脳みそがとろける道 -北部トランシルヴァニア- -the road of Transylvania ,Romania-

09073001
スチャヴァ滞在は2泊3日で済ませ(観光したのは1日、小さな街ですから)、先へ進みましょう。街を出てしばらくは国境を越えてからと同じ草原。この景色はもうお腹いっぱいなんだって。

09073002
はちきれそうなお腹の農夫とすれ違いました。うーん、ノスタルジック。ほんとに21世紀か、今は? 
09073003
道中に世界遺産がチラホラ。スチャヴァ近郊には世界遺産に登録された修道院が5つ、登録されていないのを含めるとたくさーんあります。
09073004
フレスコ画があるのはロシア、ウクライナや、スチャヴァの修道院と同じ。フレスコ画ももうお腹いっぱいなんだって! 世界遺産には1つだけ立ち寄って、後は無視しました。
09073005
ルーマニアに入ってから、家の色あいがカラフルになりました。赤やオレンジ、黄色など明るい色が多いですね。ロシアでは青が多かったような…ルーマニアはラテン系民族の国だから色づかいが鮮やかなのかな。ロードサイドの建物を見るのは新鮮です。
09073006
「あー、今日もいつも通りの草原の景色かぁ…」と思っていたところ、前方に山並み発見!
09073007
日本の夏山の景色と似ているぞ! この先、道が面白くなる予感がしてきました。
09073008
ワーオ!!! 国境を越えて100kmちょっと。ついに景色が変わり始めました。そうそう、こんな感じを期待してたのよ、ワタクシ。
09073009
余所見していたら牛を撥ねそうになりました。牛や馬の横断が多いので注意。あと、この辺りは道路工事で停止しなければいけないところも多いです。5分と待たされないので、ストレスが堪まることはなく、ノープロブレム。
09073010
パノラマロード! クリミアの海に続き、絶品の山道を走り、気分爽快! 最っ高に気持ちいいんですが、ハイな気分ではありません。脳みそがトロトロに溶けるような、まったりとした気持ち良さです。干したての布団に飛び込むような、日曜の朝に二度寝するような、女の子にひざ枕で耳そうじしてもらうような、そんな感じの気持ち良さを243倍した感じ(わかる?)。
脳みそがスッカラカンに、脳の皺がなくなりプリンみたいになっちゃいそうな快感を感じながら、延々と走ります。気温も絶妙だ。停まると少し暑いですが、走っていると暑さも寒さも感じず、解脱して温度感覚が消えたのかと思った…。少しお腹が減ってきましたが、こんなに気持ち良く走っている日はご飯を食べるのはご法度。絶対に眠くなるので、ギリギリまでご飯は我慢しよっと。
09073011
ロードサイドの名もない教会もいい感じ。地元の人が日常生活を送っているそばを通りすぎるのは大好きです。ツアーでは行くことはないでしょうから、これもバイクで旅する醍醐味の1つでしょうねー。
09073012
いくつもの小さな山を越え、いくつもの丘陵地帯を走ります。山とこんな丘が延々と200kmくらい続いたのかな? ボーっと走り、メーターを見ていなかったので距離がいまいちわかりません。
09073013
また教会! フレスコ画なんてなくても、十分に絵になるよなぁ。こんな日常の風景が大好き。
09073014
ほどよいワインディングも盛りだくさん。ココはどのバイクで走っても楽しいと思います。
09073015
スチャヴァからビストリッツァという街にかけてのこの区間、特別な見所は(たぶん)ありません。が、気持ちのいい道をボーっと走るのがたまらなく好きな人には天国だと思います。これまで走ってきた道の中でも上位に入るルートだな、ココ。
09073016
ビストリッツァを越えてからは首都ブカレストに通じる道に入り、コーナーは少しだけきつくなり、交通量も増えてきます。それでもいい道なんだけれどね。
09073017
どの街にも必ず古い教会がある、日本のお寺もそうなので考えてみれば当たり前か。が、ヨーロッパ圏が初めての私には田舎の町並みでも新鮮に映るんですよね。
09073018
あ、ルーマニアでも電柱の鳥の巣がありました。それもたくさん。もう写真を撮らなくてもいいかな、と思いましたが、2本連続で巣があったので適当に撮影。
で、今はルーマニア中部のシギショアラという街にいます。ドラキュラのモデルになった人が生まれた街です。この街と次に行くブラショフって街が楽しみなんだなぁ。それぞれ2泊する予定です。ここに来る最後の方は眠くて眠くて…なので街に着いて最初に見つけたホテルに宿泊しています。一泊5000円くらいとそれなりの値段ですが、WiFiは使えるしプールはあるし、クレジットカードで支払ったから手持ちの外貨は減らないので別にいいのだ!
※参考情報:ルーマニアのガソリン価格は日本と大体同じ。タバコは200円くらい。宿はユースホステルなどを探せば1500~2000円くらいでもありそう。EUに入ると物価が上がりますが、いろんなことのサービスレベルも良くなります。英語が通じる機会もグーンと増えました。田舎のガソリンスタンドの店員が英語を話せるのは驚きでした。

2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    見てるこちらも脳みそがとろけそうな景観です。
    今夜はニンニクぶら下げておやすみ~

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ドラキュラの生まれ故郷だから、さぞおどろおどろしい街かと思いきや、綺麗で明るい街でした(笑)。コウモリもいませんねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする