イサベラ島で動物観察 -Islas de Galapagos , Ecuador-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

12040101
まいど。サンタ・クルス島を離れ船で3時間、イサベラ島にやって来た。サンタ・クルス島にはガラパゴス諸島で一番大きな町があり、まずはそこが拠点になるんだけれど、ガラパゴス固有の動物を見ようと思えばイサベラ島の方がいろいろな固有種が楽しめるんだ。イサベラ島の方がのんびりした雰囲気だし、ロングステイにはオススメ。

12040102
イサベラ島は道路が舗装されていなかったり、町に人通りが少なかったり、のんびりした雰囲気がスゲー気に入った。少々不便なのかもしれないけれど、この島はじっくり滞在したい好みの雰囲気。
12040103
沖縄ののどかな離島に似た印象を受ける…帰りの飛行機が決まっているので時間がないんだけれど、ここで10日間とかのんびりしたいわい。
12040104
これが町のメインストリート。鄙びた町だけれど、たいていのモノは揃っているから安心していいよ。
12040105
ワシらがお世話になっているPosada del Caminanteという宿。キッチン付きのファミリータイプの部屋を借りて、1泊1人10ドルなり。ガラパゴスって他の旅人が思っているほど物価は高くないんだ。
12040106
メインストリートまで歩いて5分くらいだけれど、周辺はご覧の通り何もない。いい感じでしょ?
12040107
宿にはハンモックスペースがあり…
12040108
WiFiの電波も飛んでいる。
12040109
宿のオーナーはスペイン語しか話せないけれど、面倒見がよく親切。
12040110
じゃ、イサベラ島の紹介をすっか。イサベラ島に限らず、ガラパゴスの海沿いではあちこちでウミイグアナを見かける。
12040111
12040112
ビーチでゴロゴロしているアシカも珍しくもなんともない。まったく人を恐れないので近づいて写真を撮っても大丈夫。
12040113
さ、ツアーに出かけますか。ガラパゴスは個人で行けない場所も多く、日帰りのツアーに参加することが多い。ちまみに今の時期はツアーはそれほど混雑しておらず、現地でその都度申し込めばOK。
12040114
ほな行くで~。
12040115
港に停泊している船にアシカが勝手に入りこんでいる…
12040116
オウァァァァァァ…
12040117
ペリカンも船でお休み中。
12040118
適度に休んだら海に飛び込んで…
12040119
涼む。オメーら、イイ生活してんなぁ~。
※写真はクニエちゃんからの頂き物。望遠レンズが無いからここまで寄った写真はワシのカメラでは無理。
12040120
海岸沿いをボートで回るとガラパゴスの固有種にたくさん出会える。
12040121
ガラパゴスアオアシカツオドリ
※写真はクニエちゃんからの頂き物。
12040122
ちっこいガラパゴスペンギンさん。
※写真はクニエちゃんからの頂き物。
12040123
12040124
※写真はクニエちゃんからの頂き物。
12040125
海沿いの小さな島に上陸。溶岩が固まってできた島みたいだね。
12040126
この島にはウミイグアナがうじゃうじゃ。
12040127
12040128
キミら、いったいどこを見つめているんだい?
12040129
12040130
アシカの繁殖地になっているビーチ。人間様は入ってはいけません。
12040131
気持ち良さそうじゃのう~。
12040132
12040133
またまたウミイグアナ。じっとしているのは日なたぼっこをして体を乾かしているかららしい。
12040134
12040135
12040136
12040137
じゃ、次の場所に行きますか。
12040138
ツアーの最後はシュノーケリングで締める。
12040139
ダイビングに比べれば見られる魚なんてたかが知れているけど…
12040140
たまにはこんなのんびりとした海もいいじゃない。
12040141
運が良ければアシカとも泳げるしね。
12040142
ひとしきり泳いだ後はその辺の島に上陸。
12040143
お昼寝中のアシカを発見。
12040144
起こさないようにそっと記念写真を撮ってみた。
こんな感じでイサベラ島一発目のツアーは終了。3時間強のツアーで一人20か、25ドルだったかな。細かい値段は忘れちまったわ。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA