ハーレーでアメリカツーリング シカゴからルート66を走る - USA-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

08090101
ども! この写真はシカゴのシアーズタワーからの夜景です。と言っても今シカゴにいるわけじゃありません。2006年~2008年にかけて毎年アメリカに行っていたんですが、そのときの写真ね。この旅の終わりにアメリカには行く予定なんですが、これまでと同じルートは通らないと思うので過去の写真を紹介しておきまーす。記憶が定かじゃないので写真メインね。しかし…何年か前に撮った写真は今見るとちょいと不満があります。今ならこうは撮らないなぁ。

08090102
もういっちょシアーズタワーから。
08090103
シカゴにある有名なダイナー。ルート66のスタート地点近くにあるんだったかな?
08090104
名物の朝食。よく、アメリカのご飯は不味いと言われますが、なかなか上手かったぞ。
08090105
アメリカのフリーウェイ。大都市を離れればどこもこんな景色なのだ。
08090106
ルート66上のカフェ。
08090107
昔のガソリンスタンド跡。ルート66上には観光用に整備されたこういう建物がちょこちょこ残っています。
08090108
蜂蜜を買いに立ち寄ったお店のおばあちゃん。
08090109
わかりやすいロードサインですな。ちなみにルート66はシカゴからテキサスまでよりネバダからロサンジェルスの方が面白い。
08090110
ルート66上の古い橋。
08090111
アメリカらしいカフェ。
08090112
アメリカは歴史が浅い国なので、ヨーロッパではよく見かけたこの手の建築物はあまりない。これは教会だったかな?
08090113
ロードサイドのレストラン。アメリカらしいネオンサイン。
08090114
モーテル横に展示されていたクラシックカー。
08090115
これはテキサス辺りで撮影した、朝焼けの中を走るハーレー。
08090116
ガソリンスタンドの窓に描かれていたイラスト。
08090117
08090118
08090119
テキサスのステーキハウス。
08090120
ステーキハウス近くの荒野の中に何かを発見。
08090121
地面にキャデラックが埋められていました。アートとして作られたんだそう。キャデラックランチって名前の場所です。
08090122
これは…ルート66のちょうど真ん中にあるカフェ。カフェ前にミッドドポイントを示す標識があります。
08090123
モーテル。満室か空きがあるのかがネオンに示されていて非常に有難い。ヨーロッパもこんなシステムにしてくれたらいいのに。
08090124
ルート66上のクラシックカー博物館の前に掲げられていた車。
08090125
アメリカのクラシックカーは丸みを帯びたマッチョなデザインが素晴らしい。
08090126
08090127
延々と真っ直ぐに続く道。何時間も同じような景色の中を走りました。
08090128
古いポルシェ…だったかな。何かのイベントに向かう途中なんだと思う。
08090129
倒れかけの給水塔。別に観光地ではなく、道沿いで見かけたので撮影しただけ。
08090130
なんとなくアメリカ国旗。
08090131
たまーにある白人がインディアンを制圧していた時代の砦跡。遺跡と言ってもそれほど古くはない。
08090132
08090133
アメリカの看板は思い思いに工夫が凝らされていてなかなか面白い。
08090134
フリーウェイ? いや、一般道だったかな? アメリカの道はだいたいこんな感じ。
08090135
またまた夜明けの中を走るハーレー。
続く…

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest
One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA