。ここへはパタゴニアへの経由地として訪れただけなんだけれど、なかなかいい街。
※ちなみにこの湖には南米版ネッシーナウエリート」が生息しているという情報があるぞ!信じる信じないはアナタ次第!!
12030617
バリローチェでお世話になっているPunto Sur Hostelという宿。最初は1泊だけのつもりだったけれど、バスの日程とワシらの予定がうまくかみ合わず3泊することになっちゃった。
12030618
じゃ、ざっと街の様子を紹介すっか。
12030619
なんの銅像かは知らないけれど、ひどく落書きされクタびれた感じ。
12030620
チリでもそうだったんだけれど、アルゼンチンの野良犬も人懐っこくてカワイらしい。ちょこっと頭を撫でてやれば、しばらく後をついてきてボディーガードになってくれる。
12030621
12030622
12030623
12030624
バリローチェはスイスからの移民が作った街らしく、言われてみれば街並みはどこかスイスっぽい。湖畔に造られた街ってところもスイスっぽい。
12030625
12030626
12030627
12030628
レンタカー屋のオフィスがカワイイ。
12030629
12030630
12030631
カテドラル。
12030632
別角度からのカテドラル。
12030633
12030634
アルゼンチンにもグラフィティがたくさんある。南米はどこの町にいっても面白いグラフィティをたくさん見かけるのう~。
12030635
12030636
12030637
12030638
街で見かけたカワイらしいレストラン。
12030639
特に看板が素敵。
12030640
この街の建物はなんてこともない普通の建物であってもデザインや色合いが面白い。
12030641
12030643
バリローチェから南下するバスが明後日発なので、しばらくこの街でゆっくり体を休めるか。最近、ハイペースで移動しているから体が疲れていて、ちょうどいい休憩かもな。
12030642
バリローチェは街の郊外の風景が素晴らしいんだけれど、気が向いたら写真を撮りに行ってくるかも。
12030644
夜遅く…深夜のカテドラルにやってきた。
12030645
カテドラル前でボリビアを一緒に旅したチカちゃん、ノリ君、ケン君と待ち合わせしていたんだ。3人はウユニの後、ブラジルやアルゼンチンを回り、南米最南端を経てバリローチェで再会。
12030646
ここしばらくはずっとタカ君と2人で行動していたので、久しぶりに懐かしい顔に出会えると2人のテンションも上がる上がる。なので意味もなく、レストランのスタッフと記念撮影もしちゃう。
12030647
懐かしいのう~、このメンバー。ボリビアで知り合った旅仲間たちとは6月に鎌倉ゲストハウスで再集結する予定。数ヵ月後の再会が楽しみだわ。
じゃあの。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA