アメリカで撮影したストリートアート、グラフィティ – Graffiti art in USA-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

15082801
今日はアメリカで撮影したグラフィティや気になった広告の写真を紹介するね。アメリカはこれまで4度訪問している。最後に渡米したときはキャンピングカーをレンタルし、1ヶ月かけてアメリカ横断をした。その時にいろんな街のストリートで見かけた景色を撮影したので見てってよ。

この写真はグランドキャニオンからモニュメントバレーに移動するときに見つけた看板。なぜ、これが気に入ったのかは説明しようがないんだけれど、通りすがりで見つけて強烈に印象に残り、車を停めて撮影してみた。

15082802
どこの街で撮影したのか覚えていないけれど、いかにもアメリカらしい、絵になる景色でしょ?

15082803
これは…たぶんアルバカーキ州のどこかの田舎街で撮影したはず。バスを改装したカフェだね。

15082804
ポストのように見えるけれど、雑誌や新聞の販売スタンド。カラフルさが気に入って撮影。

15082805
ここからはラスベガスの写真ね。ラスベガスにはアートディストリクトという地域があり、そこにあるグラフィティを撮影したかったんだ。ラスベガスではストラトスフィア近くのキャンプ場に泊まっていたけれど、アートディストリクトはそこから歩いて行ける距離にあった。

15082806
日本や他の国のグラフィティとは違う、なんともアメリカらしいストリートカルチャーが楽しめた。

15082807

15082808
ニューヨークでもグラフィティの撮影をしたんだけれど、アメリカ西海岸のグラフィティはどことなくヒスパニックカルチャーが混ざっているように感じる。

15082809
どこがヒスパニック系? と言われても説明しようがないんだけれど、そう感じる。

15082810

15082811

15082812

15082813
日本のグラフィティはもっと文字や線が多く、こっそり描き殴って逃げるからじっくり時間をかけた感じはない。

15082814

15082815

15082816

15082817
いやはやアメリカらしい。ラスベガスに来たのはこれで3回目。普通の街並みはもう見てるし、ギャンブルには興味がないので旅仲間が観光している間、1人でこんな地域をウロウロしていた。夜は知らないけれど、昼間は治安の悪い感じはなかった。

15082818

15082819

15082820

15082821
ボクシングジムの看板。

15082822
壁には歴代の有名ボクサー(多分ね)が描かれていた。

15082823
ワシはグラフィティの作者に詳しくないし、芸術レベルもわからない。その街らしさが出ているグラフィティを写真に残したいだけ。

15082824
こういう写真を撮って公開していると「描かれる側の気持ちにもなって…」と言われることもあるけれど、それは描いた人と建物の持ち主の問題。許可を取って描いているのもあるだろうし、許可は出していないけれど気にしていないところもあるだろうね。その辺のこともいちいち調べたりはしない。

15082825
こういうカラフルなグラフィティを見るのが好きで、いつ消されるのかがわからないから記録に残しておきたいだけさ。

15082826
日本でもこういうカルチャーが少しずつ広まりつつある気がするけれど、別に広まって欲しいとも思っていない。自分の家の壁に描かれたら嫌だもんね。

15082827

15082828
こういう文化も受け入れる(黙認する?)アメリカって国は面白いね。いろいろ問題が多い国だけれど、その分、いろいろなカルチャーがストリートから生まれてくる。

15082829

15082830
ストリートカルチャーって日本からオリジナルなモノはなかなか生まれないと思う。でも、日本の良さや面白さはそういうところにはないと思うので、そこは世界の潮流を追いかける必要もない。

15082831
アンディ・ウォーホールがこんなイラストを描いていたっけ?

15082832

15082833
キャバレーなのかクラブなのかの広告。アメリカや中南米ではこういう絵が宣伝に結構使われている。だからグラフィティのような文化がすんなり受け入れられたのかな?

15082834
拙いタッチのグラフィティだけれど結構好き。絵の上手い下手じゃなくて味わいが好き。

15082835

15082836

15082837
他にも…

15082838
こんな…

15082839
グラフィティを撮影したのさ。

15082840
次回はニューヨークで撮影したグラフィティを紹介するね。ニューヨークでは撮影したグラフィティの枚数が多すぎて、何度かにわけて掲載すると思うよ。

ここ以外にも世界各地でグラフィティを見つけたら撮影してきている。いろいろなグラフィティに興味がある人は下記の記事もご覧あれ。
世界各地で見つけたグラフィティ - Graffiti art in the world-
ブルックリン モーガンアベニュー駅周辺のグラフィティ -Morgan Ave , New York , USA-
ブルックリンのグラフィティ in グリーンポイント -Green Point , New York , USA-
グラフィティの聖地、ファイブ・ポインツ -5 Pointz , New York , USA-
ラスベガスのグラフィティ in アートディストリクト -Las Vegas , USA-
グラフィティまみれのバルパライソ -Vina del Mar & Valparaiso , Chile-
北アイルランドに上陸 -Belfast , North Ireland-
タハリール広場の政治グラフィティ -Cairo , Egypt-
渋谷ストリートグラフィティ -Shibuya , Tokyo , Japan-
沖縄最終日はグラフィティ巡り -Okinawa , Japan-
大阪でグラフィティ探索! -Osaka , Japan-
他にも各地のグラフィティを紹介した記事はあるけれど、主要なモノは上記かな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA