世界最大の湖はバイカル! -lake Baikal ,Russia-

最終更新日

09062401
整備も完了し、いよいよウランウデを出て、西へと向かう。出発してしばらくは小雨がパラつく天気だったけれど、寒くもなくバイクで走るだけで暇なので晴れを願う歌(「晴れ、ハレ、ハレルヤ」という曲。なかなかの出来)の作曲にいそしんでいると…

09062402
何と晴れてきた! 大自然や神様に捧げたのが歌のルーツだと、確か学校で習ったけれど、お天気の神様にちゃんと届いたのね。

09062403
どんどん晴れてきて、雲一つない青空が広がってきた。今日は景色も天候も最高だ!

09062404
突然右手側に海が現れる!

09062406
ここは琵琶湖の50倍、世界最大の広さを持つバイカル湖さ。森が開け、いきなりバイカル湖が広がったのが感動的だ。広い、広すぎる、まるで海だ! きっと海に違いない!!

09062405
バイカル湖のそばを走っていたらノルウェーから来たライダーに遭遇、この人もこれまでにすれ違ったヨーロッパのバイク乗りと同じく、BMW R1200GSに乗っていた。モンゴルまで行って、元の道を戻るらしい。しかし、外国人はみんな荷物が少ないな、私が過積載すぎるのか?

09062407
バイカル湖周辺では気持ちいいワインディングも楽しめたよ。景色が変化に富んでいて、走っていて飽きがこない一日だった。この日はイルクーツクの先まで走り、ホテルを探したけれど、私の格好が汚かったからか、1つ目のホテルで「空き部屋はない」と冷たくあしらわれちゃった。が、この日はテンションが高かったので、それくらいでショックを受けることはない。そのまま先に走ることにして、200km先のガソリンスタンドでテントを張らせてもらったよ。深夜の真っ暗なロシアの道を走るのはちょっと怖かったけれどね。日が暮れると道のどこに穴が開いているのか、アスファルトが割れているのかが見えないので、ロシアでバイクを走らせるのは日が高い時間帯だけにした方が良さそうだ。

20代に仲間と起業、会社を売却し、30代前半はバイクでユーラシア横断やバックパックを背負って世界一周をして過ごす。30代後半に再び、仲間と起業し、また売却してただいまプー。趣味はダイビングと古いバイク、BMW MINIなど。 インスタグラムはこちら。 https://www.instagram.com/hoorootermy/

2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8ddf22d3a04a4d308ee56d261aa33717
    上から5枚目の写真、
    シベリア鉄道の車輌先頭が
    きれいに入ったカットだったら
    旅行会社orリース写真会社に高く売れたのに(笑)。
    後ろにバイカル湖が入っている
    この構図、旅行パンフでは
    定番のカットなんだよね。
    シベリア鉄道を途中下車して
    このカットを撮り直しに行く
    カメラマンなんていないから、
    非常に貴重なカットだよ。
    行く前に教えておけばよかったねぇ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先頭車両が入ってるカットもあるけど、陽射しがちょっと強くて色が薄いんだよね。ま、お金を稼ぎにきているのではないからね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする