キューバは評価が難しい -Habana , Cuba-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

12052101
うぉーす、ご無沙汰。ワシの旅はほぼ終盤、もう特にやりたいことも行きたいところもないんだけれど、何となく興味を惹かれてフラっとキューバに行ってきた。慌しく動き回るのはもうゴメンなので、首都のハバナで1週間ほどゴロゴロしただけなんだけれどね。で、キューバでは高級ホテル以外にインターネットが使える場所がなかったのでブログの更新も滞ったわけさ。

12052102
ゲバラに興味があるわけでもなく、世界遺産の旧市街に興味があるわけでもない。なぜキューバに来たのかって聞かれたら…建前上は社会主義国のキューバが変化していくサマを見ておきたかったって感じ。90年代ならロシアや中国、東欧諸国でも社会主義の崩壊が見られたんだろうけど今はキューバくらいでしかその様子が見られないんだ…と思って来たけれど、少しだけ来るのが遅かったかも。だって今のキューバではアメリカや南米のスペイン語TV放送が普通に流れていて、外の世界の情報が当たり前に入っているんだもん。だから若い世代はかつてのキューバ革命にはあまり興味は無さそう。外から入ってくる文化や金儲けのチャンスにギラギラしているヤツも多い。
12052103
ハバナの街ではキューバ革命以前に持ち込まれたアメリカのヴィンテージカーがあちこちで走っている。
12052104
こういう車を眺めるのもキューバに来た目的の1つ。
12052105
12052106
そうそう。キューバ人はかなり人懐っこい。モノを売りつけようと話しかけてくるヤツも多いけれど…
12052107
ただの好奇心で話しかけてくるヤツもまだまだたくさんいる。
12052108
キューバ人はカメラを向けられるのが好きみたい。
12052109
キューバには日本人の旅仲間と一緒に来たんだけれど、基本的に一人で行動しているので紹介はナシ。あんまり観光意欲がないのでお散歩するだけで充分なんだ。キューバって、観光地としてはあまり魅力的じゃないんだわ…。かと言って、つまらない国ってワケでもない。この国の魅力は言葉で伝えるのが非常に難しい………ま、別に伝わらなくてもいいか。
12052110
お散歩しながら適当に車の写真を撮って回る。
12052111
ハバナのヴィンテージカーは日常の足として酷使されているモノばかりなので、見た目はあまり綺麗ではない。でも、その方がリアリティがあってワシ好み。乗り物は走らせてナンボだもん。
12052112
車のことはあまり詳しくないんだけれど、日本に持って帰ったら貴重なモノもあるんだろうなー。
12052113
そこら中にゴロゴロヴィンテージカーが転がっているので、ヴィンテージバイクもゴロゴロあるのかと思いきやそうでもない。古いバイクは確かにあるんだけれど、期待していたようなバイクではないんだ。
12052114
結局、ヴィンテージバイクはハーレーのサーヴィカーを1台見かけただけ。コイツは観光客用に仕立てられたモノで日常の足ではない。昔はゴロゴロあったはずのヴィンテージバイクはどこへ消えたんだろう??
12052115
その辺のバーで音楽を聞いて…
12052116
古本市を冷やかして歩く…
12052117
12052118
今月からキューバは雨季に入ったらしく、ハバナに滞在していた1週間の間ほとんど青空に恵まれることはなかった…。
12052119
天気が良くないと写真を撮る気になれないんだなぁ…ということでハバナの街並みの写真はあんまりない。
12052120
代わりに珍しく人の写真を撮ってみた。
12052121
その辺のガキ。
12052122
12052123
恒例のグラフィティの写真ももちろん撮ったぞ。
12052124
12052125
12052126
12052127
12052128
12052129
街を歩いていると「ワシを撮りなさい」と声をかけてくるジジイも多いけれど、自分から声をかけてくるヤツはだいたい後でお金を請求してくる。でも、しつこくないから無視してもOK。
12052130
よくわからない美術展も覗いてみた。
12052131
12052132
かつての城塞を利用した警察署とポリスバイク。
12052133
12052134
12052135
12052136
12052137
そんなこんなでハバナでの1週間が終わったんだけれど、「社会主義国はもう世界のどこにもない」それを体感できただけでキューバに来る価値はあったかな。旧ソ連や中国やキューバ…理想論を掲げた国は世代を経ると中身がスカスカになってしまい、別のモノに変質しちゃうみたい。
12052138
でも、キューバ人は実に楽しそうに生活している。今、社会のガラガラポンの真っ只中にあるキューバだけれど、美味いメシ、美味い酒とタバコ、いい音楽とイイ女、それだけあればイイじゃないか。そんな感じの国だったよ。
そんなわけでメキシコに戻ってきて、またコスメル島で休養中。日本行きの安いチケットを探し、いよいよ帰国するんだけれど帰りはたぶんニューヨーク経由になると思う。キューバを訪れてみたら、ニューヨークにもふと行ってみたくなったんだ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
2 Comments
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ポリスのバイク、ビラーゴじゃないですか(≧∀≦)?!!
    ヴィンテージカーが街中に走ってる感じ…素敵です!
    日本に帰って来られるの、楽しみにしてます(*^_^*)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今はまだクラシックカーだらけだけれど、たぶんあと10年もしたらクラシックカーは国外に売られて街並みもだいぶ変わっちゃうんじゃないかなー。もうそんな流れが始まっているらしいもん。
    今のこの雰囲気がいつまで楽しめるのかはわかんないから、キューバに興味があるのなら早めに行っといでー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA