積雪のニューメキシコ州 -Cortez to Taos , USA-

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

13101101
大陸横断11日目はニューメキシコ州タオスって町への移動日。のんびり移動するだけだから楽勝だと思っていたら、雪が降りやがった! 標高2000m前後の高地を移動しているので雪が降ってもおかしくないけれど、カリフォルニア州ではTシャツで大丈夫だったのになぁ…。

13101102
10月のこの辺りは我が地元、神戸の真冬より寒い。
13101103
暖房の効いた車での旅でよかった…。
13101104
13101105
13101106
どう見ても寒そうでしょ? ちゃんと気温は測っていないけれど、たぶん0℃前後の気温だったんじゃないかな。
13101107
こんな気温の中、バイクで旅するなんて自殺行為だぜ!
13101108
でも、こんなに美しい雪景色が見られるのなら寒くても我慢できちゃう。
13101109
日本でも海外でも、普段は夏前後を狙って旅をしているから、雪景色の観光なんて滅多ない。前に草津温泉や白川郷を訪れたときに雪景色もいいな、って思ったけれど、冬を楽しむ旅も悪くねーかも。
13101110
いいねぇ~。
13101111
雪模様の山岳地帯を抜け、標高を下げると青空が広がり、気温も上がってきた。
13101112
やっぱりアメリカは青空じゃなきゃな。
13101113
で、本日の目的地、タオスの郊外までやってきた。タオスまではあと一息なんだけれど、平原の中に妙な建物を発見。…美術館か何かかな?
13101114
周囲のあちこちにこんな建物がゴロゴロある。
13101115
せっかくなので立ち寄ってみよっと。
13101116
おお…
13101117
どうもコイツは個人の住宅らしい。
13101118
家が土砂に半分埋まっている。…たぶん、夏の暑さや冬の寒さを凌ぐために、こんな建築方法になっているんだろうな。
※ここはEarthship Biotecture Worldってエリアみたい。
13101119
いいねー、こういう家。
13101120
13101121
国道沿いには他にもこの手の家が建築中。
13101122
これが、この地域の伝統的な建築スタイル?
13101123
さらにタオスの町に近づくとリオ・グランデという川があった。この川は観光地らしいんだけれど、深い峡谷を流れているってこと以外に何がスゴいのかはわからず…
13101124
でも、リオ・グランデにかかる橋のそばにあったバス屋台が素晴らしかったんだ。
13101125
車体に描かれたイラストがポップ。
13101126
イイ感じに尖がってるでしょ?
13101127
まだタオスの町に入っていないのに、立ち寄りたくなるポイントがたくさんあって困っちまう。…タオスの町、好きになれそうな気がする。明日はタオス郊外のタオス・プエブロっていうインディアンの古い町を探検してくるぜ!

記事を共有Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA