ロシア人バイカーとの出会い、トムスクの炎の軍団 – Tomsk ,Russia-

最終更新日

09063001
この日の夕方はお世話になっている車の販売店の従業員の誕生日会があり、お祝いするために参加したらサプライズで私にもレインコートのプレゼントがあった! ロシア警察の知り合いからわざわざもらってきた警察用レインコート!! 袖がないタイプだけれど、ロシア警察のレインコートなんてプレミアアイテムじゃないの! かなりタフそうだ。ありがとう、アルチューム!
 
ちなみにこの日、旅が始まって最初の散髪をした。どの旅人も荷物をできる限り少なくしようとする中、私はマイ・バリカンを持参しているのだ。10mm以上髪が長くなるとロン毛のように感じられ、耐えられないからバリカンが必須アイテムなのよ!

09063002
で、夜はこの街のバイク乗りが集まるカフェへ向かった。その道中でロシアに降るタンポポの雪の写真撮影に成功。天気によってはこのくらい種が飛び交うのさ。
追記:ロシア人に確認したところ、タンポポだと思っていたこの種はポプラ(英語名:Cotton Wood)の種らしい。

09063003
で、トムスクのモーターサイクルカフェに到着。「ザサダ」って名前だよ。

09063004
お店の前にはかなりカスタムされた旧型のV-MAXが停まっていた。フレームまで塗り直されていて、かなりカスタムされているバイクだ。

09063005
XJRに乗る女性バイカーも発見。

09063006
1Fと地下にカフェがあり、バイカーは地下に集うみたい。店内の雰囲気はこんな感じ。ホントは店内はもっと暗いけれど、電気を全部つけてもらって撮影。

09063007
この日ここに集まったバイカーの大半は「コミュニティ オブ ファイヤー」というトムスクのモーターサイクルクラブの面々。炎の軍団とでも訳せばいいのかな。30万人ほどの人口のこの街で、バイク乗りは数百人しかいないそう。文字通り1%erだね。

09063008
彼らとビールを飲みながら会話。どのロシア人に会っても聞かれるのが「警察とトラブルはなかったか?」ってこと。道中の検問で書類不備などで賄賂を請求されるのはロシア人でも当たり前らしい。私は一度もなかったって説明すると驚かれた。道を教えてくれたり、紅茶をご馳走されたことはあるんだけれどね。ロシア語がわからないから、賄賂を請求されたのに気付いてなかったのかも。一度検問で「ロシアの免許を持っていないじゃないか」と言われたけれど、そのときは英語を話せるトラックドライバーが助けてくれたっけ。国際免許の存在を知らない警官もシベリアには多いみたい。

09063009
英語に堪能なメンバーがいるのでコミュニケーションには困らない。いやー、マジメに英語を勉強してきてホントよかった。日本語だけしか話せなかったら、旅の出会いはもっと少なかったはず。

ロシア人バイカーはみんな本人の特徴を反映した英語のニックネームを持っている。ファシストやアニマル、アングリー、ドクターなどなど。ファシストってあだ名はどうかと思うけれどね。

09063010
コワモテの兄ちゃんたちも多いけれど、前の仕事で日本でもそういう人種に出会っていたので別に気にならない。ちなみに、真ん中の髪の短い兄ちゃんがファシスト。ファシストのくせに帰りは車でアパートまで送ってくれた。優しいファシストじゃねーか。どちらかと言うとヒューマニストだろ、キミ。

09063011
彼らは昨日までモンゴルとカザフスタンの近くにあるアルタイ地方までツーリングに行っていたらしい。「遠回りになってもアルタイ地方は走っとけ!」と写真やビデオを見せてくれた。確かに綺麗だわ。

09063012
アルタイ地方の写真を見せてくれたアナトリー(ニックネームはアングリー)は早々に帰宅。明日またここで会い、私の地図にオススメルートを書いてもらう約束をする。

次の週末に「コミュニティ オブ ファイヤー」結成8周年のパーティーと小さなフェスティバルが開催されるらしい。「だから週末までこの街にいろ」と言われたので、あと5日ほどこの街に滞在することにした。結局、トムスクには10日くらい滞在することになりそうだなぁ~。

20代に仲間と起業、会社を売却し、30代前半はバイクでユーラシア横断やバックパックを背負って世界一周をして過ごす。30代後半に再び、仲間と起業し、また売却してただいまプー。趣味はダイビングと古いバイク、BMW MINIなど。 インスタグラムはこちら。 https://www.instagram.com/hoorootermy/

10件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    タンポポの雪すごい。
    お天気雪のことですか?
    ググッても良く分からなかった。
    アナトリーさんのバイクはなんだろう。
    謎バイク多いですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    恐ろしい数のタンポポの種が飛んでるだけですよ。湿気た日は飛ばないんですが、天気がいい日はロシアのどこの街でも見られるみたいです。
    アナトリーのバイクは昔のHONDAマグナ。並列4気筒750ccでーす。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6e9665ab37ca1887a7e0179c5fac0dc0
    隊長によくしてもらっている楽太郎というものです。
    大変楽しみにブログの方拝見させていただいております。
    と言うのも、只今SRを1からいじくっている最中に、
    SRで世界1周に向かわれているということで、
    記事を読むだけでも、とてもエキサイティングです。
    道中、何かと大変かと思われますがお気をつけて頑張って日本に帰ってきて下さいww
    ちなみにSR乗りとして(まだ動きもしませんが)、私は残念な方ですね(笑

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マジデカ。
    本当にそのまんまタンポポの雪なのか・・・・メルヘン過ぎる。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >楽太郎さん
    隊長って…ライアンさんですか? KENNYさん? 隊長っぽい知り合いが多すぎてわかりません(笑)。
    いずれにせよ、ようこそ! SRはシベリア横断には向かないバイクですが、トラブルのおかげで他の人の何倍もロシアを楽しめている気がします。楽太郎さんのSRが仕上がったら、シベリアまでSRを破壊しに遊びにきてください。たぶん壊れます(笑)。
    >猫さん
    だからタンポポって書いてたでしょう(笑)。日本の人には信じられない現象なんでしょうか。

  6. SECRET: 1
    PASS: c433ac17295fdaa9d49df121acaee137
    今の時期ですと、シラカバの綿毛ではないかと。自分はハバロフスクで、路肩などに綿毛が沢山あったのを覚えています。(違っていたらスミマセン)

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    字足らずで申し訳ありません(^^ゞ
    TOSHI隊長です!!
    お帰りの際は、SRでお迎えに行けるように精進したいと思いますw

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    同じルートを旅した人からの話ではタンポポじゃなく、白樺の綿毛だよって教えてもらいました。
    タンポポっぽいからタンポポと書いてましたが、間違えてました…。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あー、TOSHIさんですか。
    ってことは神戸近郊に住んでるわけですね。
    帰国した兵庫突堤までナイトランしましょう~。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロシア人にちゃんと確認したところ、ポプラ(英語名COTTON WOOD)の種だそうです。白樺とポプラは親戚みたいな木らしいんですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする