取り壊し直前に撮影したファイブポインツのグラフィティ -Fivepointz, New York, USA-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

15082801
2005年くらいからだったかな? アメリカはハーレーの仕事で3年ほど毎年訪れていた。その時にアメリカらしい景色はざっくりと見ていて、それ以来アメリカにはそれほど興味は無くなっていた。ただ、ストリートアートに興味を持つようになり、またアメリカに行きたいという気持ちが強くなっていたのね。その一番の目的地がニューヨークにあるファイブポインツというビルだった。

15082802
ファイブポインツはグラフィティアーティストに開放されたビル(2014年に解体)で、1990年代からグラフィティまみれになり、世界中のストリートアート好きに知られていた場所なんだ。グラフィティ好きには聖地だったところ。

15082803
一応、ファイブポインツにグラフィティを描くにはデザインの提出が求められていたみたいだけれど、ストリートに近い場所は自由に描かれていたんじゃないかと思う。

15082804
どれが有名な作品で、どれが無名の作品かなんてわからないし、興味もない。

15082805
このいかにもアメリカらしい、ニューヨークらしい場所に興味津々で取り壊されるために訪れて見たかったんだ。念願のファイブポインツを訪れたのは2013年10月のこと。取り壊されるというニュースを2012年に聞いたのかな? ギリギリセーフで訪れることができた。

15082806
本当は2013年初頭に壊されるはずだったけれど、再開発の反対運動が起こってくれたおかげで何とか壊される前に写真に収めることができた。ファイブポインツには同じようなことを考えて世界中からやってきた人がいて(少しだけね)、ファイブポインツ好きというだけですぐに仲良くなることができた。

15082807

15082808

15082809

15082810

15082811
今後、こういう場所が世界のどこかに誕生することはあるのかな…治安の悪い地域でグラフィティまみれなところは今もあるし、今後もあるだろうけれど、そういう場所とはちょっと雰囲気が違うんだ。

15082812
いちいち描かれたメッセージを読んだりはしなかったけれど、北アイルランドの刑務所のまわりのグラフィティのように特別政治色が強いワケではない。

15082813

15082814
日本のグラフィティは夜のうちにこっそりと描き殴られたモノがほとんど、凝ったデザインや時間をかけて描かれたモノはこういう場所じゃないとなかなか見られない。

15082815

15082816
子供の頃に映画で見たアメリカはだいたいこういうイメージだった。そういう刷り込みが頭に残っていて、グラフィティに惹かれたのかもしれない。ワシより20ほど年上の人は西部劇やジーンズみたいな文化に惹かれたと思うけれど、ワシには80年代のアメリカのイメージが強烈に刷り込まれているのさ。


子供の頃のアメリカって、音楽で言うとこんな感じや…


こんな感じ。これがワシにとっての80~90年代のアメリカなのだ。

15082817
時計仕掛けのオレンジ、なグラフィティ。

15082818

15082819

15082820
細かな説明なんていらないでしょ? グラフィティを見て、単に好きか嫌いかだけ感じればいい。

15082821

15082822
再開発をしたいビルオーナーの気持ちはよくわかるし、取り壊しの反対をするのはどうかな、と思う。でも、こういうビルが無くなったのは寂しいね。

15082823
20年以上もビルの外壁をキャンバスに開放してくれただけでもありがとう、って感じかな。

15082824

15082825
こういうデザインの発想はカオスなアメリカならでは。

15082826

15082827

15082828
日本人が描いたんじゃないかってグラフィティもチラホラ。わざわざここまで来て、グラフィティを描いたのはどんな人なんだろうね。

15082829
ファイブ・ポインツは廃ビルではなく、内部はスタジオやアトリエとして使われていたみたいだよ。

15082830

15082831

15082832
イイね!

15082833

15082834

15082835
アンダーグラウンドなストリートカルチャーの聖地が1つ消えたのだ。もうファイブ・ポインツはない。

15082836
ファイブ・ポインツが無くても、ニューヨークをじっくり散歩すればグラフィティはあちこちで見つかるけれどね。次回はニューヨークで撮影した他のグラフィティを紹介するよ。

ここ以外にも世界各地でグラフィティを見つけたら撮影してきている。いろいろなグラフィティに興味がある人は下記の記事もご覧あれ。
世界各地で見つけたグラフィティ - Graffiti art in the world-
ブルックリン モーガンアベニュー駅周辺のグラフィティ -Morgan Ave , New York , USA-
ブルックリンのグラフィティ in グリーンポイント -Green Point , New York , USA-
グラフィティの聖地、ファイブ・ポインツ -5 Pointz , New York , USA-
ラスベガスのグラフィティ in アートディストリクト -Las Vegas , USA-
グラフィティまみれのバルパライソ -Vina del Mar & Valparaiso , Chile-
北アイルランドに上陸 -Belfast , North Ireland-
タハリール広場の政治グラフィティ -Cairo , Egypt-
渋谷ストリートグラフィティ -Shibuya , Tokyo , Japan-
沖縄最終日はグラフィティ巡り -Okinawa , Japan-
大阪でグラフィティ探索! -Osaka , Japan-
他にも各地のグラフィティを紹介した記事はあるけれど、主要なモノは上記かな。

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA