プラヤ・デル・カルメンとセノーテ -Playa del Carmen , Mexico-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

12042601
うぉ~す! オマエら、ちゃんと歯ぁ磨いてから寝てるか~。ワシはグアテマラからユカタン半島のビーチリゾート「プラヤ・デル・カルメン」まで移動してきたぞ。この先に訪れる街、国はどこも数時間の移動で行けちゃうとこばかり。残りの旅路はのんびり移動しながら楽しむぜ~。

12042602
プラヤ・デル・カルメンの街並みは…
12042603
ご覧の通り…
12042604
だよ。
12042605
土産物屋でルチャ・リブレ(メキシカンプロレスね)のマスクが売られているのは他の街と同じ。
12042606
12042607
ここではマクドナルドもオシャレ。
12042608
この街のビーチは…
12042609
異常なほど砂浜が美しい…。
12042610
が、プラヤ・デル・カルメンを訪れたのはビーチでのんびりするのが目的ではない。近郊にあるセノーテと呼ばれる地下洞窟にダイビングをしに来たんだ。ユカタン半島にはたくさんのセノーテがあるんだけれど、ここはドス・オホスというポイント。
12042611
ウユニ塩湖とセノーテが中南米の旅の最大の目的! じゃあ、楽しんじゃおうかな~。
12042612
エントリーポイントは…
12042613
こんな美しさ。
12042614
さっそく潜ってエントリーポイントを眺めたらこんな感じ。…これはこれで美しいんやけど、水に差し込む陽射しのコントラストがもっと美しいはずなんだけどなぁ~。
12042615
求めているのはこんな色じゃねぇんだ!
12042616
ま、とりあえず初の淡水でのダイビングを楽しむとするか。
12042617
12042618
レッツ、ダ~イブ! エントリーポイントから先の洞窟でのダイビングは日が差し込まず、ハンドライトだけで進んでいく。暗くて非常~に写真が撮りにくいし、別に紹介するほどのモンじゃないので割愛。ワシは水中に日が差し込む様子を見たいだけなんだ。
12042619
洞窟のところどころは地上に繋がっていて、日の光が楽しめる。
12042620
12042621
じゃ、適当にセノーテ出口付近の写真を紹介すっか。
12042622
ほれ。
12042623
ほれほれ。
12042624
ほれ。
12042625
セノーテは別にダイビングじゃなく、シュノーケルでもスゲー楽しめると思うぞ。写真を撮りたいのなら、酸素ボンベを背負って水底からじっくり撮る方が綺麗に撮れるだろうけどね。
12042626
しばらく一緒に旅をしているマリエちゃん。
…ということで念願のセノーテの紹介でした。ドス・オホスはまぁまぁ良かったんだけれど、イメージしていたほどの美しさではなかったんだな~。訪れた場所なのか時間帯なのか…何が微妙だったのかは知らないけれど、セノーテの実力はまだまだこんなモンじゃねーはず。次なる目的地、コスメル島でのんびりしたら、もう2ヶ所くらいセノーテ巡りをしてみよっと。
※旅仲間からの情報だと、チキンハ、タージマハのセノーテをオススメされたよ。チャックモール&ククルカンってところもいいらしい。有名なグランセノーテは別にダイビングじゃなく、シュノーケルだけでいいんだって。グランセノーテはツアーに参加しなくてもトゥルムって街からバスで行けるとの情報がアリ。
※この後、チャックモールに行ってきた。いろいろ情報収集した結果、光のカーテンはチャックモールがベストっぽい。あと、洞窟探検はどのセノーテでも大して変わらないし、あんまり面白くなかったぞ。綺麗な光のカーテンが見られればそれでいいかもしんない。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA